1. TOP
  2. まるで美容液!アンチエイジング効果抜群の美肌神オイル12選

まるで美容液!アンチエイジング効果抜群の美肌神オイル12選

インナービューティ スキンケア 美容オイル この記事は約 20 分で読めます。 25,382 Views

ここ数年、爆発的な人気のオイル美容。

興味はあるけどいまいちよく分からない、使ってみたいけどどの美容オイルが自分にあっているか分からない。

今回はそんなあなたのためにアンチエイジング効果がある美容オイルを集めてきました。

いきなり大量のオイルを使うのはやはり抵抗がある・・・。

安心してください、これからご紹介する美容オイルは1,2滴を普段のスキンケアにプラスするだけでも十分に効果がある神オイルだけをご紹介します。

アンチエイジングを目的とした美容液では、山田佳子さん、水谷雅子さんの2大美魔女をトリコにするホホバオイルを配合した、「オラクルの美容液、パワーモイスチャー」が人気です。

シワ、シミ、たるみにアプローチするエイジングケア専用ブレンドオイル「ITAL」はオイル美容初心者でも使いやすく、すぐに効果を実感できます。

ital1

40代の肌の悩みにアプローチ「ITAL」のレビューをみる

乾燥しらずのハリ感あるお肌を手に入れたいなら、美容オイル+セラミドを高濃度配合した「ピュアセラオイル」から始めてみては?

ピュアセラオイルのレビューをみる

このページの目次です♪

神!美容オイルはこんなことに効果があります。

  • 肌にハリがない
  • くすみ
  • 毛穴の黒ずみ、肌のザラザラ感
  • 乾燥してまとまりのないボサボサシてしまう髪
  • 抜け毛
  • 体のたるみ

どうして美容オイルは肌に良いのか

お肌の保湿は水分を補給するだけでは十分ではありません。

美容でつかうオイルには

  • 水分の保持を助けてくれる
  • 浸透性を高める
  • 肌のバランスを整える

という効果があります。

女性は、35歳をすぎたころから皮脂量が激減します。

洗顔料を使った洗顔で皮脂を落とした場合、35歳の肌の平均では皮脂が出てくるまでに3時間はかかると言われています。何もつけなければ3時間、肌は無防備なままさらされてしまいます。

皮脂の代わりにオイルを補うと、洗顔後で荒れた角質をふやかし、水分を吸収する準備が早く整います。

その後に化粧水をつけることで、皮膚も乾燥した肌を早く保湿しようと過剰な皮脂分泌をしなくて良くなり、肌の水分と皮脂のバランスが上手く取れるようになるんです。

皮膚にオイルをつけると、その後に水分を補給しても弾いてしまいそうなイメージですが、実際はその逆で、オイルを塗った皮膚に化粧水をつけると、オイルを塗らなかった時よりも浸透することが分かっています。

皮脂と水分量のバランスが整うと肌のキメが整い、ふっくらとして、毛穴も引き締まり、肌全体の透明感が増し、くすみ抜けします。

また、合成界面活性剤を含んでいないため、オイルをクレンジングに使用することで肌に全く負担(合成界面活性剤による負担)をかけず、しかも保湿効果を得ながらメイクオフできます。

この他にもマッサージに使ってむくみやしわに、料理に取り入れることで体の中からのアンチエイジング効果もあります。

早ければ2週間で効果を実感!美容オイルができること

8be09fc1007825a7962a5d6b5a70a719_s

体に良いオイルはたくさんあります。その中でも特にアンチエイジングに効果的なのは

・オイルはお肌の保湿を助けてくれる

毎年、空気は乾燥が進んでいると言われています。

肌の乾燥はしわの原因だけでなく皮膚のバリア機能も弱くなっているため、ダメージを受けやすくなっています。

そのままにしておくと肌が炎症を起こしてしまい、シミ、くすみ、ニキビ、角栓の原因になってしまいます。

オイルにはかなり高い保湿効果が認められています。

肌内部の水分を蒸発させないようにするので空気の乾燥が激しい日でもキメの整ったふっくらした肌を保つことができます。

化粧品だけで潤いが足りない場合、肌が荒れていて基礎化粧品での保湿が難しい場合でも美容オイルならしっかりと肌を保護してくれます。

保湿の方法

洗顔後、美容オイルを3,4滴ほど手にとってすこし温めてから肌になじませるようにします。

その後に化粧水をつけます。あとはクリームや美容液をつけるのも良いでしょう。

 

