1. TOP
  2. 40代おすすめ化粧水の人気ランキングと化粧水の選び方と口コミ「まとめ」

40代おすすめ化粧水の人気ランキングと化粧水の選び方と口コミ「まとめ」

基礎化粧品の紹介 好きなコスメ体験談 この記事は約 21 分で読めます。 922 Views

40代になると、たるみ、シワ、しみが気になりだす方が多いようです。たるみ、シワは肌の乾燥が主な原因です。

コラーゲンもピーク時の半分くらいになっているので、コラーゲンの作成を助けるエイジングケアを得意とした化粧水をランキングで紹介します。

アテニア ドレスリフト

とろみのあるドレスリフトの化粧水は、肌の乾燥からくる顔のたるみの解消やハリ感を取り戻すのを手伝ってくれます。

化粧水だけでもその違いは実感できますが、美容成分60%配合の洗顔石鹸や仕上げのクリームも同時に使うことでより早く肌の乾燥の改善が実感できます。

アテニア ドレスリフトのレビュー見る

rank11

P1000652

オラクル化粧品

30代に人気のある自然派化粧品ですが、40代の美魔女やモデルさんなども愛用者も多いです。

単体でも化粧水の役割を果たすと言われている「ローズ水」をベースにヒアルロン酸も入っていて保湿効果もあります。

肌を引き締め、キメが戻ってきます。

rank33

nast2

アスタリフト

アスタリフトの化粧水は、化粧水をつける前のジェリー美容液を一緒につかってケアすることで肌にコラーゲンとアスタキサンチンを届けます。

エイジングケアに特化しているからこそ、40代の強い味方です。

rank4

P1000633

ライスフォース

肌のハリを取り戻すために必要な「セラミド」をあなたの肌が作りだすのを助けてくれる「ライスパワーエキスNo.11」を配合。

肌の乾燥やしわが気になる方はしっかりとした保湿ケアができます。

rank5

hifu1

ヒフミド

ランキング6位 オリファ

小林製薬が販売している「セラミド」に着目した基礎化粧品です。

とろみのある化粧水で、肌に水分補給とセラミドを直接、届けます。

orifa1

オリファ

抗しわ成分を40%配合しているオリファ。美容液と紹介されることが多いですが位置づけしては、「プレ化粧水」になります。

いつものスキンケアにオリファをプラスするだけで、たるみやシワにアプローチできます。

40代、化粧水の選び方と口コミ「まとめ」

周りのみんなはどんな感じで化粧水を選んでいるのか気になりませんか?

ここでは、10人の40代女性にどのように化粧水を選んでいるのか?を聞いてみました。

美白効果もあるのでうれしいです。「アロヴィヴィ」のハトムギ化粧水、40代混合肌の口コミ

最近肌の衰えを感じるようになり、特にシミやそばかすが気になってきました。

もともと肌質は混合肌なのでめもとや口元は乾燥してもTゾーンは皮脂が気になるタイプなので、保湿を重視するとTゾーンのテカリが気になったりするので、どのような化粧水を使ったらよいかが悩みの種でした。

肌も敏感肌まではいかなくても、香料のきついものが入っているとかぶれたり、赤くなったりするトラブルもあったので、基礎化粧品は無香料、無着色ものを使うのがこだわりとしてあるので、選ぶ時もきちんと確認してから購入するようにしています。

今までもいろいろな化粧水を使ってきましたが、このような悩みを解決してくれる商品には出会いませんでした。

そんな時に友人から紹介されたのが、「アロヴィヴィ」から発売している「ハトムギ化粧水」でした。ハトムギは乾燥や肌荒れを防ぐ効果があるということで友人のおすすめだったので、試しに一度使ってみようかと思いドラッグストアに行きました。

「アロヴィヴィ」のハトムギ化粧水はヒアルロン酸も配合されているので、肌の衰えを感じている自分にも効果があるかなと思いました。内容量も500mlで価格も1000円くらいだったので、コストパフォーマンスもとても良いと思いすぐに購入しました。

