1. TOP
  2. インナービューティ
  3. 医者も驚く!ココナッツオイルのすごい効果!簡単ダイエット、肌(顔)や髪、料理での使い方

医者も驚く!ココナッツオイルのすごい効果!簡単ダイエット、肌(顔)や髪、料理での使い方

    スーパーモデルのミランダ・カーさんやローラさんが、積極的に摂っていることで話題になっているココナッツオイル。以前は、健康にはあまり良くないオイルとされていたのですが、この十数年で成分の研究が進み、健康やアンチエイジングに超効果的だということが分かってきました。

    「脂肪を燃やす奇跡のオイル」とも呼ばれ、ココナッツオイルはますます注目されています。普段使っている油を変えるだけで健康になれるなんて、これ以上簡単な健康法はありません。

    はるかちゃんもTVでココナッツオイルのことを知って、気になっているようです。

    はるか
    ほえー。ココナッツオイルって痩せるんだー。油を変えるだけでいいなんて、面倒くさがりのわたしにピッタリ!試してみたいなー♪(わくわく)
    アフロディーテ

    ココナッツオイルは、痩せる効果の他にももっと注目されている効果があるのよ。

    はるか
    あっ、女神さまっ。痩せる効果以外にもすごい効果があるんですか?もしかして・・・モテる効果とか!?それとも、面倒くさがりが治るとか!
    アフロディーテ

    残念ながら、そんな効果はないけど・・・

    Afro Girl,Abstract Background

    はるか
    し、知りたーい!

    このページの目次です♪

    なぜ、ココナッツオイルをとるとダイエット効果があるのか?

    いくつかの研究結果で、他の生活は何も変えないで、食事でとる油をココナッツオイルに変えただけで、1年間で数キロ痩せたという成功報告があります。
    他にも、ココナッツオイルを食事に取り入れるようになって、お腹まわりの贅肉が減って「くびれ」ができたという報告もあるそうです。
    お腹まわりって、一番痩せたいけど、痩せない部分ですよね。

    はるか
    どうして、ココナッツオイルは他のオイルと違ってダイエット効果あるんだろう・・・。どの油もカロリーは同じだし、変わらないような気がするんだけど・・・。なにか理由があるんだろうなぁ。
    アヌビス

    私が説明しよう。

    はるか
    ああっ、医学の神、アヌビスさまっ。お願いします!
    アヌビス

    ココナッツオイルが「脂肪を燃やす奇跡のオイル」と呼ばれるのは、ココナッツオイルを食事に使うと体の脂肪組織に蓄積された「中性脂肪」を下げる作用があるからだ。

    補足:中性脂肪とは

    中性脂肪は体脂肪と呼ばれている中の一つで、体脂肪の90%が中性脂肪です。
    中性脂肪はエネルギーに変換されやすい性質を持っていますが、体内に溜めすぎると高脂血症、動脈硬化、肥満、糖尿病などの原因になることが分かっています。

    肝臓で中性脂肪が増えすぎた状態を「脂肪肝」といいます。

    はるか
    ほえっ!?ココナッツオイルをとると中性脂肪が減る!?油をとると体の中の脂肪が減る・・・。???
    アヌビス

    その秘密は、ココナッツオイルの成分の50%以上を占める、中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)にある。

    中鎖脂肪酸は、素早く肝臓で燃焼されるのでエネルギーになりやすい。一般的な油に多く含まれている長鎖脂肪酸にくらべて5倍の速さで分解され、代謝は10倍速い。

    中鎖脂肪酸を多く含んでいるココナッツオイルは、脂肪として蓄積されにくくダイエット中に利用するのに向いているというわけだ。さらに中鎖脂肪酸は燃焼する時に、中性脂肪も一緒に燃焼してくれるので、「脂肪を燃やすオイル」と呼ばれるのだ。

    はるか
    なるほどー。普段使っている油をココナッツオイルに変えると、中鎖脂肪酸のお陰で脂肪になりにくく、ついた脂肪も一緒に燃焼するのでダイエット効果があるんですね。すごーい!
    アヌビス

    中鎖脂肪酸は、30年ほど前から手術後や、未熟児の栄養補給に医療現場でも利用されている健康的な脂肪だ。ココナッツオイルは食用できるオイル中でもかなり優秀なオイルだ。

    はるか
    医療現場でも利用されているなら安心して摂れますね!

