1. TOP
  2. 化粧水おすすめ人気ランキング30代から【極潤肌】になる選び方

化粧水おすすめ人気ランキング30代から【極潤肌】になる選び方

エイジングケア スキンケア 化粧水 毛穴ケア この記事は約 80 分で読めます。 12,219 Views

こんにちは、アフロディーテです。

30代になって、肌のハリがなくなったり、以前より少しくすんでいるように感じていませんか?それは30代になって私たちの肌に含まれている美肌成分が、どんどん少なくなっている証拠です。

あなたが今、使っている化粧水は、肌質にあっていますか?化粧水の使い方は間違ってませんか?もし、今使っている化粧水が20代から使っている化粧水であれば、見なおす必要があるかもしれません。

この記事は、30代から極潤肌を手に入れるための化粧水の選び方、使い方を詳しく説明しています。

あなたの肌質に合う化粧水を選ぶのはもちろんですが、今の肌をさらによい状態、すなわち【極潤肌】にするための選び方を紹介します。

化粧水の基本的な知識から、極潤肌を保っている人がどのように化粧水を選んでいるのか?などなど情報がもりだくさんです。

記事が非常に長くなっていますので、目次を見て気になるところから読んでください。

このページの目次です♪

【極潤肌】化粧水人気ランキング1位~7位

実際に使用して30代におすすめの化粧水入りトライアルセットをランキングにしました。

ランキング1位 アテニア ドレスリフト

とろみのあるドレスリフトの化粧水は、肌の乾燥からくる顔のたるみの解消やハリ感を取り戻すのを手伝ってくれます。

化粧水だけでもその違いは実感できますが、美容成分60%配合の洗顔石鹸や仕上げのクリームも同時に使うことでより早く肌の乾燥の改善が実感できます。

アテニア ドレスリフトのレビュー見る

ランキング2位 オラクル化粧品

oran22

モデルの平子理沙さん、美魔女の山田佳子さん、水谷雅子さんが愛用♪

山田佳子さん47歳で肌のキメの細かさが20代、毛穴にいたっては計測できないくらい引き締まっているそうです。

山田さんは「-20歳肌を実現したコスメ」の特集ででオラクルを紹介されています。

水谷雅子さんは40代なのに20代にしか見えないと一時期話題になったほど肌が綺麗な方です。

その他にもたくさんの有名人が太鼓判を押している超優良オーガニックコスメです。

オラクルの嬉しいところは肌が敏感になっている時でも安心して使えること。

肌にすっと馴染むローズの化粧水と美魔女やモデルがこぞって愛用する美容液が口コミでもかなり好評です。

30代、汚肌がオラクル化粧品で大変身!?化粧水、美容液入りお試しセットの口コミ

ランキング3位 草花木果「透肌スキンケア」

毛穴レスの肌へと導く草花木果の透肌・化粧水は、毛穴の開きを防ぐための水分量を調節します。ニキビやニキビ跡が気になる方は、毛穴が塞がっている状態が多く、草花木果の透肌・化粧水を使うことで毛穴ケアができます。

ラインで使うことによって、総合的に毛穴ケアができるのが魅力です。

草花木果「透肌スキンケア」のレビューを見る

ランキング4位 ディセンシア アヤナス

しわや肌の老化を促進させる乾燥から肌を守り、さらに潤いを与える乾燥、敏感肌用のエイジングケア、アヤナス。敏感肌の糖化を防ぐので年齢肌予防にも。

30代になると肌の乾燥は一気に進みます。敏感にもなりやすいので、肌の調子が少しでも悪いと思ったら敏感肌用の化粧水を使うのがおすすめです。

とろみのある化粧水は瞬時に浸透し、すぐにハリがでます。

40代なのに20代にしか見えないと噂の美魔女、水谷雅子さんも愛用のクリームはぬった瞬間から塗った瞬間にとろけ、ぐんぐん浸透してお肌がプルプルに。

30日間試して肌に合わなければ全額返金してもらえるので安心して使えます♪

肌が乾燥いる時、敏感になっている時に、これだけ気持ちよく使える基礎化粧品はそうそうないと思います。

アヤナスは、敏感肌用のコスメですがその域を超えて乾燥肌や混合肌の肌の悩みにも対応してくれます。

ディセンシア アヤナスの体験レポートはこちらから

ランキング5位 HANAオーガニック

hanao1

肌本来の力を取り戻し、使い続けるほどに肌トラブルのない力強い肌になっていく。肌のことをしっかり考えぬいた結果、オーガニックコスメになったのがHANAオーガニックです。

洗顔、化粧水、乳液と3ステップで時間もかからずケアできます。

使い続けると、シワやしみがいつの間にか気にならなくなってくる不思議なコスメです。

HANAオーガニックの体験レポートはこちらから

ランキング6位 アスタリフト

nast2

洗顔後すぐのジェル美容液で、汚れの落ちたきれいな肌にアスタキサンチンやセラミド、コラーゲンがダイレクトにエイジングケアしてくれます♪

馴染んだ時のモッチリ感は美容液から始めるケアならでは。

化粧水も浸透抜群でモッチリ感がさらにアップ。

乾燥で悩むこれからの季節、肌の水分を保ちながらエイジングケアできるアスタリフト。

アスタリフトの体験レポートはこちら

ランキング7位 ライスフォース

rice1

肌の乾燥がすすむと色々な肌トラブルの原因になります。

お肌の保湿がしっかりできるようになると、毛穴のトラブル、しみ、しわ、くすみ、乾燥、敏感肌が改善できます。

ライスフォースの化粧水は薬用でニキビや肌荒れ、敏感になっている時でも安心して使えます。

つけた瞬間はさらっとしていてすぐに浸透し、肌の潤いを感じられるのでつけすぎるということもありません。

深層保湿で肌の調子があまり良くない時でも使えて肌質改善をしてくれるのは嬉しいですね♪

化粧水でケアした後は、ライスフォースの薬用クリームが乾燥から守り、肌に潤いを与えてくれてハリのある健やかな肌を保ってくれます。

藤原紀香さん、エビちゃん、押切もえさん等、多くの芸能人のが使っていることでも有名♪

気に入らなければ全額返金も嬉しい♪

ライスフォースの体験レポートはこちら

8位~の化粧水ランキングはこちらから

40代におすすめの化粧水人気ランキグはこちらから

【ちゃんと理解してないと極潤肌が遠ざかる】化粧水の効果と種類

まずは化粧水の基本的な知識から紹介します。

Fotolia_119018653_XS

化粧水の基本的な効果は、肌のキメを整えたり、肌が潤うのを助けるというもの。これは、美容液の後につける乳液や美容液の浸透にも影響をおよぼす、とても大切な役割です。

実は化粧水だけでは、肌の深層までしっかり潤すことはできません。もちろん、肌のキメを整えるものや、潤いを促すものなども入っていますが、化粧水だけでは、肌の保湿はしっかりとできていないんです。

化粧水はスキンケアにおける基本であり、いわば地ならしのようなもの。洗顔後の肌は、実は必要以上に水分や皮脂が取り除かれた、オーバーな言い方をすると荒れ地のような状態です。そこに化粧水をつけることで、肌を整え、その後につけるスキンケアアイテムが浸透しやすい土壌を作ってくれるというわけです。

また、洗顔から時間が経つほど化粧水の浸透率が低くなると言われていますから、洗顔後できるだけ早くつけるほうが、効果が得られます。

【極潤肌を目指したい人必見!】化粧水の浸透をより良くするための方法

肌の乾燥が激しい時、乾燥している状態が何日も続いている時は、乾燥対策のスキンケアが十分にできていないサインです。

肌の乾燥がひどい場合は、洗顔後に化粧水をつける前にオイルを使いましょう。化粧水の前にオイルを使うことによって、化粧水の浸透率をあげるだけなく、保湿効果も高めます。詳しくは「どうして美容オイルは肌にいいのか」で説明しています。

基礎化粧品ブランドによっては、洗顔後に化粧水ではなく、美容液を先につけるようなものもあります。その美容液の多くは、オイルの含有率が高いものが多く、後に使う化粧水やクリームの浸透性を高めるの効果を狙っています。

化粧水の基礎知識をおさらいしたところで今度は化粧水の種類についておさらいしましょう。化粧水は6種類あり、どのタイプの化粧水を使うか迷ってしまいそうですね、何を基準に選ぶのが良いのでしょう。次は化粧水を選ぶ基準の一つとなる、肌質を軸に化粧水の種類をご紹介します。

化粧水の種類は何種類あるか知ってます?

Rose water with a rose petal inside surrounded by rose flowers

普段何気なくつけている化粧水。

化粧水の種類はあまりないと思われがちですが、実はたくさんの種類があり目的に合わせて使う化粧水のタイプも違ってきます。ここでは、6種類の化粧水を紹介していきます。

特に30代の肌は20代の頃に起こらなかった、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルが急増します。「安いから」「パッケージがかわいいから」など、肌質を考えずに化粧水を選んでしまうと、多くの肌トラブルを起こしてしまう原因になるので、化粧水の種類と役割をしっかりとおさらいしておきましょう。

ここでは、各化粧水のタイプの紹介と合う肌質を説明します。

【常備するのが基本】一般肌用化粧水

一般用化粧水は肌の保湿を行うとともに、キメを整えてくれるものです。毎日のスキンケアにつかえるので、常備しておきたいタイプです。

一般肌用化粧水が合う肌質

一般用化粧水は、基本的にはどんな肌質の人にも合いやすいです。特に混合肌の場合は、たっぷりの量で肌を潤わせることが大切ですので、比較的低価格でたくさんの量が入ったものをぜひ使っておきたいところ。中には、「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」などがありますが、混合肌のカサつく部分や乾燥肌の場合はしっとりタイプを、混合肌でもかさつきがひどくない部分にはさっぱりタイプを使用するのがおすすめです。

乾燥がひどい時は、一般用化粧水を使用した後、クリームでしっかりと保湿をしましょう。

【30代で一番人気!】美白化粧水

美白化粧水は肌に潤いを与えるだけでなく、シミやそばかすを防ぐ、いわゆる美白有効成分を配合した化粧水です。美白用の化粧水は、肌の調子と成分に注目して選ぶ必要があります。

シミ対策と美白化粧品を取り入れる」でも美白効果のある美容成分を詳しく説明していますが、美白化粧水でアフロな女神が最も注目する成分はビタミンC誘導体です。

美白だけなく、小じわ、毛穴の開き、ニキビにも効果があり、体内公害とも呼ばれる、活性酸素の除去もするビタミンC誘導体は、皮膚科医も注目している成分です。

ビタミンC誘導体は、

  • 水溶性
  • 油性
  • 両性

の3種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性のビタミンC誘導体は、水分との相性が良いので化粧水に配合するのが一番効果が高いです。

肌に素早く浸透し、即効性がありベタつきがなく、医療用としても使われています。即効性がある分、ビタミンC誘導体の中で一番刺激が強いです。

脂溶性ビタミンC誘導体

時間をかけてゆっくりと浸透していきます。化粧水ではなく、クリームやジェルに美容成分として配合されています。

両性ビタミンC誘導体

水溶性と脂溶性の両方の特徴を持っています。浸透が早く即効性もあります。化粧水にも配合されていて今、最も注目を集めているビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の含まれた化粧水は、美白効果が高いですが乾燥や肌荒れなど肌の状態が悪い時に使うと刺激を感じることがあります。肌の調子が悪い時は美白効果を優先するよりも、肌の乾燥も改善するプラセンタ入りの化粧水を使用するか、美白化粧水の使用をやめて、セラミド産生を高めてくれる化粧水を使い、肌の調子が良くなってから美白用の化粧水を使うようにしましょう。

肌が敏感になっている時でも美白をしたいなら、肌に刺激を与えないビタミンC誘導体とセラミド配合した美白化粧水ディセンシアサエル」がおすすめです。

また、美白はスキンケアだけに頼るのではなく、栄養面からも行うほうがより美白ケアの実感ができるようになります。シミ予防、美白に良いとされている栄養素はたくさんありますが、その中でも特にビタミン類を毎日しっかりととるようにしましょう。

ビタミン群は毛穴の引き締めにも貢献しているので、美白だけでなく美肌を目指すためには必須の栄養素です。ビタミン類については、「毛穴の開き問題を解決する6つの栄養素」で説明しています。

美白※「美白」とはメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことです。

アルカリ性化粧水

弱酸性の多い化粧水には珍しい、アルカリ性のものです。ひびやあかぎれ対策に使われるもので、他のものとは異なり、ひびやあかぎれに悩まされた時だけ使用します。

【これから流行りそう!】プレ化粧水

プレ化粧水は一般肌用化粧水などをつける前につけるもので、導入液と呼ばれることもあります。その後使用する化粧水、美容液、クリームなどの基礎化粧品が肌に浸透しやすいよう、肌に残った石鹸カスなどを中和してくれます。保湿性を高めてくれるため、潤い不足に悩む方におすすめです。

最近は、プレ化粧水の役割を美容液でする基礎化粧品ブランドが出てきています。アンチエイジング世代に人気のある「アスタリフトのジェリー美容液」や「抗しわ成分40%配合したオリファ」などです。

洗顔後の肌に直接、濃厚な成分を届けられるという点で導入液に美容液を使用するスタイルは今後も増えていきそうです。

また、化粧水の前にオイルを肌につけることによって、化粧水の浸透を高めることもできます。

プレ化粧水が合う肌質

プレ化粧水も一般用化粧水と同様、さまざまな肌質に合いやすいというのが特徴です。プレ化粧水は「オイリー肌には向かないのでは?」と思われがちですが、オイリー肌の原因は、肌荒れや肌バリア機能の低下などにより、肌を守ろうと皮質が過剰に分泌されていることにあります。