早速お風呂上がりのお手入れから使ってみたところ、感触はとてもサッパリとしているのですが、ヒアルロン酸が配合されているからか肌はしっとりとした感じになりました。

コットンを使ったパッティングにも使いやすいので、朝・夜のお手入れと週に1度はコットンパックをするようにしてみました。

コストパフォーマンスが良いので、ケチケチ使わなくてもたっぷりと使えるところがうれしい点だと思います。

そのようなお手入れを1か月ほどしていると、肌がしっとり、モチモチになってきてキメも整い透明感も出てきました。目元口元の乾燥は良くなったし、Tゾーンのテカリもあまり気にならなくなってきました。

何より驚いたのが、美白効果があったことです。夏の紫外線によってしみやソバカスが気になっていた部分(特に頬)の肌がとても白くなってしみやソバカスが薄くなったのには驚きました。

調べてみるとハトムギには美白効果がある成分が含まれているらしいので、それで肌が白くなったのかと納得しました。

この化粧水は年間を通して使える点も気に入っているので、使い始めてからもう2年近くなります。

年齢問わず使える化粧水「エリクシールホワイトニングローション」エイジングが気になる46歳の場合

46歳、女性会社員、夫と息子1人の3人家族です。

主婦業子育てと仕事を両立させるのに、毎日あわただしく過ごしています。

今、一番お気に入りの化粧水は、エリクシールホワイトニングローションです。

エリクシールシュペリエルのローションと合わせて使っています。

5年程前からこのエリクシールシリーズを使い始めました。

結婚前は、特に肌質に悩みもなく、化粧水にこだわりがなかったです。

様々な化粧水を使って来ましたが、若いうちはどのような化粧水でもほとんど違いが感じられませんでした。

ただ、30代後半から、肌のきめの荒さが気になりはじめ、乾燥もひどくなりました。

それから、エイジングケア用の化粧水を探し始めました。

1本化粧水を買って、半年位使って、また別の化粧水にして、という繰り返しがしばらくの間続きました。

色々なメーカーから出ている、ミニボトルの基礎化粧品試用セットも購入しましたが、なんとなくべたつきが気になったり、肌の黒ずみが残ったりして自分に合う物が見つかりませんでした。

高価な化粧水を購入したりしましたが、肌の調子が整う化粧水が見つからないとあきらめかけた頃に、エリクシールと出会いました。

エリクシールのシリーズは、年齢を問わず、女性の肌質に合うように研究して作られていると思います。

最初は今のエリクシールシュペリエルシリーズのローションを使っていました。

こちらがまず非常に肌にしっとりとなじんだので、使い続けました。

夏場に、紫外線によるシミの跡が気になりはじめ、エリクシールのホワイトニングローションを追加で使い始めました。

1週間ほどで、心なしか肌のくすみ感がなくなり、色白になった気がしたので、その瞬間にエリクシールホワイトニングローションがお気に入り化粧水ナンバーワンになりました。