また、週1のスペシャルケアとしてオイルパックをするのも良いでしょう。

パックの方法

オイルを手で温めて顔をマッサージします。

蒸しタオルで毛穴を開いてオイルを浸透させながらタオルの上から軽くマッサージします。

パックが終わったら普段のスキンケアをします。

 

この方法は蒸しタオルを使うので眼精疲労にも良いですし、リラックス効果も高いです。

ホホバオイル等でニキビケアでオイルパックを行う場合、マッサージする時ニキビに直接触れないようにしましょう。

こすってしまうと悪化する場合があります。

オイルで肌荒れや肌トラブルのケアに

肌荒れやニキビなど肌トラブルが続いているのは肌の機能が壊れている、正常に機能していない状態です。

そんな時は修復作用のある美容オイルをこすらずに肌に乗せるようにすると効果的です。

オレイン酸が肌を荒らす

毛穴の大きな開きは皮膚にいる常在菌が皮脂を分解してできたオレイン酸などの不飽和脂肪酸が原因になっている可能性があることが分かってきました。

オレイン酸はスキンケアで使用するオイルには必ず含まれています。

ならば肌に使用しないほうが良いのでは?と思ってしまいます。

これからご紹介するオイルに含まれているのはオレイン酸とグリセロールという物質が結合して別の物質になっています。

なので、肌への刺激になっている可能性は非常に低いことが分かっています。

毛穴の汚れなど肌に悪影響を与える不純物を排出してくれる

オイルでのクレンジングは一般に発売されているクレンジング剤とちがい、合成界面活性剤が含まれていません。

お肌への負担が殆ど無く、ウォータープルーフのマスカラでも落とせます。

しかもマッサージオイルとしても使うことができるので毛穴の黒ずみの原因になっている汚れや「酸化した皮脂」などもマッサージしながら落とすことができます。

さらにオイルの成分が肌に良い影響を与えてくれるのでメイクオフや汚れを落としながらアンチエイジングにもなります。

オイルでのメイク落としの方法

たっぷり目(大さじ1くらい)のオイルを手に取り、顔をこすらないようにかメイクになじませていきます。

ティッシュで押し当てるようにしてオイルを吸いとっていきます。

蒸しタオルを30秒乗せた後、軽く拭き取ります。(オリーブオイルなど使用感がどっしりとした感じのオイルは蒸しタオルと相性が良いです。)

オイルが気になるようなら洗浄力の優しい洗顔料で洗顔をします。

オイルが気にならない場合はできるだけ肌に負担をかけたくないのでそのまま湯船につかって蒸気でオイルと毛穴汚れを浮かせて軽くすすぐという方法もあります。

補足

同じオイルでもクレンジングオイルでのマッサージは合成界面活性剤が入っているため、お肌にかなりの負担を与えてしまいます。

クレンジング製品を使用する場合は肌をこすらないようにクレンジングを多めに使用して30秒以内にメイクを落とすようにしましょう。

美容オイルを料理に使用したり、飲むことによって体の中から肌に良い影響を与えてくれる

af770a6feb86247fc18e81f5f2ed7607_s

美容オイルの中にはオリーブオイルのように料理に使えるようなものもあります。

そういったオイルは整腸作用などがあり便秘など体の栄養素の一つとして美肌を作る助けをしてくれます。

普段つかっているオイルを変えてみたり、上質なオイルをスムージーを作る時に入れるのも効果的です。

美容オイルで紫外線をカットしてシミ、シワを予防

オイルの中にはメラニンの元となる活性酸素の除去をしてくれるシミ予防効果があったり、紫外線予防をしてくれるものもあります。

シミやしわの原因のひとつでもある光老化を防いでくれるので紫外線のきつい春先から夏にかけてはもちろん、秋や冬でもしっかりとガードします。

オイルをヘアケアに利用

皮脂不足でパサパサになった髪に塗ることで指通りを良くしたりオイルで頭皮マッサージすることによって血行促進をし抜け毛予防や白髪対策、頭皮に足りない皮脂を補うことができます。