プレ化粧水でしっかり肌全体を潤わせることは、とても大切なことです。肌の水分が十分にあると過剰に皮脂が分泌されることもなくなり、オイリー肌から脱出できます。

ただし、敏感肌や乾燥肌の人で、刺激が強いと感じた場合は、プレ化粧水の使用を一度やめて肌の様子を見るようにしましょう。

収れん化粧水

収れん化粧水は、メイク直しの際や、乳液の後に使われるものです。肌の温度やキメを整え、皮脂をコントロールしてくれます。肌につけた瞬間、ひんやりと感じるのが特徴です。皮脂や毛穴よごれのひどい部分に使用するのがおすすめです。

ただし、収れん化粧水はアルコールが含まれているため、アルコールが揮発する時に肌の水分も一緒に蒸発してしまいます。乾燥肌や敏感肌の方は、刺激になったり、乾燥をひどくしてしまう場合があるため、使用しないようにしましょう。

収れん化粧水だけでなく、肌トラブルが多い時期に使う化粧水は購入する前にアルコールが含まれているかどうかチェックして購入しましょう。

収れん化粧水が合う肌質

オイリー肌の中でも、毛穴の開きや黒ずみが気になる方は、ぜひ収れんタイプの化粧水を使ってみてください。他にもニキビ肌用や脂性肌用さっぱりタイプなど、オイリー肌におすすめのものは数多くありますので、自分の肌トラブルに合わせて商品を選びましょう。

【くすみ抜け抜群!】拭き取り化粧水

洗顔では落としきれなかった汚れや古い角質を拭き取り、その後のスキンケアの浸透性を高めてくれるのが拭き取り化粧水です。石鹸カスを中和してくれるプレ化粧水と似た役割を持つものの一つと考えてよいでしょう。

拭き取り化粧水が合う肌質

拭き取り化粧水はその名の通り、汚れを拭き取るものですので、肌への摩擦があります。「拭き取り」と聞くと、肌に刺激を与えるので、肌質にかかわらず、あまり使わないほうがいいのではと感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし、正しく使用すれば、刺激を抑えて使用することができますし、それがふき取り化粧水使用時の注意とも言えます。

拭き取り化粧水を使用する際の原則は、コットンがひたひたになるまで化粧水を染みこませること、そして拭き取る面を変えながら、ゴシゴシとこすらずに優しく拭き取ることです。普通肌やオイリー肌、混合肌の方でこれまでなんとなく拭き取り化粧水の使用を避けてきた人は、ぜひ正しい使い方で使用してみてください。拭き取り化粧水を使うことで、古い角質が除去されくすみ抜けにつながります。

肌のバリア機能が弱っている敏感肌や乾燥肌にお悩みの方は、使用を差し控えたほうが良いでしょう。

アフロな女神でオススメしている拭き取り化粧水は毛穴の引き締めに注力している草花木果」と肌が敏感になっているときでも使えるセラミドの産生を助けるライスフォース」です。

見逃せない!特徴のある化粧水達

これまで紹介した化粧水の他にも、色々な特徴をもった化粧水があります。

紫外線対策、UVカットができる化粧水

日焼け止めよりも効果は落ちますが、SPF10程度の効果がある化粧水もあります。ポイントメイクだけでの外出、スッピンに近いメイクの方に人気があります。また、春先や夏ほどではないけど、冬にも紫外線は降り注いでいます。日焼け止めを塗るほどではない場合の紫外線対策にもおすすめです。

UVカットできる化粧水は1日に何度が使用する可能性があるので、スプレータイプのものが良いでしょう。

酵母配合の化粧水

酵母配合の化粧水は、サントリーウェルネスさんのエファージュやsk-2が有名です。

酵母とはどんな働きをするんでしょうか?

酵母とは、自然界の植物、樹液、花蜜、果物など、いろいろなところに生息する「菌」つまり「微生物」です。「カビや麹、乳酸菌や納豆菌」同様、有機物(食物)を利用して分裂しながら成長します。その状態のことを「発酵」といい、私たちはこの自然の力を利用して、古来よりビール、日本酒、ワイン等のお酒、漬物や納豆、味噌、醤油、酢、パンやチーズなどを作ってきました。http://www.yuwaeru.co.jp/shop/hakkou/001.html

この酵母は美容によい成分が含まれていて、基礎化粧品にも配合されています。

ただ、お肌の状態によっては刺激を感じる場合があるので、まずはお肌の状態の良い時に使用しましょう。

エイジングケア用の化粧水

エイジングケアを目的とした化粧水は保湿性が高いタイプの物が多いようです。エイジングケアの主な目的は、乾燥によるしわ、たるみ毛穴、ほうれい線などの改善です。保湿を重視しているので、とろみのあるテクスチャーをしているものが主流で保湿性を上げるセラミド配合、たるみや毛穴の開きを改善するためにビタミンc誘導体配合の化粧水、などがあります。

ビタミンC誘導体だと、「ディセンシア サエル」、保湿重視で考えるなら「ライスフォース」や「エファージュ」がおすすめです。

お肌の乾燥がひどい時には、「アスタリフト」のジェル美容液やブースターとしてホホバオイルなどを使用してから化粧水をつけると、より化粧水の浸透がよくなります。

はちみつ配合の化粧水

はちみつは基礎化粧品によく使われている美容成分で、よく配合されています。はちみつ配合の化粧水で有名なのは、山田養蜂場さんの基礎化粧品シリーズです。また、普段使っている化粧水にはちみつを混ぜて使うのも化粧水の効果を高めてくれます。

スキンケアに使用するはちみつの効果や選び方は、「美肌効果劇的UP!しわ、シミ、ニキビの改善にはちみつ効能スキンケア8の方法」で紹介しています。

化粧水の種類まとめ

美白化粧水やアルカリ性化粧水は、肌質というより、悩みに応じて使用することが多いものです。どちらも悩みに応じた働きをしてくれますが、部分的なケアに力を入れすぎて、肌全体の保湿を疎かにしてはいけません。

その時の肌質によっては、美白化粧水で乾燥がひどくなった…という声も聞かれますが、美肌の第一歩は肌全体を十分に潤すことにあります。美白系の基礎化粧品を使う時は、肌の調子の良い時に保湿系と併用しながら、しっかり肌全体を潤すよう気をつけましょう。

【ちゃんと確認してる?】化粧水の使用期限と保存方法

いくら高級で効果の高い化粧水を使用しても使用期限が過ぎていたり、保存方法が間違っていると、肌荒れなどのトラブルを招いてしまうことになります。

化粧水の使用期限と保存方法をおさらいしておきましょう。

NGな化粧水の保存方法

化粧水の保存方法でよく行われているのは、冷蔵庫に保存して使用する方法です。夏や蒸し暑い時にひんやりと冷たい化粧水をつけるのは確かに気持ちがいいですよね。しかし、化粧水を冷蔵庫に保存するのは、NGです。化粧水を冷蔵庫に保存すると、取り出して使用している間に化粧水の温度があがり容器の内部に露結してしまいます。これを繰り返していると、化粧水の劣化が急速にすすみます。

もし、化粧水を冷やして使いたい時は小分けしたものを冷蔵庫で冷やして、3日以内に使用するようにしましょう。

正しい化粧水の保存方法

では、正しい化粧水の保存方法とはどのような方法でしょうか?それは、冷暗所に保存する方法です。冬はあまり気にすることはないですが、夏は暑く、湿気が多い場所に化粧水を放置しないようにしましょう。風通しがよく、直射日光の届かないところに保存するのが最適の保存方法です。

化粧水の使用期限

最近は、防腐剤の配合されていない化粧水も多くなりました。防腐剤の配合されていない化粧水には、化粧品メーカーから使用期限を書かれている場合が多いですが、防腐剤が配合されている化粧水の使用期限はどのくらいでしょうか?

化粧水の使用期限は、保存状態にもよりますが未開封の場合、3年以内です。化粧水を開封した状態では、2ヶ月~3ヶ月の間に使い切るのが望ましいとされています。

お肌の状態によって、化粧水を使い分けている方は1つの化粧水を数ヶ月に渡って使用することもあるかと思います。正しい保存方法で2ヶ月以内には使い切りたいところです。

【これ重要です】洗顔料との相性を考えて化粧水を選ぶ

Fotolia_115774693_XS

あなたは洗顔料を選ぶ際に、化粧水との相性まで考えて、商品を選んでいますか?

もし、考えていないとしたら極上肌から遠ざかっている可能性があります。

洗顔料と化粧水、どちらもスキンケアには欠かせないアイテムですが、両者の因果関係を考えずに、バラバラに購入している人が多いようです。

しかし、洗顔料と化粧水の成分をしっかり確認してから購入しないと、その効果が台無しになってしまうことがあります。

近年、美白をうたうものや潤いを与えてくれるもの、アルコールの入ったものなど、さまざまな洗顔料が販売されています。とにかくイイトコどりがしたいからといって、例えば保湿成分たっぷりの洗顔料と、アルコールを含む化粧水など、相反する性質のものを一緒に使ってはいけません。

例の場合だと、アルコールが水分を揮発させてしまうため、肌の水分蒸発が促されてしまう、なんて事態に陥ってしまいます。これではいくら高い洗顔料や化粧水を使用していても、意味がありませんよね。

残念ながら、化粧品や洗顔料に含まれる成分にはさまざまなものがあるため、一概にどの組み合わせがよくないということは言えません。ただ、相性の悪さを回避するには、美肌に対する目標の方向性を定めておくことが大切です。

例えば肌の潤いを優先したいなら、化粧水だけでなく洗顔料も、保水効果のあるものを選ぶようにしましょう。

ほかにも、かさつきや毛穴の黒ずみなど、30代が抱える肌のトラブルはさまざまです。まずはひとつの肌トラブルに着目したうえで、目的やあなたの肌質に合った組み合わせのものを選ぶようにしましょう。

上記を踏まえた上で、ここからは肌質や肌のお悩みに応じた使い方についてご紹介します。

乾燥肌へのおすすめの使い方

Fotolia_97471361_XS

乾燥肌とは、何らかの原因によって肌がダメージを受けることで肌バリアが弱くなり、お肌の水分量が減っている肌の状態を言います。これは、肌の水分が逃げていきやすい状況だとも言えますから、洗顔後はできるだけ早めにスキンケアを行うようにしましょう。乾燥肌については「肌がかさかさになる乾燥肌の原因と改善するための洗顔、化粧水、美容液、クリームの効果的な使い方」で詳しく説明しています。

また、よくある間違いですが乾燥しているからと、化粧水をとにかくたくさんつけるのはNGつけすぎると逆に肌から水分を奪ってしまったり、肌がふやけて乾燥がひどくなる恐れがあります。多くの化粧水は、パッケージに使用する適量が書かれています。適量を守った上で、肌を濡らしたままにしないよう心がけましょう。

乾燥肌のケアは単に肌の水分量を上げるだけでなく、肌バリアが回復するまで肌を守る役割が求められます。乾燥肌に使う化粧水は、肌を保湿するという条件をクリアできる成分を含んだ化粧水を選ぶ必要があります。

保湿に有効な代表的な成分は、ヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリン、セラミドなどが挙げられます。

ヒアルロン酸は高い保湿性を持っています。もともと肌に含まれているということもあり、馴染みもよく、刺激が少ないことから、乾燥肌対策にはぜひ取り入れたいものの一つとなっています。パッケージには「加水分解ヒアルロン酸」「アセチルヒアルロン酸Na」という名前で記載されていることもあります。

ヒアルロン酸同様、美肌にいいと言われているコラーゲンもまた、化粧水選びの際にはぜひチェックしておきたい成分の一つ。肌の水分補給に役立ってくれるので、ぜひ配合されたものを選びたいところです。

グリセリンはアルコールの一種ですが、水になじみやすく吸湿性に優れているとして、化粧品によく用いられています。乾燥肌に刺激は禁物ですが、グリセリンは少量であれば刺激が少ないため、乾燥肌向けのものにも使われています。ただし、グリセリン配合のものを使って、どうしても肌の調子が思わしくないようなら、一度使用を差し控えるようにしましょう。

セラミド配合の化粧水は乾燥がひどくなった敏感肌にも使用できます。

逆に、使用を避けた方がいいものとして、ビタミンC誘導体やアルコール配合の化粧水などが挙げられます。

美肌には欠かせないと言われるビタミンCですが、強い酸性のため、乾燥肌のような傷ついた肌には過度な刺激になることもあります。パッケージの中には「アスコルビルリン酸Na」などと明記されていることが多いので、見落とさないよう注意しましょう。

またアルコールは揮発性が高いと同時に、肌に刺激を与える成分でもあります。乾燥肌は肌が傷ついた状態ですので、ビタミンC誘導体同様、できるだけ刺激のある化粧水は避けるようにしましょう。

敏感肌、肌荒れが気になる人へのおすすめの使い方

Fotolia_119025023_XS

敏感肌や肌荒れが気になる方の、化粧水の使用上のポイントは、原因をできるだけ正しく知っておくこと、そして口コミに頼らず、自分で試してみることの2点です。敏感肌については「皮膚がヒリヒリする敏感肌の原因と洗顔、化粧水など化粧品を使ったおすすめスキンケア方法」で詳しく説明しています。

一口に「敏感肌」「肌荒れ」と言っても、その原因はさまざまです。普段のスキンケアの方法が間違っていたり、ストレスによって肌荒れになる方もいらっしゃれば、アトピー性皮膚炎などのように、先天的な原因で肌荒れを起こしている方もいらっしゃいます。

自分がなぜ敏感肌(肌荒れ)なのか、その原因を知ることが、自分に適した商品を選ぶことにつながりますので、普段の行動から、その原因をできるだけ正しく把握しておきましょう。わからない場合は、皮膚科に相談してみるのもひとつの方法です。