現在は、メイクによる肌の疲れやくすみ感、シミそばかすが残りにくいホワイトニングローションをメインに使っています。

冬場は、朝はホワイトニングローション、就寝前にシュペリエルのローションという風に、交互に使っています。夏はホワイトニングローションのみを朝晩つけています。

化粧水を選ぶ際のこだわりは、売り上げが多い商品である事を考えます。

使っている人が多いという事は、その分、販売元に使用者からの意見が集まっている訳です。

商品が売れ続けているという事は、否定的な意見が少なく、リピーターが多いから売れ続けている訳です。

ですので、自分は迷った時には、売れている化粧水を選ぶようにしています。

特に、自分の肌は、年相応の乾燥肌、しわやシミの残りがあります。

ですので、エイジングケアという事を考えている化粧水が自分に合うようです。

現時点での肌の悩みは、疲れがたまると顔の肌が荒れやすく、老けて見える事です。

睡眠を十分取るようにし、なるべく早めに肌ケアを心がけています。

とろみのある化粧水「pour moi」乾燥肌、42歳の感想

元々乾燥肌の私ですが、年齢と共に肌の衰えを感じるようになりました。

肌のハリがなく、目の下にはクマ、そして全体的にくすんで見えます。

鏡でよく見ると、目尻、口元を中心に小じわが増えてきました。

お風呂上がりにすぐに化粧水をつけないとぱっつんぱっつんにつっぱってしまい、目の周りや口元はかさかさなのに、なかなか浸透してくれません。

そして当然ながら化粧水だけでは潤ってくれず、乳液やクリームをつけ忘れると、何もつけていないのと同じような仕上がりになってしまいます。

現在42歳。

ドラッグストアのリーズナブルな化粧水も大好きでよく購入しますが、ごくごくたまにですが、肌トラブルを起こして皮膚科へいかなければならないこともあり、あまり安いものだと良くないのかなと考えさせられることもあります。

今まで使ってきた中で一番苦手だと思ったのは、アルコール系の化粧水。

拭き取り化粧水としてはさっぱりするのかもしれませんが、アルコールのにおいとすーっと肌の上で乾燥していく感じがどうしてもなじめません。

どちらかというとしっとり系の化粧水が好きなので、水のようにさらっとしたものよりは少しとろみのある方が好きなのだと思います。

そんな私が現在使っているのは、日本盛株式会社さんのpour moi(プモア)ミルキーローションです。

独自成分W美活成分として日本酒酵母エキスと乳酸桿菌培養液が配合されていて、他にも浸透型保湿成分としてコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸が配合されています。

はじめはサンプルで頂いたものを使い始めてのですが、かなりとろみのある化粧水なのにとても伸びが良く、肌に優しいつけ心地でした。

お風呂上がりにすぐつけないと、完全に乾燥してしまった肌にはなかなか浸透しないという感じはしますが、手のひらに広げて顔に手をはりつけて温めていると、じわりと浸透していくように思います。

初めて使った時は、低刺激で、とろみがあるだけの化粧水かなと思いました。

でも使い続けていくうちに、肌がすべすべ、ぷにぷにになってきたかもと感じるようになったのです。

その違いを一番感じたのはリキッドファンデーションを塗った時で、小鼻のところもすべすべしていてとても塗りやすく、ファンデーションの伸びも良く感じたのでした。

1回分がパールの粒位で良いという点も、コストパフォーマンスが良くて気に入っています。

使い始めてまだ3ヶ月ほどですが、現在2本目に突入し、これからも使い続けていきたいと思っています。

「マシュファム」のディープモイストローションは美容液のような化粧水です!42歳、乾燥肌

私は、北海道在住の42歳の主婦です。冬の北海道は、空気が乾燥していて肌が乾燥しやすいんです。

それに、北海道の一般家庭は、室内を灯油ストーブを使って部屋を暖めるため、余計に肌が乾燥しやすいんです。そのうえ、加齢による肌のコラーゲン量の減少などによって、肌がインナードライ状態になりやすくて困ってしまいます。

そんな私の肌の悩みを解決してくれるお気に入りの化粧水は、Mushferm(マシュファム)のディープモイストローションです。

この化粧水は、世界発のキノコの菌で発酵させたお米から作ったマシュファムSRという保湿原料が配合されている高保湿化粧水です。

京都産のお米をスエヒロタケというキノコで発酵させると、たくさんのアミノ酸と糖類が作られて、結合水という蒸発しにくい水に変化します。

この結合水が角質層の奥まで素早く浸透して、長時間潤いをキープしてくれるんです。

それに、発酵したお米にはビタミン・アミノ酸・ペプチド・糖類・有機酸などがたっぷり含まれているから、化粧水なのに美容液のような贅沢な使い心地が気持ちいいんです。他にも、ヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカン、西洋オトギリソウ、カミツレエキスなど美肌効果の高い成分がたっぷり配合されています。

使い始めて1年くらい経ちますが、ハリとツヤのある肌はと改善することができました。それに、乾燥する秋冬に、肌が乾燥してカサカサすることがなくなりました。以前は、口の周りに粉が吹いたようになって恥ずかしかったんですが、この化粧水に変えてからは、粉吹きが治まりました。