頭皮マッサージパックの方法

オイル使って頭皮マッサージをしたら髪を洗わずにタオルを巻いて半身浴や軽く湯船に浸かります。

そのまま顔や体を洗って髪は洗わずにタオルでまとめたまま寝ます。

翌朝シャンプーをして髪と頭皮を洗います。

ボディケアでのオイルの保湿と使い方

オイルを使ってマッサージをすることによって太もものセルライトケアや二の腕、ヒップアップ、くびれ等、体のたるんでいる部分を引き締めたり、修復機能で妊娠線予防をしたりできます。

 

それではアンチエイジングに効果のある神オイルをご紹介します。

1,「オリーブオイル」で洗顔、クレンジング

olib1

オリーブオイルは、保湿性がかなり高く乾燥肌の改善に向いています。炎症やかゆみを抑える効果あり、頭皮マッサージにも使えます。オレイン酸とビタミンEを含んでいるので酸化しにくいので初心者でも扱いやすいオイルです。他には植物性スクワランやビタミンA、リノール酸、オレウロペインなどエイジング効果の高い成分が入っています。

オリーブオイルの使い心地はどっしりとした印象です。使い心地に軽さを出したい場合は、オリーブオイルに他のオイルを少し足すなどすると解消されます。

オリーブオイルを肌に塗った後にベタつきを感じる時は、蒸しタオルをするとベタツキ感が軽減され、肌への馴染みが良くなります。

また、オリーブオイルを料理に使うことで整腸作用を得られ、便秘の防止もできます。

ここで紹介しきれないオリーブオイルの効果は「便秘も解消!10歳若返るオリーブオイルの美容と健康の効果」で詳しく説明していますので興味のある方はご覧になってください。

オリーブオイルを肌に使うときの使い方

  • 洗顔(クレンジング含む)
  • パック(シートに含ませて)
  • マッサージ
  • ヘアケア(トリートメントとして)

オリーブオイルの特有の効果

  • 整腸作用
  • 紫外線予防

オリーブオイルでオイル美容を始めてみたけど、どうしてもオイルのベタつきを感じる、オイルをうまく扱えないと感じたら。

椿油、オリーブオイル、柚子種子油、米ぬか油のブレンドオイル配合の「美容液オイルcoyori」は、オイル特有のベタつきがほとんどなく、オイル美容初心者でも簡単に使えます。

coyori1

小じわやたるみを改善して、肌にハリがでます。早い人は3日で効果を感じることができます。

美容液オイル「coyori」の体験レポートを見る

2,「アルガンオイル」は髪のケアに大活躍

argan1

アルガンオイルは、モロッコのサハラ砂漠でしか生息しないアルガンツリーから抽出したオイルで、肌の修復機能があるとして火傷やニキビの治療焼くとして使われていた歴史のある貴重なオイルです。

アルガンオイルの使い心地は、さらっとした使用感が心地よく、ベタつきは感じません。

アンチエイジングに欠かせない

・肌の老化を防ぐ、カロテンやビタミンE

・肌の柔らかさを保つサポニン

・潤いを保護するのに必要な必須脂肪酸

を含んでいます。

アルガンオイルの効果的な使い方は「乾燥肌の救世主!神すぎる効能を持つアルガンオイルの使い方」で詳しくご紹介しています。

アルガンオイル

アルガンオイル、スキンケアでの使い方

  • 湯船に数滴入れて保湿ケア
  • 頭皮マッサージ
  • 妊娠線予防
  • ニキビ

アルガンオイルの特有の効果

  • 活性酸素(メラニンの形成を促進する物質)の除去

3,アトピーのケア、頭皮クレンジングに「ホホバオイル」

jojoba1

ホホバオイルは、クレンジングからマッサージまで幅広い使い方のできるオイルです。無色透明でさらっとしてベタつきません。

ホホバオイルには、アンチエイジングには外せないビタミンEが含まれていて、オリーブオイル同様、酸化しにくいので初心者でも扱いやすいオイルです。

ホホバオイルは、人間が出す皮脂の主成分となる「ワックスエステル」を含んでいるので、アレルギーを起こす確率が非常に低いと言われています。アトピーや慢性湿疹のケアにも使えるほど刺激が少なく、高い保湿効果を得ることができます。