肌トラブルの原因が違えば、適した化粧水も異なります。同じ敏感肌でも、Aさんには問題なく使えたものが、Bさんには使えなかったということはよくあります。

また、一見肌に優しいと思われがちな天然成分も、成分の内容によっては肌に強い刺激を与えるものもあります。敏感肌や肌荒れでお悩みの方で新しい化粧水を購入する際は、いきなり顔に付けずに、手などにつけてできるだけパッチテストをして、自分にあった化粧水を探すようにしましょう。肌に合うか試してみることも忘れずに。

とはいえ、気になったもの一つ一つを試していくのは大変ですよね。そんな時は、配合成分が比較的シンプルなものや、セラミドやNMF(天然保湿因子)が配合されているものを選ぶのがおすすめ。

セラミドは、私たちの肌にも含まれているもので、肌のバリア機能を正常に保つなど、乾燥から肌を守る役割を果たしています。特に敏感肌の方には欠かせないものとなっているため、名前を耳にしたことのある方も多いと思います。

セラミドが配合されている化粧水や、天然温泉水などは、刺激が少なく肌に潤いを与えてくれることが知られています。こうした化粧水を選ぶと、比較的早く自分にあった極上肌を手に入れられる化粧水に出会えます。

また、敏感肌や肌荒れが気になる方は、化粧水をつけるときにコットンを使わず、手で直接つけるようにしましょう。コットンを使うと、肌をこするため刺激が強く、肌に付けられない場合があります。化粧水を清潔な手で、優しく顔全体につけていくほうが無難でしょう。どうしてもしみる場合は、ワセリンなどの油分やクリームで対応するのもよいでしょう。

おとなニキビが気になる人へのおすすめの使い方

Fotolia_85025447_XS

おとなニキビにお悩みの場合、ポイントは以下4点にまとめることができます。

  • 大人ニキビは保湿が大切
  • ビタミンCが配合されているものを選ぶ
  • オイリーなものやアルコールの入ったものは避ける
  • コットンを使わず、手でつける

《おとなニキビは保湿が大切》

おとなニキビの根本的な原因は一つではありません。しかし、たくさんの原因が積み重なり、肌の乾燥やターンオーバーの乱れを引き起こすことはわかっています。詳しくは「大人ニキビの原因とキレイに治す方法、おすすめの化粧品の選び方」で説明しています。

つまり、おとなニキビに合った化粧水を選ぶということは、肌の乾燥やターンオーバーを正常に戻すこと、すなわち肌をしっかり潤す化粧水を選ぶことだと言えます。

そのため、保湿力の高い化粧水、そして浸透率の高い化粧水を選ぶことが大切です。ニキビで脂っぽいからと、さっぱりめの化粧水を選ぶと、肌がしっかり潤いません。おとなニキビに立ち向かうには、「乾燥肌へのおすすめの使い方」でもご紹介した、ヒアルロン酸やセラミドが入っているものを選ぶようにしましょう。

《ビタミンCが配合されているものを選ぶ》

ニキビの原因となるアクネ菌は、油分をエサに繁殖しています。アクネ菌を繁殖させないためには、皮脂の過剰分泌を抑えるとともに、アクネ菌の数を正常に保つことが大切です。

この2つを同時に叶えてくれるのが、ビタミンCです。ビタミンCには皮脂量をコントロールする効果とともに、アクネ菌を正常に保つための消炎効果もあります。化粧水を選ぶ際には、ぜひビタミンCを表す「リン酸アスコルビル」や「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」が配合されているかをチェックしてみてください。

ただし、ビタミンCは強い酸性のため、肌に刺激を与えることもあります。残念ですが肌の弱い方は、ビタミンC配合の化粧水は使用しないようにしましょう。ビタミンC以外にも、「グリチルリチン酸ジカリウム」などがニキビの改善にもつながる消炎効果のある成分ですので、こちらを一度試してみてはいかがでしょうか。

《オイリーなものやアルコールの入った化粧水は避ける》

前述のとおり、過剰な油分はアクネ菌の餌となる可能性があります。また、アルコールは水分を揮発させるため、肌を乾燥させたり、刺激を与える可能性があります。大人ニキビにお悩みなら、この2つが配合された化粧水は避けたほうが良いでしょう。

《コットンを使わず、手でつける》

コットンを使うと、肌やニキビに刺激を与え、悪化させてしまう可能性があります。ニキビがある時は、できるだけ化粧水を手でつけるようにしましょう。

30代、40代、オススメの化粧水の選び方

30代と40代は、美肌を支えてきた2つの物質が、それぞれ減少傾向を迎える時期です。それはセラミドと女性ホルモン(エストロゲン)。30代になると、肌のバリア機能を支えるセラミドという物質が減少しはじめるため、シミやシワなどの肌トラブルが少しずつ多くなっていきます。

続いて40代を迎えると、今度は女性らしさを作り出しているともいわれる女性ホルモンが、徐々に減少していきます。肌における女性らしさとはつまり、肌のハリやうるおいといった部分。女性ホルモンの減少とともに、肌がたるみやすく、またシミやシワが少しずつ多くなっていきます。

30代および40代の化粧水は、こうした悩みを解決するものを選ぶ必要があります。

30代ならセラミドが配合されているものを選びたいですが、化粧品だけではケアは不十分です。美容液やクリームなど、スキンケアトータルで、セラミドを補うようにしましょう。また、シミやたるみ、そばかすに悩んでいるなら、ビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶのもおすすめです。

40代は、これまで以上にさまざまな肌トラブルに見舞われやすい時期。セラミドはもちろん、肌のハリやキメを整えるコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、肌の悩みにあわせて化粧水を選ぶようにしましょう。

ただし、化粧水だけでは十分な保湿や肌トラブルの改善は見込めません。なぜなら、肌を保湿するセラミドが減少しているため、せっかく蓄えた水分を捕まえておくことができないからです。30代同様、美容液や乳液など、スキンケア全体で肌トラブルに立ち向かいましょう。

化粧水ランキング7位~20位

sk-2フェイシャルトリートメントエッセンス

長きにわたり多くの女性たちに愛用されてきた化粧水のひとつがこのsk-2フェイシャルトリートメントエッセンス。美しく健康な肌は天然保湿因子(MNF)に守られているのですが、この化粧水にはそのMNFによく似た成分であるピテラがたっぷりと配合されているのです。このピテラが角質層に浸透し、乾燥やダメージから肌を守り、良好な状態をキープする手助けをしてくれます。

アクセーヌのモイストバランスローション

アクセーヌのモイストバランスローションは、長時間に渡り肌の潤いが続く化粧水です。モイストバランスローションは、水分だけではなく油分も一緒に肌の奥深くまで届けることが出来ます。特殊技術により粒子のサイズを小さくすることが可能になりました。それにより長時間肌の潤いが続きます。また、肌表面の細胞に潤いを与えることでハリを出す効果もあります。

コスメデコルテ化粧液(モイスチュアリポソーム)

冬や夏が終わって春、秋になると肌荒れに悩む女性が多くなります。それは、冬や夏の肌にとって過酷な季節の肌ストレスが表面に出てくるからです。肌が荒れているとき、いつも使っている化粧水が合わない気がすると感じたことはありませんか?そういう時は、思い切っていつもよりちょっとリッチな化粧水に変えてみましょう。コスメデコルテのモイスチュアリポソームは直径0.1ミクロンのリン脂質のカプセルが角質深くまで浸透し、荒れた肌にもしっかりと栄養を届けることができます。肌荒れに悩んだらぜひ一度使ってみてください。

キュレル ローション

キュレルの化粧水は乾燥性敏感肌向けに作られた、無香料、無着色、弱酸性、アルコールフリーの国産化粧水です。しっとり感の違いが3段階で選べ、繊細な使用感にこだわるデリケートな肌の方にも安心です。また、消炎剤が配合されているので肌荒れを起こしにくく、角層の奥までじっくりと浸透するうるおい成分が、乾燥肌のトラブルを防ぎます。

d プログラム モイストケア ローション W

肌が乾燥しやすかったり、粉ふきや肌荒れがある女性に適した無添加の薬用化粧水です。保湿をしてくれることは勿論、ゆで卵のような透明感あふれる肌へと導いてくれるのもこの化粧品の特徴といえるでしょう。さらに、紫外線が原因で起きるシミやそばかすを防ぐ「トラネキサム酸」が配合され、肌の酸化ダメージを予防できます。

ディオール スノー ブライトニング エッセンスローション

スノーブライトニング エッセンスローションはビタミンEを閉じ込めたカプセルが肌に確実に成分を届け、うるおい・透明感のあふれる肌へ導く化粧水です。肌あれや日焼け後のほてりでお困りの人もこれ1本でほてりを防ぐことができます。アイスランドの氷河水を使用しているので肌のpHを最適にしてくれます。女性の願いを叶えるため専門知識を駆使して開発されたローションです。

アルビオン 薬用スキンコンディショナー エッセンシャル

アルビオンの薬用スキンコンディショナーは、スキコンという愛称で長年親しまれている化粧品です。この化粧水は、見た目が白いのが特徴となっています。白い理由は、化粧水に含まれている油分の分子を小さくしているためです。分子を小さくすることで、肌に浸透しやすくしているのです。スキコンのエッセンシャルは、季節を問わず使用出来る化粧水となっています。

PlusRay(プラスレイ) フラーレストモイストローションプラス

とろみ感触剤フリーの本物の保湿成分と美容成分のみを配合した化粧水です。
水溶性プロテオグリカンがコラーゲン生成を促し、水溶性フラーレンが美白作用・保湿作用を発揮することでしっとり肌を実感することができます。
また、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)が肌細胞の成長促進、機能を整える役割をしているので、肌年齢を下げていく効果を期待できます。

イリューム (illume) モイスト キャプチャー エッセンス ウォーター

とろみのあるテクスチャーも、持続する保湿力の高さもまるで美容液。
コットンに含ませて拭きとれば、古い角質もやさしく取り除いて生まれたての肌に。
「奇跡の木」と呼ばれるモリンガから抽出したエキスや、イリューム独自のアクアインセルが肌のコンディションを整え、フレッシュな透明感を引き出します。理想の肌に近づける、この上なく贅沢な化粧水です。

ナリスアップ コスメティックス ネイチャーコンク 薬用 クリアローション

くすみが気になる・肌がざらつく・効果が薄いなどよくあるお悩みの原因は古い角質にあります。洗顔だけでは取りきれない角質を”ふきとり化粧水”で除去し化粧品が浸透しやすい肌へ生まれ変わることができます。古い角質を取り除くことで肌の明るさ・透明感を高める効果があります。角質除去だけではなく洗顔代わり・肌荒れ防止・美白・保湿など肌のさまざまな悩みを全て解決してくれます。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションはビタミンCを高濃度に配合したビタミン化粧水です。
100倍浸透型ビタミンC誘導体をこれまでの既存商品の2倍配合した商品となっており、肌のキメを整えるのに最適です。
オレイルアルコールなどの浸透サポート成分も配合されているので、しっかりと肌まで美容成分を届けてくれます。

リサージ コラゲリード

「リサージコラゲリード」は、乾燥や肌あれを防ぎ、肌の角層まですっとなじんでいき、きめの整った肌にしてくれる化粧水です。冬から春にかけてなどの特に肌に負担がかかるときにぴったりの化粧水と言えるでしょう。肌に優しい化粧水なので、肌トラブルに悩んでいる人などにもおすすめです。優しいローズの香りが心も休めてくれます。

化粧水ランキング21位~40位

キュレル ジェルローション

キュレルのジェルローションは、乾燥性敏感肌の人に向けて作られたスキンケア用品となっています。乾燥性敏感肌の人は、セラミドという保湿成分が少ないです。キュレルのジェルローションには、セラミドを始めとする様々な保湿成分が配合されています。したがって、乾燥性敏感肌の改善に効果的です。また、キュレルのジェルローションは顔だけではなく体にも使用することが出来る化粧水です。

素肌しずく プラセンタ化粧水

「素肌しずく」のプラセンタ化粧水はアサヒの技術から生まれた人気の化粧水です。ぷるっとしたしずくを肌に伸ばすと弾けて水に変化します。そのあと、濃密浸透ヴェールが肌の角質層までしっかりと浸透して、うるおいをキープして肌を守ります。プラセンタ、3種のヒアルロン酸、コラーゲンなど、肌のうるおい、ハリ、弾力に働きかける成分が凝縮されています。

ラクイック 朝のふくだけ洗顔水 さっぱりタイプ

朝のふくだけ洗顔水さっぱりはポンプタイプのボトルに入っていて、コットンなどに吸わせて顔を拭くタイプの化粧水です。美容成分としてはヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などが配合されています。べたつかずすぐに浸透するので、すばやく次のメイクに移れます。また天然由来の洗浄成分が配合されていて寝ている間についた汚れや皮脂などを浮かして落としやすくする効果があり、化粧水を塗るのと同時に洗顔もできるので、忙しい朝には時間短縮にもなり便利です。アルコールや界面活性剤なども無添加で肌にも優しい商品となっています。

クレ・ド・ポー ボーテ ローションイドロA

『クレ・ド・ポーボーテ』は、顔や首に使用することができる化粧水です。洗顔後に使用すると、より効果が表れます。肌の表面だけでなく、内部まで届く浸透力があり、肌荒れや乾燥を防ぐ効果があります。エイジング効果があることも特徴です。潤いのある、キメの整った肌に導きます。アレルギーテスト済みなので、比較的安全性が高い商品です。

イプサ ME エクストラ 4

保湿成分であるアルゲルミナEXが配合された化粧水です。
この、アルゲルミナEXが肌にうるおいを与えるだけではなく、ハリと透明感を与えるはたらきをします。
また、シミやソバカスの発生を防ぐことのできるm-トラネキサム酸も配合されており、保湿効果だけではなく、美白効果とのダブルの効果を期待することのできる化粧水です。