初めて手に取った時は、キノコのニオイがしたらどうしようかと思いましたが、気になるようなニオイは一切しませんでした。

むしろ、ふわっと優しいお花の香がします。テクスチャーは、オールインワンジェルを水で薄めたような感じに近いです。とろーっとしているのに、肌に付けるとスーッと伸びて、あっという間に肌に馴染んでいくんです。

この化粧水を付けた後に、保湿クリームを塗ると肌の水分がしっかりと閉じ込めることができるので、冬に目立ちやすい目じりのシワもじわじわと薄くなってきますよ。

マシュファムは、まだ化粧水しか販売されていないのですが、美容液クリームを開発しているようなので、早く発売されないかなと、楽しみにしています。

肌に付けるものは、できるだけ自然由来の成分が使われているものを選びたいですね。特に、国内で製造されている化粧品の方が、安心して使用することができると思います。

40歳、アトピー性皮膚炎の口コミ「ヘチマスキンローション、私の部屋」を愛用してシンプルケアで強い肌へ

40歳の主婦です。長年アトピー性皮膚炎と付き合っており、顔に髪の毛1本かかるだけでかゆくなるほどの敏感肌です。いつも口や目の周りの乾燥が気になっていました。

化粧品選びは難しく、何を使ってもピリピリ、チクチクし、ひどいときは赤い発疹までできるくらい、なかなかよいものに出会えない日々でした。

それでも、高い保湿成分を配合しているもの、美容成分を豊富に含んだものなど、アトピー肌や敏感肌によいと謳っている様々な化粧水を試してきました。そんな中、やっと、私の肌にしっくりくる化粧水を見つけました。 


それは、ヘチマスキンローション『私の部屋』です。

ヘチマスキンローションは、富山県射水市へちまの里で無農薬栽培されたヘチマの茎からしたたる水分を、水や添加物を一切加えることなく雑菌ろ過した100%無添加・弱酸性の化粧水。日焼けなどによいとされているプロトパナキサトリオール(サポニンの一種)が主成分で、他に、肌のうるおいとなめらかさを保つペクチン、多糖類、アミノ酸などが含まれています。

パッケージの全成分を見ても「へちま水」と表記されているだけ。本当にへちま水100%でその他成分一切無添加で、グリセリン・精製水も含まないとは、すごくシンプル。 こんなシンプルな化粧水は今まで出会ったことはなく、新鮮に思ったのがきっかけで使用してみました。 反面、本当にこれだけで大丈夫?と、今まで、いかに乾燥を防ぐかを重視して顔をベタベタに塗りたくってきた私にとって少し不安でした。 やはり、さっぱり化粧水で、最初は物足りなく感じました。

そこは、馬油やワセリンでたっぷり油分を補いながら使用を続けてみました。すると、だんだん肌が慣れてきて、あまり油分を足さなくてもしっとり潤うように。バシャバシャ使って、さっぱりベタベタしない使用感が病みつきになります。
結果、肌質が向上して、肌本来の力を取り戻せたような気がします。

「へちま水」は江戸時代から「美人水」として支持され、長く愛用され続けてきたことに納得です。

もうヘチマスキンローションを使用して2年ほど。バシャバシャ使ってすぐ無くなるので、もう少し安価なものはないかと、他の商品に浮気することもありますが、結局、こちらに戻ってきます。
シンプルで肌に負担をかける成分は一切使用していない。それが私にとってベストな化粧水です。

どんどん加齢が進む肌に大事なのは、肌本来の力を強くすること。むやみに美容成分を足すより、なるべくシンプルなケアで、いかに自分自身の力で、ハリ、弾力を引き出すかがカギなのではないでしょうか。

菊正宗「日本酒の化粧水」がお気に入り!40代後半、ハリと乾燥に悩む

年齢は40代後半になりました。

この年代になると肌の悩みも若いころの肌の悩みと違ってきます。自分の場合は肌のハリと乾燥に悩むようになりましたが、今現在使用している化粧水に出会ってその悩みが解消されました。