乾燥した肌は水分だけでなく、皮脂も不足している場合もあります。皮脂と似た成分のオイルでの保湿は安心感がありますね。

ホホバオイルのさらに詳しい使い方は「アトピーや大人ニキビも改善!?超万能ホホバオイルの使い方」で紹介しています。

ホホバオイルのスキンケア効果

  • クレンジング
  • 頭皮ケア
  • マッサージ
  • トリートメント
  • 紫外線予防
  • 妊娠線予防
  • アトピー対策

オラクル化粧品の美容液は、ホホバオイルが配合されていて、即効性が高く使い始めて3日ほどで肌のハリが戻り、元気になります。

オラクル化粧品の体験レポートを見る

4、料理にも使える「ココナッツオイル」は注目のアンチエイジングオイル

coco1

ココナッツオイルは、ここ数年で食事に取り入れることよって、認知症の改善が見られるという研究結果がでてかなり注目されています。他にも便秘解消、代謝をあげる、コレステロールの低下、インスリンの分泌を改善し、糖尿病を予防する効果、体の酸化を防ぐなどたくさんの効果あります。

スーパーモデルのミランダ・カーさんが、ココナッツオイルを1日大さじ4杯も食事に使うほど愛用しているということでも有名です。

ココナッツオイルは体に蓄積されないオイルです。オイルに含まれている「中鎖脂肪酸」を摂ることによって、付いてしまった他の脂肪も一緒に燃焼しやすくしてくるので料理に使うことでダイエットにも効果が高いと言われています。

ココナッツオイルを食事に取り入れて、75%の人が冷え性の改善ができたというデータも。

ココナッツオイル含まれているラウリン酸は、母乳に含まれている成分で免疫力を高める効果もあり、アンチエイジングオイルとしてかなり活躍してくれます。

もちろん、料理に取り入れるだけでなく、スキンケアに使用することで、クレンジング、妊娠線予防、ヘアケアなど美容オイルとしても大活躍してくれます。

さらに詳しい情報は「医者も驚くすごい効能!ココナッツオイルで簡単ダイエット」でご紹介しています。

「ココナッツオイル」スキンケアのおすすめの使い方

  • クレンジング
  • 妊娠線予防
  • トリートメント
  • 便秘解消
  • 代謝を上げる

5、「ハッカ油」で汗をストップ!

hakka1

ハッカ油は、たった1滴で効果を発揮する使うとひんやりとした感覚があるオイルです。

ミネラルウォーターにハッカ油を1滴たらして、スプレーにするだけで制汗剤になったり、うがいをすることで口臭予防にもなるという他のオイルとは少しちがった使い方ができます。

夏に使う印象のあるオイルですが肩こりや筋肉疲労の他、その爽快感を活かして眠気覚ましや集中力アップにも活躍してくれます。他には虫除けなど日常生活でも役に立つオイルです。

ハッカ油の使い方

  • 頭皮マッサージ
  • 口臭予防

「ハッカ油」特有の効果

  • 足のムレや臭いを防いでくれる
  • 肩こり、筋肉疲労
  • 眠気覚まし
  • 集中力アップ
  • 食欲アップ

6、「椿油」で頭皮クレンジング、スキンケア

tubaki1

椿油は、日本では古くから親しまれているオイルです。椿油も酸化しにくいオイルなので、初心者でも比較的簡単に扱うことができるでしょう。

椿油は、ヘアケアに使う印象がありますが、皮脂に近いオレイン酸が含まれているので、乾燥しているお肌のケアにも活躍してくれます。

肌になじみやすい椿油は、固くなった肌を柔らかくする作用があり、肌の保水力を保つために必要なセラミドの手助けをしてくれることが分かっています。また、毛穴に詰まった角栓の原因となる「酸化した皮脂」やホコリ、老廃物などを溶かしてくれるのでマッサージによる角栓ケアに最適です。