アテニア ヒアロコートローション

密着ヒアルロン酸を配合した化粧水で、この密着ヒアルロン酸が肌の隙間をカバーすることできめ細かな美肌へと導いてくれます。
冬のダメージを受けた肌に栄養を与えることのできるアミノカプセル、乾燥ダメージ対策になるハゴロモグサ葉エキスによって、表面上だけではなく、肌の奥から肌の状態を整える効果のある化粧水です。

アテニア ドレスリフト ローション

アテニアドレストリフトローションはとてもコクのあるしっとりした化粧水です。主に30代後半から40代の女性が使っています。
とろみのある化粧水なのでバシャバシャとたくさん使うのではなく、手のひらにとって肌にゆっくりと伸ばしていくように使うと浸透していくのが分かります。特に乾燥が気になる人には効果を実感できる化粧水です。香りもリラックスできて癒されます。

B.A ローション

「B.Aローション」は、POLAの化粧水の一つであり、フローラルウッディな香りが特徴的なおしゃれな商品です。乾燥肌から普通肌の人にぴったりのしっとりした肌なじみの良い化粧水です。少量でも伸びが良く、とても利用しやすいと評判です。肌はもちろんのこと、香りで心も癒してくれるリピーターの多い使いやすい化粧水です。

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W II

角質の奥まで染み込み、お肌にハリと透明感を持たせてくれるエリクシールの薬用化粧水です。メラニン生成を抑えて、シミやそばかすができるのを防ぎます。しっとりとなめらかなとろみを感じられる感触の使い心地で、お肌の隅々まで染み込んでいくのが実感できます。潤いとハリで満たされた、ぷるるんとしたお肌に整えます。

オルビス 薬用 クリアローション M(しっとりタイプ)

繰り返しできて直りにくいニキビケアに特化した薬用化粧水です。肌に潤いを与え保湿力を高める紫根エキスと、乾燥やホコリ、紫外線などの刺激から肌を守る甘草エキスが配合されています。使い続ける内に肌のコンデションを整え、肌トラブルから守ってくれます。界面活性剤不使用、無香料、無着色、無油分でしっとりタイプは普通肌もしくは乾燥肌向け。肌の抵抗力を高めて肌荒れ、ニキビに効果があります。

SHISEIDO ホワイトルーセント ルミナイジング インフューザー

資生堂のホワイトルーセントルミナイジングインフューザーは、美白成分配合の薬用美白化粧水です。肌の奥までしっかり浸透して美白エッセンスがすみずみまで行き届き、潤いと透明感のある美白肌へと導きます。メラニンが生成するのを抑える成分が配合されていて、しみやそばかすを防ぎます。内側から輝くような透明感のある、理想的な肌に整います。

アスタリフト モイストローション

とろみのあるテクスチャーで刺激もなくお肌にすっと馴染むのが特徴です。アスタリフトのモイストローションはリニューアルされましたが、今回加わったのは、劣化したまま肌に残留しているコラーゲンをクリアする機能です。コラーゲンが劣化して肌に残るとしわやたるみの原因になります。そういった悩みに答えてくれるのがアスタリフトの化粧水です。

無印良品 化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ

無印良品の敏感肌用化粧水はデリケートな肌にも使用できる低刺激なシリーズです。季節の変わり目や乾燥、ストレスでトラブルの起った肌にも使えます。さっぱりタイプはベタつき感がなく、夏場やオイリーがちの肌に合います。コットンを使用して使うと垂れる事もなく使えます。コストパフォーマンスもとても良く、大容量の400MLで980円なので値段を気にせずバシャバシャ使えるのも良いです。

オードムーゲ 薬用ローション

オードムーゲは50年以上続くロングセラーの化粧水シリーズです。中でも薬用ローションはふきとり化粧水として使え、洗顔料では落としきれない、皮脂や汚れ、古い角質を取り除きます。ニキビの原因菌を殺菌する効果もあり、コットンに含ませてニキビの上でパックをすると、炎症を抑えニキビの出来にくい肌に整えてくれます。

キュレル 化粧水 II

キュレル化粧水IIは、乾燥性敏感肌を考えて作られたキュレルシリーズの化粧水です。ユーカリエキスや消炎剤アラントインを配合しており、香料・着色料・エチルアルコールは無添加。弱酸性でアレルギーテストも行われています。保湿力は、I・II・IIIの3タイプある化粧水の中で中間にあたり、しっとりとなめらかな使用感が特徴です。

D.U.O. ザ エッセンス セラム

D.U.Oのザエッセンスセラムは、エイジングケアに特化した高濃度の化粧水です。素肌を美しくしてくれるビタミンC誘導体や、ハリや弾力を取り戻してくれるプロテオグリガン、キメを整えてくれる大豆リン脂質などが含まれています。
複合的にアンチエイジングを行ってくれる作用を持っていますので、若々しい肌へと導いてくれます。

アベンヌ ウオーター

化粧水の入りが悪い。そう感じたことはありませんか?そんなときにはアベンヌウォーターをブースターとして使えばいいことをご存じでしょうか?
アベンヌウォーターとはミストタイプのサッパリめの化粧水です。南フランスの温泉水100%で、敏感肌の方でも使いやすいものになってます。このアベンヌウォーターを洗顔後にシュッと顔に吹きかけて、そのあとに普段お使いの化粧水を使用すると、肌への浸透感が変わります。最近肌が乾燥するなと感じたらぜひお試しください。

エスト インナーアクティベート コンディショニングローション IIIタイプ

肌が本来持つ美しさを引き立てる化粧水で、潤いのあるもっちり肌に導いてくれるのが特徴です。保湿力に優れており、各層のすみずみまでいきわたります。朝晩の洗顔の後、そっと顔全体になじますだけで効果が期待できる手軽さが魅力です。ポンプ4押し分が適量となっており、たったそれだけで肌にバッチリ浸透します。微香性で無着色なため優しく肌を包み込みます。

KIEHL’S SINCE 1851(キールズ) ハーバル トナー CL アルコールフリー

整肌成分を配合し心地よい潤いで肌を包み込み、みずみずしい肌へと穏やかに整えてくれます。敏感肌で使いやすい化粧品をお探しの方にはうってつけの商品です。「敏感肌でも安心して使える数少ない化粧水」と利用者から絶大な評価を得ています。また、油っぽい肌・ニキビでお困りの人にも効果絶大です。ハーブティーのような香りでさっぱりした使い心地のキールズ商品です。

無印良品 化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ

岩手県の釜石に湧く天然水を使用した敏感肌シリーズの化粧水です。肌の保護と保湿効果の高い成分を配合し、無印良品ならではの無香料無着色及び無鉱物油にこだわり、パラペンやアルコールフリーの低刺激タイプとなっています。肌に素早く馴染み、みずみずしい潤いを与え、しっとり感を持続させます。コスパにも優れ、たっぷり使えるのも魅力的です。

化粧水ランキング41位~

ルミーチェ モイストローション

ルミーチェで採用しているフェアトレード原料をもとに作り出したアルガンオイルを使用しています。みずみずしくまろやかな使い心地で角層の隅々までスッと浸透し油分と水分を補給することで、うるおいを溜め込んだやわらかな肌へと導いてくれます。乾燥肌・冬場の乾燥でお困りの人には保湿成分たっぷりの化粧水『ルミーチェモイストローション』がオススメです。

ゼトックスタイル 会津ほまれ化粧水

福島の老舗酒蔵の「会津ほまれ酒造」が開発し、日本酒が60%配合されている高保湿化粧水です。
日本酒のほかに、厳選されたラベンダー精油と植物由来成分を配合することにより、肌への悪影響を少なくしています。
日本酒にはアミノ酸・ビタミン・ペプチドなどの栄養分が含まれていることもあり、極度の乾燥やシミ・くすみといった肌の悩みを解消し美肌へと導きます。

トワニー タイムリフレッシャーt

肌に良質なうるおいを届け、後から使用する化粧品が浸透しやすいハリ肌へ導く化粧水です。洗顔後にとろみのある美容液でマッサージしながらなじませていくとパックへ変化し角層深くまで成分を浸透させます。化粧崩れの少ない、化粧ノリのいいメイクをサポートしてくれます。他の化粧水と比べても「浸透率が違う」と利用者から非常に評価されている商品です。

ミノン アミノモイスト モイストチャージ ローションII もっとしっとりタイプ

化粧水はスキンケアの基本ですから、お肌に優しいのは絶対条件です。ミノンは敏感肌の人に人気なことから、肌への刺激が少ない製品として知られています。低刺激の化粧水は、あまり効果が実感できないものも多いのですが、アミノモイストモイストチャージローションIIもっとしっとりタイプは、保湿もできるのにべたつかない使用感で、つけ心地がとても軽いです。

アルージェ モイスチャー ミストローション II (しっとり)

界面活性剤、パラペン不使用の低刺激性化粧水です。乾燥性敏感肌やアトピー、アレルギー体質の人に広く支持されています。ナノ粒子で肌の奥まで染み込みやすく、高い保湿力が魅力です。しっとりしていながらベタつきがなく、サラッとした使い心地が特徴。スプレー式のミストタイプの化粧水で、メイクの上からでも使えます。

ゲラン オーキデ アンペリアル ザ ローション

極上の潤いを与えてくれる化粧水であり、みずみずしくふっくらとしたハリのある肌へと促します。やわらかい感触と爽快感が特徴となっており、肌のすみずみまで潤いがいきわたります。加えてローション独自が持つシステムで、スキンケアの成分が浸透しやすい肌へと導きます。ノンアルコールの化粧水であるため、肌への負担を心配せずに済みます。

クリニーク クラリファイング ローション 1.0

クリニークの「クラリファイング ローション1.0」は角質ケアができる、拭き取るタイプの化粧水です。毛穴が引き締まったり、くすみが抜けて肌がワントーン明るくなる効果があります。
また肌がやわらかくなり、その後に使うスキンケアの浸透を高めるブースターとしての機能もあります。アルコールフリーなので、敏感肌の方も安心して使用できます。

コスメデコルテ リポソーム トリートメント リキッド

スキンケアに手ごたえが感じられない、その理由は角層にありました。
角層内で潤いをため込む「肌内キャパシター」の小さい肌は水分をキープする力が弱く、肌の状態も揺らぎがち。
先進の「多重層リポソーム技術」で角層にアプローチし、肌の隅々まで潤いを浸透させることで弾むような肌へ。
初めての感触に、確かな満足を感じられる化粧水です。

クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ ローションイドラタント

澄み切った水のような感触の「クレ・ド・ポーボーテシナクティフローションイドラタント」は、肌にのせると、するりと浸透するようになじむのが特長です。
この化粧水は、肌に潤いを与え、肌本来の明るさと透明感を引き出す効果があります。
健やかな肌サイクルを促し、生き生きとした美しい肌へと導きます。
さらに、優れた美白効果にも注目。メラニンの生成を抑えますから、シミやそばかすも予防できます。

薬用ユースキンS ローション

薬用ユースキンSローションは、低刺激性の化粧水です。乳白色のジェルローションで、乾燥肌や敏感肌のケアに向いています。また、刺激が少ないので、赤ちゃんのスキンケアにも使用できます。
水のように伸びやすく、塗りやすいため、使用感はさっぱりとしています。肌に水分と油分を同時に補い、顔だけでなく、全身に使用可能です。

高清水 酒屋のスキル 化粧水

高清水酒屋のスキル化粧水は、コメ発酵液を配合した保湿化粧水です。酒蔵で働く人の手は綺麗と異口同音に言われるのは、純米酒の保湿成分が肌を保護しているからです。保湿成分が角質層へ浸透し、うるおいを与えるのはもちろん肌のキメを整えます。

リサージ スキンメインテナイザー S

季節の変化を敏感に感じ取る肌に、上質なハリと潤いを与える化粧水です。化粧水と乳液の役割を兼ね備えており、手軽に肌のメンテナンスが行えます。そしてマイルドな感触なのでべたつきや不快さを感じません。加えて、かさつきや肌荒れなどの肌トラブルを防ぐ効果が期待できます。また無香料でアルコールフリーとなっているのも安心材料です。

クレ・ド・ポー ボーテ ローションイドロC

一瞬にして肌は潤いで満ちあふれ、やわらかな手触りと肌の輝きを実感できる化粧水です。
乾燥や紫外線によりダメージを受けた肌を、角層に素早く潤いと美容成分を浸透させることできめ細かな肌に整えます。
天然のローズ、希少なランなど気分も華やぐ香りがスキンケアタイムを心地良く演出します。
さらに肌の生まれ変わりをスムーズにサポートし、透明感のある肌に導きます。

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿

ヒト型セラミドが配合された高保湿化粧水。500mlの大容量ながら1000円以下で購入できるプチプライスも魅力です。乾燥肌の方はもちろん、乾燥しやすい冬場の肌のお手入れに効果を発揮します。肌の保湿をしっかりとしたい人におすすめ。無香料無着色、鉱物油無添加で小さな子どもからアレルギー体質の方まで安心して使えます。

バリアリペア プライマルブースター

ハリや透明感の不足した肌に。次に使う化粧水の浸透を高め、角質層をうるおいで満たす導入美容液です。
コクのあるミルク状の美容液は、洗顔後の肌に伸ばせばすっとなじんで肌を柔軟に。玄米由来成分「ライスミルクコンプレックス」の高い保湿力が肌本来の美しさを呼び覚まします。刺激やストレスで一時的な不調が気になる「劣肌」におすすめのアイテムです。

ヘパソフト 薬用顔ローション

ヘパソフトの薬用顔ローションは、乾燥肌改善に効果のある化粧水です。粉をふく、ヒリヒリするといった乾燥肌に対し、潤いを与え、炎症を抑えてくれます。高い保湿効果を持っていますが、その一方でべたつきにくいのが特長です。
使用するときは、顔全体に塗っても、乾燥が気になる部分にだけ塗る、という使い方もできます。