ここに至るまでの道のりは本当に長くて、肌の乾燥解消に良いといわれる化粧水をいろいろと試してみたりして、中にはかなり高価なものも使ってみました。

でも、使ったときは調子が良くても根本的な解決に至らなくて、特に冬などは、肌の乾燥には本当に悩みました。

そんな時知人から教えてもらったのが、日本酒のメーカーでもある菊正宗が日本酒をもとにした化粧水を出していて、これがとても肌に良いと聞きました。

日本酒は肌に良いという話は以前にも聞いたことがあるので、これは試してみるしかないと思いドラッグストアに行ってみるとありました。

菊正宗が発売している「日本酒の化粧水」、2種類あって保湿タイプと高保湿タイプがありました。私は迷わず高保湿タイプだと思いましたが、自分が化粧水を選ぶ基準は、無香料、無着色のものというこだわりがあるので、そのこだわりにも当てはまるし、内容量も500mlで価格も1000円くらいでコスパもよいのですぐに購入しました。

もともとの肌質は混合肌なので、目や口元は乾燥していてもTゾーンは皮脂が出やすくテカってしまうのが悩みなので、混合肌の場合は化粧水も使い分けたほうがよいのかと思ってみたりしました。

早速その日の入浴後に使ってみると、やはり日本酒が原料なので、手に取ると日本酒の匂いがほのかにしますが、気になるほどではないしすぐに匂いも飛んでしまうようでした。

肌にパッティングすると肌にスーッとなじんで吸収していく感じがよくわかりました。大量につけなくてもしっとりとした感じで翌朝が楽しみだと思いました。

今までは翌朝には肌がカサカサした感じがしていたのに、それがなくて肌がモッチリとした感じにはびっくりしました。

また、高保湿だけあってしっとり感が長続きすることにも驚きました。

毎日、朝・夜のお手入れに使ってみると1週間くらいで肌が乾燥しなくなってきました。おまけに肌のハリも出てきてキメも細かくなり本当にびっくりの連続です。

使い始めてから1年以上経ちますが、冬の乾燥時にもこれ一本で対応ができるし、難しいお手入れもしなくても済むのも助かっています。

日本酒には肌に良い成分が含まれているのだと実感しています。

43歳、乾燥と肌荒れが悩み。カサカサ肌に潤いをくれた「SK-2」との出会い。

43歳の女性です。看護師をしています。

勤務の加減で、不規則に生活が一年中続き、体調管理が難しい仕事なので、肌荒れがかなりありました。ただ患者さんと接する仕事なので香料の極端にきつい化粧水は使えないので、どの商品にするかは、気をそれなりには使います。

最初、花王と資生堂の高級化粧水を使っていましたが、においがきついのと、合成化合物が含まれているとかという話が、看護師の詰め所で話題になってからは,変えるようにしました。少し高いですがSK-2を使うようにしています。かれこれ、3年目になりますが高い化粧水を使っているのだから、体調管理にはしっかり気を付けないという自分への戒めの意味もあってリピ-タ-を続けているのです。

購入する前から、SK-2については、いろいろと話はきいていました。

酵母の発酵からうまれるビエラというものが肌を生き生きさせてくれるということ、ビエラのにおいが独特で好き嫌いが別れるということ、全く合成化合物が含まれていないということないが、天然素材を極力含むようにしてあるということ等を職場の同僚から聞いていました。

職業柄、成分とかも気になりますし、特にアトピ-を引き起こすものとかは極力避けるように商品選びをするのは職業病みたいなものでしょう。

最初に手にしたSK-2は、納豆のようなヨーグルトのような発酵したものの香りでした。ただそれを顔に付けるとスッと消えていくのは不思議でしたし、周りに聞いても少しもにおわないということで、「これいける」と個人的には思ったのです。ちなみに私は、納豆もヨーグルトも好きです。

使い心地はさっぱり系の化粧水です。その使用感はアルビオンのスキコンです。グイグイと浸透が早くてすぐ表面がさらっとしました。肌が潤ったかなあという自覚は今も当時もありありです。化粧品は相性が大切といわれますが、SK-2と私の相性は良かったようでした。