椿油には、紫外線予防効果もあるので、スキンケアにつかうとシミ予防にもなります。洗髪したあとトリートメント代わりに使うのもよし、酸化に強いのでドライヤーの熱から髪を守るためにドライヤー前に髪の馴染ませるのもオススメです。ヘアケアに使うことで静電気対策にもなります。

椿油のスキンケア効果

  • しわ予防
  • ヘアケア
  • クレンジング
  • オイルパック
  • マッサージオイル

椿油、特有の効果

  • 紫外線防止効果

7、口コミで密かに注目を集めている「マルラオイル」の効果

maru

マルラオイルは、南アフリカに生育し、現地では神の木とも呼ばれているマルラの木の実からとれるオイルで、アフリカでは昔から万能オイルとして医学にも使用されるほど、その効果を認められています。

マルラオイルに含まれているビタミンCはオレンジの4倍、抗酸化作用はオリーブオイルの10倍とも言われ、パック並の保湿効果を発揮します。また、マッサージオイルに使うことで、ほうれい線やしわ、フェイスラインのたるみを改善してくれるでしょう。

マルラオイルは、シードオイルの中でも一番、活性酸素を抑制する力があると言われ、皮膚にある活性酸素に積極的に働きかけ、お肌の酸化を防いでくれます。ほかには、抗ヒスタミン作用もあるのでアトピーやニキビなどの肌トラブル、敏感肌の場合でも安心して使用できます。

マルラオイルのスキンケア効果

  • マッサージ
  • 頭皮マッサージ

マルラオイル、特有の効果

  • パック並の保湿力
  • たるみ解消
  • 抗ヒスタミン作用

8、シミやニキビに大活躍、「馬油」

bayu

馬油は、馬の腹部やたてがみの皮下脂肪から採ったオイルで、不飽和脂肪酸を含んでいて人の皮脂に最も近い成分を持っています。そのため、お肌への浸透性が高く、化粧水や美容液などの導入剤として使われることもあります。

馬油は、かなり伸びがよいオイルで「耳かき1杯分」で顔全体がいけるほどです。浸透性、伸びが良いのでお肌を外部からの刺激から守り、さらにお肌の酸化を防ぐことができます。低刺激で殺菌効果、抗炎症作用があるのでニキビや肌荒れ、火傷の傷や擦り傷などの後にも効果があると言われています。

馬油をスキンケアに使うときのポイントは、肌に水分が残っているうちに馬油を塗って化粧水などをつけるようにすると浸透しやすくなります。つけすぎた時はティッシュで軽く押さえるようにして拭き取りましょう。

馬油、スキンケアでの使い方

  • くすみ
  • 浸透性を生かして導入剤として
  • パック
  • ニキビ
  • シミ
  • 小じわ
  • 化粧下地

馬油特有の効果

  • 血行促進
  • 炎症を抑え、殺菌作用
  • 花粉症
  • 育毛効果

9、「スクワラン」はクレンジングやニキビ跡のケアに

sukuwa1

スクワランオイルは、化粧品の原料として良く使われる、深海鮫のアイ鮫や植物から抽出される「スクワレン」に水素を添加して安定させたオイルです。添加物、化学物質などは含まれていません。酸化、変質がしにくいので初心者でも扱いやすく、クレンジングからヘアケア、マッサージと幅広く活躍してくれます。

スクワランオイルは、アレルギーが起こる確率が極めて低く、敏感肌やニキビ肌などの肌トラブルがある場合に、化粧水や美容液の代わりとして安心して使用できます。驚くほど伸びが良いので2,3滴で肌の保湿をしてくれます。