みんなはどうやって化粧水を選んでいる?化粧水の選び方「まとめ」

30代の女性がどのように化粧水を選んでいるのか10人の方に聞いてみました。色々な肌質の方がお気に入りの化粧水にたどり着いたエピソードがたくさんあります。化粧水選びの参考になれば幸いです。

アルビオンのスキンコンコンディショナーと10年以上の付き合い

私が10年以上も愛用している化粧水は、アルビオンのスキンコンディショナーです。37歳の主婦で、子供の教育費がかかりはじめる現在は、いろいろ節約中ではありますが、この化粧水だけは使い続けています。

使い初めたキッカケは、友人からの口コミでした。社会人の2年目の頃、仕事の疲れとストレスで肌がボロボロの時期がありました。ニキビが酷い上に、乾燥から肌がゴワゴワする感じがありました。

たまたま会社の友人と仕事のストレスの話をしている時に、アルビオンのスキンコンディショナーの名前を聞きました。正直、自分自身はコスメには詳しくなく、いろいろ試してみる・・・ようなタイプではなかったので、アルビオンの名前程度しか知りませんでした。名前のみの知識で、海外のメーカーだと思っていたぐらいです。

肌がゴワゴワ過ぎて、背に腹は変えられない状況だったので、アルビオンのカウンターに行ってみることにしました。アルビオンのカウンターでは、水分量と油分量を計ってくれます。その時の詳しい数字までは覚えていませんが、いわゆる乾燥肌の状態でした。

アルビオンにはスキコン以外にいろいろラインがありますが、友人に「スキコンがいい!!」と聞いていた手前、まずはスキコンを試させてもらいました。

もともとさっぱり目の使用感が好きだったため、どうしてもサッパリな化粧水を選び、乾燥肌を誘引していたところがありました。

スキコンを初めて使った感想は、「好みの香り。使用感もサッパリだけれど乾燥する感じはしないかな・・・」という感じでした。1回使ったぐらいでは本当の実力はわからないのですが、今まで使っているものよりも肌に浸透している感じはしました。

「ひとまず一本使ってから、考えよう」と数ヶ月使っているうちに、1番効果の現れたのはニキビでした。

スキコンはハトムギなどの薬用成分が入っているので、ニキビの赤みがおさまったようです。これは良いかも・・・と半年ぐらい使った後には、肌のゴワゴワ感が解消されました。

仕事が忙しく、睡眠時間が少ない状況でしたが、スキコンのおかげて何とか肌が持ちこたえていた感じがありました。それから現在まで14年経ちますが、結局、使い続けています。

育児の疲れや紫外線の影響で肌の状態が悪い時期もありましたし、やっぱり歳相応のシミなどはできていますが、年齢よりは若く見られることが多いです。年齢的には、エイジングケアが出来るラインに切り替えてもいいのですが、スキコンの使用感が好きで、どうしても戻ってきてしまいます。 

私の希望として、スキコンの使用感はそのままで、もっと保湿が出来る化粧水できたらいいのに~と常日頃から思っています。 スキコン以上の化粧水に出会えるまで、使い続けて行くと思いますね。

オススメの化粧水「119 SEローション」

41歳の主婦です。私のお気に入りの化粧水はヤクルトから出ている化粧品で、ラクトデュウS.E.ローションと言う化粧水です。この化粧品を使い始めて半年になります。この化粧水を使い始めたきっかけは、ヤクルトの配達のお姉さんからの勧めでした。

最初はヤクルトの健康食品をその方に頼んでいたのですが、そのうちさまざまな化粧品を進められるようになりました。

ヤクルトの化粧品はなかなかお値段が張るものが多く、勧められてもあまり購入しようと言う気持ちにはなりませんでした。でもこのS.E.ローションはリーズナブルなお値段で、効果のありそうな機能が満載のようでした。

ヤクルトの化粧品には、乳酸菌が入っています。乳酸菌は腸に良いだけでなく肌にも良いそうです。

私の肌はとても乾燥しており、冬になると粉をふいたようにカサカサになります。様々な化粧水を試しましたが、なかなか自分に合う化粧品が見つかりませんでした。

私は敏感肌で、付けただけでしみるようになってしまうこともありました。この化粧水はそんなこともなく、すーっと肌に気持ちよく気持ちよくなじみました。そして毎日の洗顔の後、肌にやさしくコットンで化粧水をなじませると、その日一日、お肌がみずみずしく、お化粧のりもとても良いのです。

この化粧水は特に嫌な匂いやクセのある感覚がなく、私にとってはとても使いやすい化粧水です。

冬場の乾燥した季節はもちろんのこと、季節の変わり目である秋にも肌が荒れることなく過ごすことができました。

私が化粧水を選ぶ基準は、肌に刺激が少ないことと肌に良い成分が入っていることを重視します。そういった意味でこの化粧水は私にとって使いやすいものでした。

この化粧水にはヤクルトのオリジナル保湿成分、S.E.(シロタエッセンス)が入っています。シロタエッセンスとはヤクルトが開発した乳酸菌発酵エキスで、つけた瞬間に角質層まですーっと浸透して、潤いを肌に与えてくれます。

この化粧品の特徴はつけた瞬間に肌に浸透しているなと実感できる所です。

化粧水をつけてもすぐに肌が乾燥してしまうような感覚を覚えていた私にはこの事はとても衝撃的でした。またこの化粧水の良いところは他のメーカーの乳液やクリームと相性が悪くないと言うことです。なので私はこの化粧水を使って、今まで自分が使っていた他メーカーの乳液を使っています。リーゾナブルにお肌をリッチに保つことができます。

S.E.ローションはパケージである瓶が真紅の色で高級感が漂っているので、その見た目だけでもテンションが上がっていきます。これからも使い続けていこうと思っています。

ちふれの「化粧水 とてもしっとりタイプ」が超優秀です

38才、敏感性乾燥肌で目や口の周りや首筋がかさつきやすく肌トラブルも起こりがちな肌質です。また、乾燥が激しい冬や花粉症が始まる春先や季節の変わり目などは顔中が乾燥してパリパリになったりかゆくてガサガサになってしまうのも長年の悩みだったりします。

敏感肌なのもあり化粧水はずっと手づくりしていました。

皮膚科医が考案した美肌水と呼ばれるもので精製水、グリセリン、尿素を混ぜるだけと簡単なもので、肌にやさしくトラブルが起きたり悪化したりということがないので気に入って長年愛用していたのですが、保湿力がもの足りないのと年齢と共に感じるハリ感やツヤ感の低下が気になり始めたのもあって、市販のものでなるべく肌にやさしく安心して使えるものをと吟味し、ちふれの「化粧水 とてもしっとりタイプ」を試してみたところとてもよかったので、36才からもうずっと定番になっていて2年以上お世話になっています。

ちふれは安全で高品質な化粧品をパッケージや宣伝費をコストカットすることで値段を抑えて提供していることで有名な老舗企業です。

肌がきれいでよく若くみられていた母の鏡台に並んでいたのと、最近ではモデルさんや女優さんでも愛用者が多く、コスメ雑誌などで紹介されているのも選んだ理由ですが、やはり無香料、無着色、ノンアルコールで安心して使えるのと、原材料が材料名だけではなく分量まで記載されているのが信頼でき、スッと手が伸ばせるというのがきっかけとしてはおおきいです。

化粧水に限らず毎日肌につける化粧品は安心して使えるもの、そして肌を甘やかしすぎないためにもシンプルなものがいちばん、その点ちふれは合格といえます。

ちふれから化粧水はいくつかでていますがテスターで試したところ、さっぱりとした感触の物が多く、しっとり感をとてもつよく感じたのが現在愛用している「とてもしっとり」タイプです。

しっとりタイプの化粧水は浸透しにくかったり肌の表面でベタベタしたりいつまでもヌルヌルするものがあって苦手だったのですが、こちらはうるおいながらべたつきすぎず、ちゃんと肌にスッと入っているのを実感できますし、周りでも使っているママ友や知り合いが多いので、かなり人気が高いのでは?と睨んでいます。

ボトル入が700円でおつりがくる安さ、詰替はなんとワンコインという、こんなにうるおって使い心地がいいのにこんなに安すぎていいんですか?と、思わず申し訳なくなってしまう名品です。

ナチュリエのハトムギ化粧水を使っています

30代の女性です。ナチュリエのハトムギ化粧水を使っています。

インターネットなどの口コミで話題になっていて、価格も1000円以内と安いのですぐに購入することにしました。試用期間は2年程度です。

化粧水で肌を保湿するのが良いとはわかっていますが、良いものを買ってしまうともったいなくてついついケチってしまいがちです。この化粧水は500MLの大容量なので惜しみなく使っています。

ハトムギというと、日焼け後に使う化粧水というイメージで日焼け時にも使っていますが、普段使いで毎日愛用しています。色は白色で温泉のようで、ほんのり良い香りです。つけ心地は肌にしっとり吸い付くような感じで、じんわり肌に浸透していきます。

普段はコットンにつけてパッティングしていますが、手につけてそのままバシャバシャつけることもとあります。とにかく遠慮しないで使えることが良いです。化粧水に浸したコットンはそのままコットンを割いて、コットンパックをしています。

良い香りに囲まれて、気分が癒されます。化粧水といえども1000円以上するのが普通で、こちらの商品はかなり安いと思います。安いですが、ちゃんと潤うこともできて、肌荒れもしないので助かっています。

私が化粧水を選ぶときの基準は、きちんと潤いがあること、香りが良いことです。

化粧水は乳液の前にきちんと潤うことが必要なので、潤うことは必須です。洗顔の後の何もない状態でつけることも多いので、刺激が少ないことも大切です。

私の肌は、荒れやすく季節の変わり目や乾燥する時期は特に荒れてしまいます。

ニキビもできやすく混合肌で、合わない化粧品を使うとすぐに荒れてしまうので、荒れないことがポイントです。ですから試しやすい価格が安いのも手を出しやすくて良いです。またお試し容量のタイプのものが売っていると、まずそちらから試して自分の肌に合っているか試します。

花粉症ももっていて、赤くてひりひりすることもありますが、この化粧水は荒れないで使用することが出来ます。

ナチュリエのハトムギ化粧水は容量が多く、遠慮しないで使うことができるので、家族にも使用をすすめて使用感を気に入ってもらっています。

また、顔の肌だけでなく、デコルテや首のお手入れ、腕や足などの保湿にも使用しています。ボディークリームとは一味違ったさっぱり感があるので、夏の使用にもピッタリです。そのままマッサージしたりして、全身のお手入れにも使用しています。

とにかくアロマ系化粧水

現在37歳ですが、もともと身体はアトピー体質で非常に乾燥しやすいのに対し、顔だけは丈夫なのが取り柄です。

メイクデビューが20代過ぎと遅かったのが良かったのか年齢の割には綺麗なな肌ともいわれることもあり、乾燥しやすいですがしっかりと洗顔すればスキンケアに関してはあまり困ったことはありません。

そのため、割とどんなものを使っても肌荒れしたことがないので自分が化粧水を選ぶ基準として重要にしているものは、無添加とかオーガニックとかにはあまりこだわらずアロマ効果が期待できるものを選ぶようにしています。

とにかく香りが良く、できれば柑橘系の香りでリラックス効果があるものを使用するようにしています。しかし、香りが良くても何千円もするような高価なものではなく惜しみなくバシャバシャと使っても罪悪感のない、あまり高くないものを選ぶようにしています。 

もちろん、高いものを使用すればそれだけ肌に良いのかもしれませんが、毎日継続して使うものだからこそあまり高価なものではなく手頃なものであることが化粧水を選ぶための条件です。

加えて、小さい子供がいるのでなかなかデパートなどに買いに行くのは難しいこともあり、ネット通販やドラッグストアでも簡単に購入できるものではないとなかなか手を出せないこともあります。

現在お気に入りで使っているのは、Dramaticaの「アクアティックミスト」です。 これは、なぜかたまたまオーガニックで、自分で選んだのではなく誕生日に友人にプレゼントしてもらったもので、化粧水としてだけではなくヘアミストやプチアロマ、乾燥対策やお風呂上がりの保湿剤としても使用できる優れものです。

この化粧水をプレゼントしてくれた友人は、本人がもともと肌荒れで悩んでいた時期があり色々なコスメを試していたようで、私にプレゼントする際も自分のように荒れたりしないようにオーガニック系を化粧水を選んでくれたようです。柑橘系の優しい香りが鼻先をくすぐり、朝はやる気を出すための活力に、夜は一日の疲れをいやしてくれるアイテムとしても欠かせません。

初めて使用した時は、「なんで今まで出会えなかったんだろう!」というくらい気持ちよく以前使用していて生産終了になってしまった明色薬品の「和漢粧」を思い出す香りで非常にリラックスできます。

私は、もともと和漢粧のミカンの香りの化粧水が好きでしばらく使っていたのですが生産終了となり似たようなものがないか長い間ずっと探していて、たまたまプレゼントしてもらったこのアクアティックミストに出会えたのは幸運でした。

数多くの化粧水が出ていますが、肌に良い成分であることはもちろんですが、化粧水というのは周りの人が使っているとか人気の商品とかということよりも自分が気に入って使用できることが大切だと思います。

もちろんそれは、あまり肌トラブルを起こすことがないからこそ言えることですが毎日使うものだからこそ、妥協したくはないのです。 どんなに肌に良かろうとやはり自分の基準を大切にすることが化粧水を選ぶ上で重要なのだと思います。

一本2000円弱でお財布にも優しく、使用し始めて1年以上たちますが肌も元気で問題なく過ごしています。 公式サイトからでしか購入できず、ドラッグストアなどで気軽に替えないのが難点ですが、今後も生産終了するまで使い続けたいと思っています。

私が愛用しているちふれ美白化粧水W

今32歳の主婦です。今使っている化粧水はちふれ美白化粧水Wというものです。

ちふれ自体は5年くらい使っているのですが、美白化粧水Wを使ったのは、半年くらいです。まだ使って半年くらいなので愛用しているとは言いがたいのですが、ちふれ自体を使っているのは、値段が安いのと肌に悪い成分が入っていないと聞いたからです。