化粧水をかえてからというもの、肌の調子が良く、風呂上がりの乾燥や気になっていた毛穴の開きやも目立たなくなってきました。ただ、場合によっては美容液・クリームとかを併用するので、純粋に化粧水を変えただけではないかと思われますが、肌の好調は今も続いています。

私が化粧水を選ぶときの基準は、①病院勤務なので、あまり香りのきつくない物を選びます②肌質がすぐにカサカサになるので、すぐには肌の中にしみこんで乾燥肌を体の中から解消してくれるもの③同じような乾燥肌の人が使っていて効果のあった化粧品を探す・・・というあたりを拠り所にして、化粧水を含めた化粧品の選び方をしてきました。

肌の乾燥は、皮膚の下の毛細血管の血流がよくないことで新陳代謝が促進されていないことが原因で発生します。だから、肌の新陳代謝を促進すること、つまり水分をもたせることと、全身の新陳代謝を上げるべく規則正しい生活をすることを心がけるつもりです。

春の肌荒れ注意報!本当は教えたくない!40歳の私がもっちり肌をキープできる秘密の化粧水とは?

私の肌は頬や唇は乾燥しやすく、額や小鼻部分はオイリー肌という、いわゆる混合肌。

ややこしい肌質ですが、幼少期からこれといった肌トラブルもなく過ごしてきました。ところがそんなある時、大きな肌事件がおこります。 

数年前の春。突然、頬の部分が熱や赤みを持ち無性に痒くなり 、冷やしても赤みが引かず、ついには ニキビよりも細かな小さな白いポツポツができてしまい…。

私は生まれて初めて肌トラブルに悩みました。

でも、なぜ?

こんなことになったのか?

私は自分の肌状態におかしなところはなかったか、愛用しているコスメなどについて考えてみました。

思えば確かにここ1年ほど、小鼻や頬の「毛穴の開き」が少し気になっていました。

考えてみればこの毛穴の開きこそ、乾燥による肌のSOSサインだったのです。

そして、長年使っていた化粧水の保湿力に物足りなさを感じていましたが、深刻には捉えていませんでした。 

そして、お肌が一番デリケートになる春先、 乾燥による水分不足から一気に肌が悪化してしまったのです。

今思えば、肌に合わない化粧水を保湿の物足りなさを感じながらも 使い続けていた私の最大のミスでした。

私は荒れた肌を1日でも早く治したい一心で、 インターネットで様々な化粧水を検索しました。

春は肌のバリア機能がただでさえ低下しやすい時期。

この肌トラブルを回避するには 高い保湿力をもった化粧水が必要となります。

乾燥で傷つきデリケートになっている肌に優しく、 かつ保湿力の高い物…。

くまなく沢山のサイトを探しながらも、一番目を光らせたのは その化粧水に成分として余分なものが入っていないかどうか、でした。

例えば必要のない香料や防腐剤など。

化粧水自体を長持ちさせるために 肌にとって悪い成分などが入っていたら本末転倒ですからね。そういったものは除外して調べていきました。 

よく、保湿・うるおい…と聞くと コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸などが思い浮かびますが この時、私が注目したのはデリケートな肌にも優しい「セラミド」という成分でした。

セラミドはもともと人が持っている保湿成分。

しかし、この生まれ持った肌を守る成分も 年齢により低下します。

40歳を迎えた私はまさにこういった成分が 徐々に下降気味になりつつあったのかもしれません。

セラミド配合をうたう化粧水は数ありますが 「植物由来のセラミド」を使った物よりも、 「ヒト型セラミド」の方が圧倒的に保湿力が高いことを知り、 そこで私が目をつけたのは小林製薬の「ヒフミド」でした。

TVのCMでもおなじみの大手製薬会社が作ったという安心感と利用者の口コミでの満足度の高さと保水力に対する評価の高さに 魅かれ、早速チャレンジセットを購入しました。

実はヒフミドが届く前に 一足早く、別会社の同じセラミド配合の商品を 試しておりましたが 手のひらにとり、頬になじませた後の吸い付き方がその商品とヒフミドでは 圧倒的に違い、私は迷うことなくヒフミドを選ぶことにしたのです。