スクワランオイルの使い心地はさらっとしていて、肌への浸透が良くスクワランを保湿につかうと艶のあるもちもちした肌になります。肘やかかと等、硬くなった皮膚を柔らかくしてくれるので、オイルに慣れない人は角質ケアから試してみるのもオススメです。

スクワランオイル、スキンケアの効果

  • 髪のパサつき防止
  • パック
  • リップケア
  • 日焼け後のケア
  • ベビーマッサージやボディマッサージ
  • 妊娠線のケア
  • クレンジング

 

10、肌や髪をウルウルにする「マカダミアナッツオイル」

makada1

マカダミアナッツオイルは、バルミトレイン酸やオレイン酸など、不飽和脂肪酸をたくさん含んでいで人間の皮脂の成分にすごく似ているお肌に優しいオイルです。他のオイルに比べて少し粘り気がありますが、浸透性がかなり高めで酸化しにくいのが特徴です。乾燥したお肌にすっと浸透して肌のキメを整えて柔らかくふっくらとしたお肌にしてくれます。

アンチエイジング効果が高く、皮脂が激減する30代の乾燥肌や高齢者のお肌(老化肌)のケアにマカダミアナッツオイルは最適です。

マカダミアナッツオイルは、一緒に使用した化粧品の浸透を助けてくれる、ヴィーグル効果を持っているので洗顔後、化粧水や美容液を付ける前に使用するのがオススメです。刺激が少ないので全身に使え、皮膚炎の改善にも効果を発揮すると言われています。.

ナッツ類にアレルギーがある場合は使用しないようにしてください。

マカダミアナッツオイルのスキンケア効果

  • 乾燥肌対策
  • 皮脂が不足している時
  • トリートメント

11、シミ、シワ、ニキビに効果的「ローズヒップオイル」

rose

ローズヒップオイルは、お肌のターンオーバーを早めると言われていて、たるみ、シミ、しわ、乾燥によるかさつき、毛穴の開きなどを減少させる効果のあるアンチエイジングオイルです。香りはややきつく、酸化に弱いので単体での使用よりもオリーブオイルやホホバオイルと混ぜて使う方が扱いやすいでしょう。

ローズヒップオイルは、ストレスを受けた肌に弾力と抵抗力を取り戻してくれます。夏の紫外線や長時間のメイクなど、肌の疲れが溜まっている場合にはさらに効果を実感できるでしょう。また、肌に近いPh値なのでどんな肌質の人も安心して使用できます。

ローズヒップオイル、スキンケア効果

  • シミ、しわなどの肌トラブルに

12、妊娠線予防やニキビ跡に「バイオイル」

baioi1

バイオイルは傷跡、妊娠線や肉割れ跡や予防、にきび跡などに効果があると話題のオイルです。保湿力が高く、よく浸透してくれるのでお肌を柔らかくして新陳代謝がよくなり傷跡や黒ずんだ肌を解消すると言われています。

バイオイルは、日本で販売されているものと平行輸入品で名前が違います。正規代理店が販売している物は「バイオイル」並行輸入品は「バイオオイル」となっています。(画像左がバイオイル、画像右が並行輸入品のバイオオイル)成分にも違いがあり、どちらが合うかは人によって違うようです。

通販で購入する場合、並行輸入品の「バイオオイル」を「バイオイル」として販売している場合があります。正規代理店が販売しているバイオイルを購入したい場合は、事前に問い合わせをするほうが確実です。

ネットのバイオイルの口コミでは

  • ニキビ痕が薄くなった
  • 頬の凸凹がキレイになってきた
  • 敏感肌でがさついていた肌がすっとりすべすべになった
  • 毛穴が引き締まり、化粧ノリがよくなった