また、ネットなどの評判も安い割には良いという口コミが多かったのでこの化粧水を利用しています他にはどこにでも売ってるので買いやすいのも愛用している理由です。詰め替え用もあるので値段が安くエコな事も気に入っています。

この化粧品を初めて使ったときはちょっとにおいがするなと感じました。でも、すごく強いにおいではないので、すぐになれます。ただ、無臭ではないという事です。

他にも、化粧水を選ぶときはまず、無添加のものを選ぶようにしています。アルコールフリーなど肌に良さそうなものを選びます。あとは、値段も大事な基準です。やはり主婦なので高価なものは買えないです。ですので、出来るだけプチプラで説明の部分を読んでみて良さそうなものを選んだりしています。あとは、ネットの評判もよく見たりします。

私の肌質はすごい乾燥肌です。ですので、化粧水というよりは、乳液などは保湿力の高いものを多めに塗らないと冬は乾燥してしまいます。

本当に乾燥している日は化粧品を塗っているのに、肌がぴりぴりするときがあるのでそれが悩みです。そのためか顔にニキビが出来やすく、特に生理前になると絶対にニキビが出来たり、顔が荒れてしまうのがすごい悩みです。

毎日きれいに洗顔をしたり、保湿をしたり、食べ物に気を配っても生理前のお肌の荒れは完全には改善されます。もちろん保湿などを気をつければある程度良くすることは出来るのですが、それでも多少は荒れてしまい、荒れない月はないです。それくらい乾燥には弱く、乾燥肌には悩んでいます。

このように種類を変えてですが、ちふれを数年間使用して、愛用して以来乗り換えた事はないです。美白の効果は良く分かりませんが、肌に悪い事はないし、この化粧水を塗ってニキビが増えるなどのトラブルは一切ないのでずっと使い続けています。ベタベタしないのも好きです。塗ったときにベタベタして違和感があるものは苦手なのでこれくらいサッパリしているものが好きです。

保湿が足りないという場合は乳液や美容液で補えば良いと思っているので問題はありません。今後もちふれより良いと思うものがない限りは使い続けていこうと思っています。

ロクシタンはハーブのいい香りに包まれながらモチモチの肌になれます

34歳で現在専業主婦をしています。

一歳の娘がいて、なかなか自分のお肌のお手入れができていないのが現状です。 それでも、お風呂上がりには化粧水とクリームはせめてつけるように心がけています。

今から2年程前の妊娠が分かった時に、身体に安全で低刺激の物に変えようと思い現在使っている商品に変えました。

私が使用している化粧水は、ロクシタンのイモーテルエッセンシャルフェースウォーターです。

無色透明でとろみはあまりなくサラサラとした化粧水ですが、浸透が良くすぐ肌に入っていき、しっとりモチッとした感触になります。

保湿感は弱めですが、特にお風呂上がりや夏などはサッパリと使えますし、冬の乾燥が気になる時期はクリームと合わせて使用しています。

ロクシタンは全体的に香りがきつめですが、この化粧水も独特な香りです。

凄く複雑なハーブの香りというか、ローズマリーと摘んできたばかりの葉っぱを混ぜた様な香りというか、とにかく複雑な香りなのですが私はこの香りが大好きです。

好き嫌いはあると思いますが、この香りで毎日癒されています。

私は基本乾燥肌で、部分的にオイリー肌が混ざった混合肌です。

今までなかなかしっくりくる化粧水がなかったんですが、ロクシタンの化粧水に変えてから肌トラブルが減った様に思います。

初めて購入する際店員さんに、「肌の鎮静効果があってニキビに良い、肌のターンオーバーを正常にしてくれる」と説明を受けました。

肌が強い方ではないので使い始めは少し口の周りがヒリヒリしましたが、特に赤くなったりはしなかったのでそのまま使い続けたところ、ヒリヒリもなくなり生理前に増えるニキビが少なくなりました。

鼻の頭が常にカサカサで皮がめくれてしまっていたんですが、それも改善して潤いのあるお肌になったと思います。

私がロクシタンの化粧水を選んだ訳は、オーガニックだったからです。

妊娠して、自分が食べる物・飲む水・身体に塗る物などに気を付ける様になりました。

そこでオーガニック商材を取り扱っているロクシタンを選んだんです。

自分で香りや使用感を試してから購入したい方なので、ネットでなく店舗がたくさんあって足を運びやすいお店の商品にしたかったというのも理由の一つです。また、香りが私好みというのもあります。 

ロクシタンでも「この香りはダメだ」と思うものもありますが、この化粧水は使用感も香りも私に合っていました。

ハーブの香りが心地よく、リラックスさせてくれます。

とても気に入っている化粧水なので、今後も使っていきたいと思います。

オルビスのアクアフォースシリーズの化粧水を使っています。

30歳の主婦です。私が今使っているお気に入りの化粧水は、オルビスのアクアフォースシリーズの化粧水で、しっとりタイプの方を使っています。最初にこの化粧水を使い始めたのは2年前のことで、それから他に浮気することは一切なくリピートし続けています。

オルビスを使おうと最初に考えたのは、なんとなく肌の乾燥を感じ始めたからでした。20代も後半になり肌質が変わってきたように感じていて、それまでドラッグストアで買っていた化粧水ではきちんと潤っていないような気がしてきたんです。

いくつかサンプルを取り寄せたりお試しキットを購入したりしてみましたが、一番使い心地が良く肌なじみも良かったのがオルビスのアクアフォースシリーズでした。最初に使ったときは、翌日のうるおい感がそれまでとはまったく違っていて驚きました。トライアルキットが1,000円前後で、しかもすぐに届けてくれたのもポイントが高かったんですよね。

リピートを続けている理由としては、まず購入するのが楽だという点が大きいです。いつも通販で購入していますが、一点から送料無料でいつも注文日の翌々日には届きますし、ポイントもたくさんたまります。一緒にサンプルも頼むことができるので、色々と試すことができるというのも良いですね。これはコスパの良さという点にもつながるかなと思います。 

それから私は基本的に乾燥肌なのですが、オルビスのこのしっとりタイプの化粧水なら年中きっちり潤います。肌に合わない化粧水を使うと、朝すごく乾燥しているのでわかりやすいんですよね。オルビスを使い始めてからは、よほど前日体調を崩していたり徹夜したりといったことがない限りは、翌朝肌が疲れているということもありません。

ただし、そういう体調の悪さ等をカバーできるほどの化粧水というわけではないので、特に乾燥している日などはいつもの化粧水や美容液の他にパック等のスペシャルケアは必要だと思います。普段使いにはぴったりの化粧水ですが、トラブルを何でも解決してくれるとまでは言えないかもしれません。

私が化粧水を選ぶとき、まず重視するのは肌なじみの良さ、そして翌朝のうるおい感、最後に価格です。

お風呂上りにつけてもすっとなじみ、翌朝までその潤いが続き、かつお手頃価格なオルビスのアクアフォースシリーズの化粧水は、私にぴったりの化粧水なんですよね。今では美容液とパックもオルビスのものを使っています。ライン使いしやすいというのもオルビスの大きな魅力だといえるかもしれません。

シミ対策に有効な化粧水があるのなら知りたい!

38歳専業主婦です。化粧水は今までいろいろと試してきました。

思い返せば、高校生ぐらいの頃から化粧水をつけ始め、当時はお風呂上がりにパタパタとほっぺたに化粧水をはたくのが大人の仕草のようで、ちょっと嬉しかったのを思い出します。ただ、高校生の頃は大したケアなどしていなくても、若さのおかげでいつでも肌はプルプルしていました。

幸いなことにニキビ肌でもなかったので(たまに1つや2つのニキビが出来ることはありましたが)使っていた化粧水も母親が使っているのを少量拝借する程度でした。母が使っていた化粧水もそんなに高級な化粧水ではなかったと思います。時には自家製のアロエ化粧水のこともありました。

大学生になって初めて自分専用の化粧水を買う時、自分の肌が脂性なのか乾燥肌なのかじっくり考えてみました。ところが、自分のことなのにいまいちよくわからないほど肌について困ったことはありませんでした。

それでも、お風呂上りやお化粧をする前には肌を整えるために、また肌の水分補給に、化粧水は必要です。とりあえず、肌を乾燥させるとシワの原因になることは知っていたので、乾燥肌用の化粧水を長年愛用してきました。

オルビスやDHCなどいろいろと試してきて、一番肌に合ったのが、現在使っているロート製薬の極潤ヒアルロン液(ライトタイプ)です。

使い始めて2年以上になると思います。もともとは、友人から「極潤シリーズ、値段も安いしすごくいいよ」と聞いたので試してみることにしました。初めて使った時の肌が吸い込む感じが今でも忘れられないくらい、私の肌には本当によくなじむのが長く愛用している理由です。

若いときにはわかりませんでしたが、私の肌は部分的に状態が違っています。顔の上部はあぶらっぽく、冬でもあぶらとり紙で抑えないとおでこなどはテカってきてしまい困っていました。一方で、頬から下の方は、割と乾燥する方で、年を重ねてから、冬場は特にかさつく感じもあります。ただ、これまで色々やってみて、私のような部分的に肌質が違う人でも、肌につける量を調節すれば、全体的にいい状態にキープ出来るのではないかと思っています。

私の場合は、おでこの部分は軽く薄くのせるだけ、乾燥を感じる部分にはたっぷりとつけています。

極潤ヒアルロン液はべたつくことがないのでそれがとても使いやすいです。ただ、最近とても悩んでいるのがシミが増えてきたこと。

化粧水だけでどんどん増えているシミを減らすのは難しいとはもちろん思うのですが、シミ対策に有効な化粧水が、私に手が届く金額でもしもあるのなら、試してみたいと思っています。

香りも程よいShu uemuraの化粧水

高校生から大学生のころまではDiorというブランド名だけに惹かれてスキンケアを愛用していました。しかし、社会人になり仕事を始めると自分に合うか会わないかを考えず、名前だけで選んだ商品では肌質を良い状態で保つことが難しくなることに気づき、自分に合うスキンケアを探し始めました。

20代のうちからしっかりとスキンケアに力を入れておかないと30代、40代になってから大変なことになりかねないと知り、焦りが出たのだと思います。なんせ、当時の私はまさに20代半ばで肌にとって重要な時期だったのにもかかわらず、水分不足が原因でオイリーになるという混合肌になっていたのですから。

そんな中、出会ったのがShu uemuraでした。

現在31歳の私ですが、かれこれ3,4年ほどShu uemuraのスキンケアのみを愛用しています。しかし、常に同一商品を使用しているのではなく、その時々の肌の悩みに合うものを購入しています。

保湿重視のものや、ハリ重視のもの、または肌の奥から改善するようなものなど、様々な種類があるところも気に入っている大きな理由の1つです。

今まで3つのシリーズを愛用してきましたが、その時々の花の悩みを改善してくれています。

また、すべての商品にも言えることですが、パッケージに無駄もなくシンプルなのでどんなお部屋に置いても邪魔になることはありません。うまくなじんでくれると思います。しかし、シンプルながら一工夫あるフォルムのため、かわいらしくもあり、日々手に取るのが楽しくも感じます。あえて見えることにインテリアとして置きたくなるほどなので、隠す収納にこだわらなくてもよくなった点もうれしいポイントです。

そして何より、最初に使い始めた時に感じましたが、程よく感じる香りに癒されます。お肌のケアをしながら、気分もリフレッシュできるので、オンからオフへの切り替えがしやすくなったような気がします。

また、香水やヘアケア商品などの匂いと混ざり合うほどの強さはないので、今まで通り好きな香りの商品を楽しむことができるのもよいと思います。

私は主に朝晩の化粧前、就寝前に顔を中心に使用していますが、そのほかにも手の乾燥がひどく感じた場合、ハンドクリーム代わりに使用しています。

ハンドクリームだとべたつきが気になり、すぐにパソコンを使うのに抵抗がありましたが、化粧水だとべたつく心配がないので安心して使用できますし、化粧水自体、少しもったりと粘るような感触があり、保湿力も化粧水の中では高いと思うので、気に入っています。

この他にも色々な化粧水の紹介をしています。

私の守護神「IMY(アイ・エム・ワイ)の化粧水、ディープモイスチャーローション」

敏感肌の私が雪肌精の洗顔や化粧水がお気に入りな理由【効果を口コミします】

30代後半の乾燥肌を助けてくれたのは、プチプラコスメ「キュレル」の化粧水です

冬の空気、エアコンの乾燥肌対策に高機能化粧水「メディプラスゲル」

化粧水にまつわる、色んなエピソード集めました!

Child.

Child.

20人の女性に化粧水にまつわる、面白エピソード、失敗談、変わった使い方などを聞いてみました。

オイルの後に化粧水!ちょっと変わったスキンケア方法

現在26歳でOLをしています。普通、化粧水というと、全てのスキンケアの一番最初に肌にのせるものですよね。その後にクリームやオイルなどの油分で蓋をしてあげるというのが、一般的だと言えるのではないでしょうか。しかし、私のスキンケアは少しその順番が違っています。

私の場合、まず一番最初に馬油を肌にのせて、その後に化粧水、乳液と進んでいきます。油を先につけたら化粧水が入っていかないんじゃなのと思う方も多いと思います。私も実際最初はそう思っていました。しかし、馬油はその後につけるものの浸透率を良くするので、先につけてそのあとに化粧水をした方が効果的なのです。

実際このスキンケア方法を始めてから、乾燥肌だったのが改善されてきましたし、肌の調子は良いです。いわゆるブースターのような働きを馬油はしてくれますから、皆さんも一度使ってみてはいかがでしょうか。

馬油は界面活性剤などと違い肌への負担などがなく、また人間の皮脂と似ていて非常に馴染みやすい油です。油は苦手という方でも、すっきりつける事ができると思いますよ。特に冬場のケアとしては、この馬油を一番先につけて、その後に化粧水をつけるというやり方はおすすめできます。

化粧水で夫と大ゲンカ!!