結果、肌は1週間ほどで潤いを取り戻し みるみる肌荒れが改善されていきました。

こうしてヒフミドを愛用して2年経ちますが、 使用後のお肌のしっとり感は今までどんな化粧水でも得られなかった もっちりとした理想のうるおいです。

この愛すべき化粧水にたどり着くまで、様々な化粧水を試しましたが もう他に移ることはない、と言い切れるくらい大満足しています。

さらにヒフミドのレビューを見るにはこちらから

値段が高い理由はここにある、30年変わらないsk-2

愛用している化粧水はSK-IIのフェイシャルトリートメントエッセンスです。

30代の後半から使用し続けて、現在47歳。使用歴10年以上となりました。

20代から今の化粧水にたどり着くまでは、色々な化粧水を使用していました。

新しいCMが出たり雑誌に載っている物を買ってみたり、決めた商品はありませんでした。「これ」と決められなかった理由は、それを買い続ける「決め手」がなかったからです。

その当時、前に使用していた化粧水と、今回買った化粧水に何か違いがあるのかと言われれば、値段やメーカーくらいで、どれでも良かったといえばそうかも知れません。

30代後半になり、やはり毎日使用する化粧水だけでも、納得するものにしたいと思い始めました。

友人に聞くと「SK-II」は高いけれど、それなりの効果はあるよと言われたので、さっそくネットで色々と調べました。

今は化粧品だけをメインにした口コミサイトもあり、他社の無数の化粧水と比較するのは、簡単でした。

さっそく、SK-IIの化粧水を見てみると、絶賛する声が多く信頼出来る商品だということがわかりました。

しかし、口コミはどんな商品でも賛否両論ありますので、一度試してみようと思ったのです。気軽に試すという値段ではありませんが、一番小さいサイズを購入しました。

さっそく使用してみて数か月経つと、肌質が変わってきました。ネットによると、他のメーカーの化粧水は、何度も商品内容を変更したり、気に入って使い続けていたのに、廃盤になったりするけれど、この化粧水は30年以上、殆ど内容物も変わっていないとの事。

それに、主成分のピテラという天然成分が保湿してくれるという説明を読み、人工的につくられた成分よりも、天然の物を使っているという内容に安心感を覚えました。

使用してみると香料なども入っていませんので、このピテラの匂いがします。この匂いが苦手だという方もおられますが、逆に香料で誤魔化したりしないで、そのまま販売しているところに、化粧品会社のこだわりのようなものを感じました。

高い商品ですので、購入した分がなくなるまで毎日使用しました。確かに肌質は変わりました。クリアな感じと、肌のキメが細かくなったような気がします。

若い頃は顔の作りなどを気にしてしまいますが、ある程度の年齢以上なると、肌がいかに重要かわかってきます。

肌で年齢の印象が大きく変わります。いくら美人でも肌が衰えていると年齢より上に見られます。この化粧水は長く使えば使うほど効果が出るものです。特に30代位から女性は「肌質」を重要視しますので、それを整えてくれるこの化粧水は、女性の味方です。

肌の老化は多くの女性の悩みです。その悩みを受け止めてくれそうな予感です。これから10年後、20年後の効果が楽しみです。

\ SNSでシェアしよう! /

30代、40代基礎化粧品人気ランキング&おすすめスキンケアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代、40代基礎化粧品人気ランキング&おすすめスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 肌が驚くほどに透明感で-5歳肌!プチプラコスメ、ドクターシーラボの化粧水が好き

  • 優秀プチプラコスメ、なめらか本舗の豆乳イソフラボン配合のリンクルシリーズ

  • 40代のたるみと毛穴に米肌、化粧水、クリーム入りお試しセットの口コミ

  • シミ、シワに弱アルカリ性無添加、塩入り洗顔石鹸のタナカミネラルソープの口コミ

  • 顔のしわをなくす!?抗しわ成分セラビオ40%配合の発酵美容液オリファの口コミ

  • 40代の救世主!?しわ、たるみ、ほうれい線を改善するユーグレナ(ミドリムシ)のオールインワンゲル化粧品「ONE」