などがあります。

さらに詳しい情報は「超優秀!ニキビ跡を消す、妊娠線予防できるバイオイルの効果」で紹介しています。

バイオイルのスキンケア効果

  • 傷跡や黒ずみの解消

亜麻仁油の様々な効能と摂取方法

亜麻仁油は様々な効能がある油になり、亜麻の種子から作られています。

そして亜麻仁油には様々な効能があり、これは人間に必要な脂肪酸の一種だからです。

しかも油でありながら色々な成分を豊富に含んでいて、その中に食物繊維やたんぱく質などがあります。

この油は人間に必要な脂肪酸になり、他の食材にも含まれていますが含有量が少ないです。

そのため含有量が豊富な亜麻仁油を摂ることが効果的になります。

まず亜麻仁油の効能として、アトピーの改善や予防をする働きがあります。

これは肌荒れにも効果があり、不足すると肌荒れを起こしたり、アトピーを引き起こす原因になります。

次に亜麻仁油は花粉症やアレルギーの改善や予防をする働きがあり、これは炎症を引き起こす成分の働きを抑えることができるからです。

また亜麻仁油の抗炎症作用やアレルギーを抑える働きは、喘息の症状を抑える働きがあります。

そして最後に亜麻仁油にはうつ病や糖尿病などの病気にも効能があり、これは精神の安定や血糖値の上昇を抑える働きがあるからです。

その他にもアンチエイジングやダイエットなど様々な効能があり、これは活性酸素と闘う抗酸化作用が大きいからです。

そのため老化防止をしたり、肌の新陳代謝を促す働きがあります。

このように様々な効能がありますが、この油は過熱に弱いという性質があります。

そのため炒め物などには向かない油になるため、効果的な摂取にはサラダにかけたり、飲み物に入れる方法があります。

さらにサプリで摂る方法もあり、サプリであれば酸化も防ぐことができます。

亜麻仁油には様々な効能があり、病気を改善したり予防することができる油になります。

グレープシードオイルの特徴や効能

グレープシードオイルは、健康的で使い勝手の良い食用油として人気があります。

グレープシードオイルの原料はブドウです。ベタベタせずにサラサラとした油で、焦げにくく油がはねにくいのでとても使いやすく、無味無臭なので様々な料理に幅広く使うことができます。

油ぎれも良いので食器洗いの際もとても楽に落とせるという利点もあります。

調理の際にもキッチンや部屋の中が油のにおいで充満することもありません。

グレープシードオイルには、オレイン酸、リノール酸、ポリフェノール、ビタミンEが豊富に含まれています。オレイン酸は、血中コレステロールを減少させる働きがあります。ガンを抑制したり胃腸の働きを良くする効果もあります。

アンチエイジングや美肌効果も期待できます。リノール酸にもコレステロールを減少させる効果があり、動脈硬化などの生活習慣病の予防に適しています。ポリフェノールは植物の種や樹皮などに含まれる成分で、抗酸化力が強く活性酸素を除去してくれる働きがあります。

老化を抑制して若々しい体をつくることができます。ビタミンEは脂溶性のビタミンで、抗酸化作用、コレステロール値の低下、血管を健康に保つ、肌荒れの予防と改善などの効果があります。

このように、グレープシードオイルには健康や美容に役立つ様々な効能があります。スキンケアとしても優れた効果を発揮するので顔や髪など全身のトリートメントとしても使うことができる万能オイルなのです。

まとめ

いかがでしたか?意外と良く名前を聞くオイルもあったと思います。

そんなオイルを正しく選んで正しく使うことでアンチエイジング効果あるというのは嬉しいですね。

琉白化粧品の月桃入り美容オイルの人気も高くこれからもオイル美容はますます注目されそうです。

オイルを変えるだけでアンチエイジング。簡単にできるところから始めてみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

30代、40代基礎化粧品人気ランキング&おすすめスキンケアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代、40代基礎化粧品人気ランキング&おすすめスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • その毛穴見られてる!毛穴の開き、黒ずみ解消美肌レシピ15選

  • 40代の美白にアンプルール、ラグジュアリーホワイト化粧水入りセットの口コミ

  • 体の疲れがとれない原因と1日1分で始められる簡単!疲労回復術

  • 月桃のオーガニックコスメ琉白化粧品、化粧水入りトライアルの口コミ

  • 30代の無添加化粧品、あきゅらいず、秀くりーむ、泡石入りお試しセットの口コミ

  • 肌の乾燥にココナッツオイルの洗顔石鹸、VCOマイルドソープの口コミ