結婚したばかりのときは夫とも仲が良く、夫婦仲は普通の夫婦に比べてよかったと思います。けんかも滅多にしたことがなく、自他共に認める仲の良い夫婦でした。そんな私たちですが、一度かなり大ゲンカをしてしまったことがあります。今思い出しても本当にバカバカしいのですが、当時は二人とも必死でした。

私は現在33歳ですが当時はまだ25歳、夫も同い年で、二人とも本当に若かったのです。現在は私は専業主婦ですが、結婚したばかりのころは私もまだ仕事をしていて、当時は事務職をしていました。

自分の稼ぎで自分のものを買っていて、当時は結婚式を控えていたこともあり結構高価な化粧品を使っていました。結婚式にむけて、なかなか手が出せないような高価な化粧水を使っていたのですが、その化粧水のせいで夫とけんかになったのです。

ある夜、夫がお風呂上がりに洗面所にいるときに用事があって洗面所を覗いたとき、夫が私の大切な高級化粧水を使っているのを目撃してしまったのです。本当にびっくりして、結婚して初めて夫に対して大声で怒鳴ってしまいました。自分が人生で最初で最後の気持ちで買った大切な化粧水を、夫が無断で使っていたのに本当にイライラしてしまったのです。夫もそんなくだらないことで怒るな、と言い返してきてそこから大ゲンカに発展してしまいました。

結局けんかは3日くらい続き、たかが化粧水でよくあんなにけんかできたな、と今でも笑い話になっています。

無添加化粧水を腐らせてしまった痛恨のミス!

生来の敏感肌に悩む、35歳の女性Webライターです。私はもう長い事「無添加」の化粧品しか使うことができず、ある国内メーカー一点張りです。今年の夏も、無添加化粧水でのりきろうとして、新たに通販を利用して取り寄せました。

きつい夏が過ぎ、秋が来て冬になり、乾燥が激しくなってきたので「そろそろ冬用の保湿化粧水に変えようかな」と思っていた矢先。残りわずかとなった、いつもの無添加化粧水をつけると、変な臭いがするのです。

気のせいかと思っていましたが、1週間続くとどうもおかしいと思いました。これは無添加化粧水が傷んでいるのだろうか…と思って何気なくパッケージの底を見ると、「無添加ですので3か月をめどに使い切って下さい」とあります。指折り数えると、化粧水を開封してから5か月が経っていました…。

使い切るのはあきらめて、勿体ないと思いつつも容器を空けました。ふと思いついて、「ヒアルロン酸入りなら、クエン酸のように蛇口がきれいになるかも?」とこすりつけてみましたが、効果は全くなし。

期日通りに使い切れなかった私のミスです。というより、化粧水も食品同様、腐って傷むものなんだ…と学ぶことのできた経験でありました。もう二度と、同じ過ちは繰り返さないようにと反省しています。

お肌に合わなかった化粧水で色んなところをケア

たまには違う化粧水を使ってみようと化粧水のランキングをみて新しい商品を試してみたけれど、使用感がイマイチだったとか、肌が荒れた、匂いが苦手だった…などいろんな理由で化粧水を使い切れずに終わることありました。

でも、正直もったいなくて捨てるのが忍びなくなり、顔以外の場所で使ってみたら意外と使えました。もともと手につけすぎた化粧水は手の甲に塗ったり乾燥しがちな肘や膝などに塗っていて、顔につけて荒れた化粧水も手や足だと荒れなかったりするので、合わない化粧水は保湿ローションとして使いまわしています。

同様に、肌に合わなかったオールインワンゲルも冬場にクリームの代わりとして使っています。少量でもうるおうので重宝します。

また、思ってたよりもさっぱりして保湿が足りなかった化粧水は、スプレーの容器に入れて寝癖直しに使っています。しっとり系のものを髪につけると髪がぺたんこになってしまったので、髪に使うならさっぱりめがおすすめです。

また、冬に足の裏やかかとがカサカサしてきたら、洗面器にお湯を張り、そこに化粧水を混ぜて保湿ローション入り足湯として使っています。足湯をしたあとは足の裏の肌がモチモチしてきます。忙しくてなかなか足のお手入れにまで手が回らない時、お風呂に入りながらケアできるのでおすすめです。

有名なお店で買った安い化粧水で大失敗

私は現在33歳、専業主婦をしています。専業主婦なので、なかなか自分にかけられるお金がなく、特に化粧品や洋服などは本当にギリギリの底値のものばかりを使っていました。

いつも同じ銘柄の化粧水をドラッグストアで1000円くらいで買って使っていたのですが、30歳を過ぎたことから、そろそろちゃんとした化粧水を使わないといけないな、と思うようになりました。

そんなとき、有名なブランドの直営店にチェックしに行ったときに、そのブランドのものとは思えないような価格の化粧水を見つけたのです。結構入って1500円くらいで、「このお店でこんな値段で化粧水が買えるのか」と本当に驚きました。テスターはなかったので、試すことはできなかったのですが、とにかく買ってみようと即買いしてしまいました。

家に帰って使ってみるととにかく全く保湿力がないのです。1回つけただけでも分かるくらい、つけてもすぐに乾燥してしまいます。もしテスターで試していたら絶対に買わなかった、というくらいあり得なかったです。

有名なブランドが出している化粧水ですし、他の化粧品はそこそこの値段がするので、失敗はないだろうと思っていたのですが、やっぱり安いものはダメだ、化粧品は試して買わないとダメだ、と再確認させられるできごとでした。

サラサラの化粧水をパシャパシャと使いたかったです。

私は20代後半で、家事手伝いをおります。私は比較的手が不器用ですので、いろいろと恥ずかしい経験が多いのですが、以前使っていた化粧水でも、少し人に言えない恥ずかしい経験をしました。

夏に、お肌がベタ付かないサラサラの化粧水を使おうと、さっそく購入したのですが、いざ使ってみると、パシャパシャ使うどころか、手からポタポタと化粧水が次から次へと垂れてしまいましたので、とても落ち込みました。

化粧水のカタログでは、女性の方がキレイにパシャパシャ使っている広告だったので、私もそのように使おうと思い挑戦したころ、現実は、ポタポタと落ちる有様でした…

その後は、自分の不器用さ加減に気が付きましたので、不毛な挑戦は行わずに、コットンに取って大切に使わせていただきました。

その化粧水は無添加化粧品で、評判も良かったですので、コットンでつけてもお肌にはとても良く、安心したのですが、私のイメージとしては、広告のモデルさんのように、爽やかにパシャパシャと付けたかったです。

普段から私の不器用さ加減に落ち込むことは多いのですが、来年こそは、いえ…いつになるかわかりませんが、いつかサラサラの化粧水を手で付けられるようになりたいと思います。

お化粧の前にも後にも使える化粧水

だいたい化粧水って、洗顔後に付けたり、コスメブランドによっては乳液の後につけたりしていまよね。

私ももちろん、洗顔後はちゃんと化粧水をつけてからメイクをしていますが、私の場合、お化粧後にも化粧水をたっぷりと使っているんです。

それはメイクがすべて完了した後に、顔全体にパフパフっとお粉をつけていくんです。

大きなフェースパウダー用のブラシや、パフで大胆につけていきます。つけ過ぎってくらい、顔が白くなるくらいつけています。

そして、その後、化粧水をスプレー状の容器に移したもので顔がびちゃびちゃになるくらい、吹っかけていきます。

顔から滴り落ちるくらいでいいです。

その後、ティッシュを顔にのせて、化粧水の水分を吸い取っていきます。

決してこすらず、ただただ、顔にのせて化粧水だけを吸い取ります。

そうすると、さっきまでお粉で顔が真っ白でしたが、その余分なお粉が取れて、肌にぴたっとお粉がくっつくんです。

そうすると一日、メイク直しをしなくても化粧崩れをすることはほとんどありません。

さすがに夏場は少し崩れますが、脂取りをするくらいで簡単にメイク直しが行えます。

お化粧前だけでなく、化粧後、お化粧の仕上げとしても化粧水は使えますよ。

いらない化粧水を消費する方法

買って失敗した化粧水や、季節的に使わなくなった化粧水などを消費するために私は三つの方法を使っています。

一つは、お風呂上りに全身にたっぷりとその化粧水を使うことです。

顔と違って、面積も大きいので、余った化粧水を消費するのに最適です。また、重ねづけしてその後にボディクリームなんかをつけると、結構しっとりが長続きするように思います。

身体は、顔に比べてそこまでトラブルはでないので、顔には少し刺激が強くヒリついた化粧水なんかでも、身体に使うと問題ない場合が多いのです。

二つ目は、めん棒に化粧水を含ませて使う方法です。

そのめん棒を使って、引きすぎたアイラインの修正をしたり、耳かきをしたりしています。

耳かきした場合は耳の周りもめん棒で掃除することで、耳たぶもしっとりします。

三つめは、リキッドファンデーションに混ぜて使う方法です。

リキッドファンデーションと化粧水を2対1か1対1の割合で混ぜ、自分好みの伸びのよさにすることができます。普段のナチュラルメイクの時やベースメイクは軽く・薄くしたい時にさっと塗れて重くならないので私は好きです。

化粧水は霧吹きでたっぷりと

26歳東京でOLをしています。私の化粧水の使い方を友人などに話すといつも驚かれるので、ここで紹介をしてみたいと思います。私は化粧水はできるだけたくさんつけるのですが、その時に霧吹きを使って顔にたっぷりと吹きかけるようにしています。

普通はコットンや手を使って化粧水を肌になじませると思うのですが、私が霧吹きを使うのはなるべく肌に触るのを避けるためです。顔の肌というのは皮膚が薄くなっていますから、できるだけ触ったりこすったりしない方が良いという事を以前皮膚科の先生から教わりました。なので、化粧水もコットンを使ったり、手で肌に叩き入れたりしないと、霧吹きでなるべう刺激なくつけるようにしています。

そのおかげかはわかりませんが、肌に触ったり刺激を与える回数が減るにつれて肌の調子も良くなっていったように思います。

スキンケアの時には化粧水だけではなく他のものも肌にのせるので、どうしてもたくさん触らないといけません。それを少しでも減らすため、水に近い化粧水は霧吹きで手をつかわずに吹きかけるようにしているのです。

簡単に誰でもできる事ですから、やってみたいと思われた方は是非一度試すだけ試してみてはいかがでしょうか。

肌に合わなかった試供品の化粧水

42歳の専業主婦です。

敏感肌であるため、自分の肌に合った化粧水を見つけるのが難しいのが悩みです。先日も試供品で貰った化粧水を使ってみたら、肌がピリピリしたと同時に、赤くなってしまいました。すぐに水で流したのでよかったのですが、あのまま肌につけた状態でいたら、湿疹や腫れといった症状が出ていたと思います。

ですが、試供品といっても結構まだ量が残っていたので、勿体ないと思い捨てられずに置きっぱなしにしておいたのです。その置きっぱなしになっていた化粧水を見た時、ふと手の保湿にこの試供品の化粧水が使えるのではないかと思い、試してみることにしました。

手なら顔の皮膚よりも強いのではないかと思ったからです。化粧水を手につけた時、顔につけた時のようなピリピリ感や赤くなるといった症状は現れませんでした。思った通り、手になら使えそうだと思い、これからは保湿用にこの化粧水を使うことにしました。

しかし、次の日の朝起きた時、手の甲に湿疹が出ていたのですすぎあの化粧水の副作用だとわかったのです。顔の様に敏感にすぐには反応がでなかったものの、やはり肌に合っていなかったのです。やはり肌に合わない化粧水は、どの部位だったとしても合わないのだということを改めて知りました。結局、試供品で貰った化粧水はまだ少し残っていましたが、捨てることにしました。

ずっと化粧水の使い方間違ってました

私は現在26歳OLの女です。ずっとシンプルケアにこだわっていて、洗顔後のスキンケアは化粧水のみで行っていました。でも、実はそんな私の化粧水の使い方は間違っていたという事が最近判明しました。というのも、肌の乾燥が酷くて皮膚科を受診した時に、先生から化粧水だけのスキンケアは逆に乾燥を招いてしまうと言われたのです。

今までずっと信じてやってきた化粧水のみのシンプルケアが勘違いだったと知り、ショックと恥ずかしさでその日は一日中落ち込みました。

化粧品も肌にとっては異物だから最低限のもので保湿をした方が良い、と思っていたのですが、化粧水のみだと保湿できないという事で今はしっかりとクリームなども使っています。シンプルな方が良いというのは間違いなかったらしいのですが、化粧水をチョイスしたのが失敗でした。

スキンケアを化粧水だけでしていたという事もあり、その化粧水には結構お金をかけて良いものを使っていたのが余計にショックが大きかったです。今まで使ってきた高いお金はなんだったの・・・という感じです。

もっと早く知る事ができていればなと後悔しました。皆さんはそうならないように、ここで私の失敗を参考にして化粧水のみでのケアではなく、クリームや乳液などでしっかりと乾燥しないように蓋をするケアをするようになさってくださいね。

いつもの化粧水がない!そんなとき私がどうしたかというと……

29歳の主婦です。私がちょっぴりケチでズボラだったが故に起こってしまった失敗談を紹介します。

その頃私は、基礎化粧品を一式通販で購入していました。わざわざお店まで行かなくていいし、送料も無料で届けてくれる素敵なサイトがあったので。もちろん化粧品もいつもそこで買ったものを使っていました。

ところがある日の晩、お風呂上りにお肌の手入れをしようとしたら、化粧水がないじゃないですか。いつもならあるはずのストックも、買い忘れていたようです。

そこで今日は手入れをしないとか、他の代用品を使えばよかったんですよね。

でも私が選んだのは、数年前まで使っていた化粧水の余りを使っちゃおう!ということでした。

通販でまとめ買いを始める前にドラッグストアで買っていた化粧水がすこーしだけ余っていたんです。もったいないからと捨てずにとってありました。化粧品なんだから使用期限があるよねってことを考えもせず……。

バシャバシャと大量にその○年前に開封済みの化粧水で肌のお手入れをして布団い入り、翌朝自分の顔をみてびっくり。赤い湿疹が顔中にできていたんです!

慌てて皮膚科に駆け込みましたが、やっぱりその使用期限の切れた化粧水が原因だろうと……。

あのとき、さっさと古い化粧水を捨てていれば。いつもの化粧水がないのならお手入れをあきらめるか、コンビニででも他の化粧水を買っていれば。後悔してもしきれませんが、いくら嘆いても治療費5,000円は返ってこないのでした。

頭皮に化粧水をつけすぎたら大変なことになった!

風呂上り、乾燥肌のこともあって、すぐに化粧水をつけないと顔がバサバサになって辛い私です。その日もいつものように風呂から出て、速攻で化粧水をパシャパシャしていました。そのとき、ふと思いました。頭皮は乾燥しないのか?感じないだけで乾燥しているのではないだろうかと思ってしまった私は、勢いで保湿でしっとりタイプの化粧水を頭に振りかけました。

前髪付近からつむじ、そしてうなじ部分など、きちんと頭皮に届いているか分らず、結構な量を振りかけました。その後、髪の毛を乾かして就寝。髪の毛も明日ツヤツヤになっていたりして、と淡い期待を抱いていました。

翌日、鏡の前には、髪の毛ツヤツヤではなく、テカテカの私がいました。油をぬりたくったようで、清潔感のかけらもないような姿でした。思い当たることは化粧水を振りかけたことぐらいしかありません。

いつもの通り、出勤ギリギリの時間に起きていましたが、この姿で会社に行くわけにもいかず、あわててシャンプーをして、髪の毛が若干濡れたまま玄関を飛び出しました。
適度ならば頭皮の乾燥も解消されて良いのかも知れませんが、やりすぎはお勧めしません。ちなみに、この件がトラウマとなり、私は頭皮に化粧水を振りかけることはしていないので、保証はできません。

海外処方の化粧水で初の肌トラブル。

主婦、37歳。夫の仕事の都合で、しばらく海外で生活をしていた時のお話です。

当初は日本から持参した化粧水を使用していたのですが、それらを使い切ってしまい現地で初めて化粧水を購入することに。

日本で見慣れたブランドの化粧水も沢山売られているのですが、せっかく海外にいるからには日本で手に入らない物を使ってみたいと思い物色を始めました。

そこで見つけたのがDIADEMINEという化粧品ブランド。

CMも頻繁に流れ、主にヨーロッパ圏内ではポピュラーなブランドの様でした。

説明文を辞書片手に読むと、どうやらアンチエイジングのシリーズでリフトアップが期待できるらしい事が分かり、肌のたるみが気になっていた私は即決。

日本は薬事法が厳しい事を知っていたので、日本では許可されていない強い効果のある成分が入っているのではと期待しつつ、早速その夜から使用してみる事にしました。

正直、使ってみた感想は「香料がきついな」と思う程度。

ヒリヒリと刺激なども一切感じませんでしたし、逆に期待した効果も即効性がある訳でもなく「こんなもんかな」と良くも悪くも特別な事は感じませんでした。

変化を感じたのは1週間ほど使用してからでした。

私はいつも化粧水をデコルテまで伸ばすのですが、その時にしみる様な感じがしたのです。

不思議に思い、よくよく肌を見ると見たことのない発疹が首全体に広がり、少し赤くなっていました。

若い頃から化粧品トラブルとは無縁の強靭な肌を自負していた私。化粧品が合わない事など有り得ないと思っていた為、原因が化粧水にある事など頭の片隅にもなかったのです。

単なる体調不良かと勘違いをし、その後も化粧水を使い続けました。

しかし、日に日に発疹は顔にまで広がり、今まで見たこともないブツブツの肌に。

その肌に化粧水がしみて痛く感じるようになって、初めて化粧水が肌に合っていない事に気が付いたのでした。

自覚してその化粧水の使用を中止すると、見る見る肌は改善され改めて原因が証明される結果に。

その時ほど、日本の厳しい薬事法が素晴らしいものだと実感した事はありません。

お家で化粧水、余ってません?

節約大好きの32歳の専業主婦です♪

大容量でお手頃価格の化粧水って ドラッグストアでよく見かけますよね。

コットンパックするときには 贅沢に化粧水を使えて、とても重宝します。

でも、毎日忙しいときにはスキンケアする暇もなく… 化粧水が全然減らない…ということがあります。

下手したら1年くらい無くならなくて それってお肌に効果があるの? というか大丈夫なの?と思うんです。

そこで、私は化粧水を顔以外に使うようにしています。身体に使うのが一番早く思いつくと思いますが そこではありません! 

まず、ああいう化粧水って蓋を開けて使うタイプのものが多いですよね。

そのままだと使いにくいので、スプレータイプのヘッドに変更します。

もしくは容器ごとスプレータイプのものに詰め替えて下さい。

それで、それをコスメボックスではなく、洗面所に置いといて… 髪の毛に使います!!

まるで寝ぐせ直しウォーターの様に使います。

化粧水は、そもそもお肌の保湿のためのものなので、パサつきやすい髪の毛にも効果があると思うんです。 

実際、私の髪の毛も寝ぐせ直しも簡単になり、なによりまとまりやすくなりました♪

とろみのある化粧水は、寝癖直しにちょっと向いていないとは思いますが、お家で使わずに減っていない化粧水があったら 是非試してみて下さい♪

体にも使える、安い化粧水

私はドラッグストアなどで安く化粧水を買っています。現在33歳、独身時代は結構稼いでいたので、高級な化粧品も買っていたのですが、専業主婦ということもあり、まず自分のものを節約することにして、自然と化粧品も安いものばかりを買うようになっていました。

それまで1本5000円くらいの化粧水を当たり前のように使っていたので、初めてドラッグストアなどで1000円くらいの化粧水を買った時は、「本当に大丈夫だろうか」とかなり不安でした。しかし最近のドラッグストアなどで売られている化粧水はかなり品質がいいものが多く、値段がとにかく手ごろで本当にびっくりしました。

値段が安いので、ばしゃばしゃ使うことができ、顔はもちろん、腕や足にも使ったりしています。ボディクリームなどは意外と高く、安い化粧水を使った方がお得な気がするのです。特にムダ毛の処理をした後の肌や、紫外線をいつもよりも浴びてしまった時など、肌のケアをいつも以上にしっかりしたいときに、体にも化粧水を使っています。

化粧水なので、ボディクリームのようなべたつきもなく、使い心地がさっぱりしているのでおすすめです。特別ケアをしたいときはその上からボディクリームをぬると最強な気がします。 安いから体に使っても気がとがめませんし、本当におすすめです。

化粧水を使った代用パック。結構良いですよ。

私は和楽器の演奏仕事をしている45歳、イベントの時は色々な方にお会いするので数日前にはいつもエステに行くのが習慣でした。

エステに行くと肌が安定して化粧のノリも良くなるだけでなく、リラックスするので良かったのですが、自分の責任が重くなるに連れて、エステに行く時間を作るのも難しくなってきたのです。

そんな時は、自宅でパックをしました。入浴後、20分程マスクをつけて横になって過ごします。 

特に翌日がイベントの時は、明日の事を頭で整理しながらパックを続けるとイメージがまとまって、次の日の仕事が楽になるんです。

ところが、ある夜パックマスクが無いのに気が付きました。

私は敏感肌なので、コンビニ等で使った事も無いフェイスマスクを買ってくるのは抵抗がありますが、明日は大切なイベント。やっぱり肌の調子を整えてのぞみたいのです。 

そう言えばエステの先生が「パックが無い時は化粧水で代用できます」との言葉を思い出しました。

確か・・・自分の化粧水をたっぷりコットンに含ませて、額や頬、口の周りと気になる箇所に置いたら、ラップで覆って20分そのままにするという物。

半信半疑でやってみると、意外と効果があり、翌日は肌の調子が良かったです。 自分のいつも使っている化粧水を使えるので安心なのが何よりでした。

ついうっかり温泉で大失敗

私は敏感肌だと思います。合わない化粧品はとことん合わず、1、2回使っただけで顔が真っ赤になったり、蕁麻疹みたいな細かいぶつぶつが顔中にできてしまい、何度か皮膚科にお世話になったことがあります。

おそらく化粧品に含まれるある成分が肌に合わなくてアレルギー反応のような形で出てしまっているんだと思いますが、その成分が何なのか特定することもできず、化粧品を購入するときは必ずパッチテストをして購入しています。

このように、普段新しい化粧品を試す時は、普通の人よりも気を遣っているのですが、先日ついうっかりしていてまた顔中に蕁麻疹みたいなのが出てしまったできごとがありました。
私は現在33歳で専業主婦なのですが、温泉が大好きで家族で毎月1回は温泉に行くようにしています。

温泉に行くのも慣れたもので、お風呂上がり用に化粧水やクリームなどを小分けにして持って行くなど、持ち物に関してもいつもきちんと揃えていました。しかし先日、化粧品を入れたポーチを忘れてしまい、お風呂上がりに肌につけるものが何もないという状況になってしまいました。

仕方がなく温泉によくおいてある化粧水を使ったのですが、それが肌に全く合っていなくて、使ってすぐに肌がピリピリし始め、翌日には顔が真っ赤になってしまったのです。やっぱり化粧品はしっかりパッチテストをしないとダメだと思いました。

化粧水を浴びる女

基礎化粧品ってシーズン毎に色んなメーカーから発売されるので凄く楽しみにしています。

私の場合は特に化粧水が好きで色んなメーカーのついつい沢山買ってしまいます。でも実際に使う量って限られていて最初は顔にしかつけないのでどんどん溜まっていました。でもそれじゃぁ勿体無いしどうしようか考えた結果、お風呂上がりに体にバシャバシャかけるようにしました。

夏はサッパリ系に冬はしっとり系にして、とりあえず化粧水を惜しまず使うことを心がけました。使い始めて1ヶ月もすると化粧水のお陰か肌はしっとり柔肌になりました。今までは乾燥肌だったので、特に冬場は手足は乾燥でひび割れかかとはガチガチ状態でした。

それが化粧水効果でまるで別人の肌に。手触りもよく彼氏にも好評でした。あまりにも効果が良かったので段々とエスカレートしていきお風呂に化粧水を入れるようになりました。化粧水=入浴剤状態です。さすがにちょっと勿体無く思って少しで試していましたがそれも段々と物足りなく感じてきて、最終的には1本全部を入れるようになりました。確かに柔肌にはなりましたが、沢山あった化粧水はむしろ足らなくなり買い足すようになりました。

そんな使い方を毎日していたのでもちろんお財布には優しくなく結局続かず柔肌も化粧水もボチボチな結果となりました。

冬は化粧水を体にも使っちゃおう!

冬は乾燥肌がひどくなりますよね。もう全身カサカサで、寝ている間にかきむしっていることも…。

もちろん、冬は乾燥防止に保湿ローションをお風呂上りに塗りますが、それでもなんか物足りないんです。ふと、顔も化粧水→乳液だし、体も化粧水→保湿ローションってケアしたら、もっと潤うかも!と思いまして、実践してみました。

買ってきたのは安くて大容量の化粧水です。体に使うので高い化粧水よりも、思いっきりバシャバシャ使える化粧水にしました。

お風呂上りに、保湿ローションの前に化粧水を全身に塗りたくります。保湿ローションと違って、なんだか肌に染み込んでいくのがわかる~!そしてそのあと、いつもの保湿ローションを塗ります。化粧水のおかげで肌なじみがよく、化粧水を塗っていないときより伸びがよかったです。保湿ローションの節約にもなります。

肝心の効果は、期待以上に良かったです!朝になってももっちりしていました。

冬はニットをよく着ますが、会社の暖房でどんどん肌が乾燥してしまって、ニットの繊維が乾燥した肌にチクチク当たって、すっごくかゆくなっていました。でも、化粧水→保湿ローションにしてからは、会社でニットを着ていても前よりかゆくなくなりました。

お風呂上がりの化粧水→保湿ローションは冬の全身ケアの定番にしようと思います!

終わりに

肌質や一人ひとりの肌状態によっても異なる、基礎化粧品の選び方。「まだ大丈夫」と思っていても、肌の衰えやトラブルは、少しずつあなたに忍び寄ってきます。

5年後、10年後の自分が後悔しないように、今回ご紹介したポイントを参考に、今から年齢や肌質、肌トラブルに合った基礎化粧品を見つけ、正しい方法でスキンケアを行ってみてください。

あなたの肌がこれからも明るく美しくあることを応援しています。

\ SNSでシェアしよう! /

30代、40代基礎化粧品人気ランキング&おすすめスキンケアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

30代、40代基礎化粧品人気ランキング&おすすめスキンケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 肌の乾燥にココナッツオイルの洗顔石鹸、VCOマイルドソープの口コミ

  • 30代、40代に人気のくすみ、毛穴の黒ずみにはこの洗顔料、~然~よかせっけんの口コミ

  • 40代の肌を変えるヴァーナル化粧品、洗顔石鹸入りお試しセットの口コミ

  • まるで美容液!アンチエイジング効果抜群の美肌神オイル12選

  • 40代の救世主!?しわ、たるみ、ほうれい線を改善するユーグレナ(ミドリムシ)のオールインワンゲル化粧品「ONE」

  • シミ、シワに弱アルカリ性無添加、塩入り洗顔石鹸のタナカミネラルソープの口コミ