    ダイエットをすると揚げ物やアブラっぽいもの、肉類を控えてカロリーを抑え、サラダや野菜を多く食べたりしませんか?
    生活習慣病の食事療法としても知られている「低脂肪ダイエット」です。
    しかし、脂肪は体を動かすエネルギーになるので、むやみに脂肪をとる量を減らすと体がだるくなったり、肌のハリがなくなることが分かっています。

    体重が減っても食べる物はずっと制限、体はだるくなる、肌の調子がいまいち良くないではダイエットが成功しても嬉しさも半減です。

    普段つかっている精製された植物油、マーガリンなどをココナッツオイルに変えるだけでもダイエット効果があります。
    ココナッツオイルは消化を助けてくれるので、胃腸の調子が悪い時に積極的にとるようにするのもオススメです。

    ストレスを少なくダイエットできるのは続けやすいですし、体調不良にもなりにくいので嬉しいですね。

    ココナッツオイルをダイエット目的で利用する時は、糖質制限も一緒に行った方が効果が高いと言われています。
    糖質制限は、お肌の老化の2大原因の「糖化」に有効なので、食事でのアンチエイジング効果も期待できますよ。

    補足:糖質とは

    糖質は甘いお菓子などを思い浮かべますが、白ご飯や食パンなどにも多く含まれています。
    糖質を制限する量は今のところ明確な基準がありません。
    目安としては、糖質が含まれる食べ物を今までの60%くらいにするのが良いでしょう。
    糖質を制限することは糖尿病の予防にもなり、注目されています。

    補足:糖化とは

    タンパク質や脂肪などが食事から摂取した「糖」と反応して性質が変わります。
    この反応が「糖化」と呼ばれています。

    この反応が起きると、「AGEs」という老化物質が生成されることが研究で明らかになりました。
    残念なことに、一度できてしまった老化物質「AGEs」は自然に分解されることなく体内に蓄積されていきます。

    この糖化反応が起きると、コラーゲンの弾力が失われてしまい、お肌のハリがなくなり、シミ、シワ、くすみの原因になり透明感もなくなってきます。

    糖質は、体に必要なものなので全くとらないのは良くないですが、とり過ぎると糖化の原因になるので注意しましょう。

    ダイエットだけじゃない!ココナッツオイルのすぎる5つの効果

    coco1

    ココナッツオイルの成分は60%が中鎖脂肪酸でできています。

    jzfj45u2

    出典:ココナッツオイルつかいこなし事典

    中鎖脂肪酸はダイエットに良いだけではなく、ココナッツオイルに含まれている他の成分と一緒にたくさんの働きをします。

    1. ホルモンバランスを整える
    2. 腸内環境を整える
    3. アルツハイマーの改善
    4. 代謝が上がる
    5. スキンケアオイルとして

    ひとつひとつを見ていきましょう。

    1,ホルモンバランスを整える

    ココナッツオイルは、ホルモンを作り出すために必要なプレグネノロンが含まれていることが研究でわかりました。

    ラウリン酸もホルモンの生成に重要な役割をしています。
    ココナッツオイルをとれば女性ホルモンの原料を補給できるので、ホルモンバランスの調整がスムーズにできます。

    特に女性はホルモンバランスが崩れやすく、体調やお肌にも影響がでるので、ホルモンバランスを整えることは毎日を元気に過ごすにも大切です。

    2,腸内環境を整え、便秘や下痢の解消につながる

    ラウリン酸は母乳にも含まれる成分で免疫力を高め、炎症を抑える働きがあるとされています。
    体内に入るとラウリン酸はモノラウリンに変化し、強い抗酸化作用、抗ウイルス作用の他、比較的短期間の間に腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減少させる働きをします

    食物繊維やビフィズス菌を含むヨーグルトと一緒にココナッツオイルをとれば腸内環境が整い、便秘や下痢の解消、アレルギー抑制の効果もあります。

    3,アルツハイマーの改善

    アルツハイマーの人は脳の栄養源であるブドウ糖を脳が吸収しにくくなり、栄養不足になり脳細胞が減少していきます。
    アルツハイマーを改善するために、脳に栄養を送らないといけません。

    ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は、体の中に入ると、肝臓で分解されてケトン体に変わります。
    ケトン体は、ブドウ糖の代わりに脳の活動エネルギーになってくれるので、栄養不足による脳細胞の減少が抑えられます。
    その結果、アルツハイマーの改善がされるということです。

    脳にエネルギーの補給ができるということから、朝にココナッツオイルをとると脳の働きがよくなると言われています。

    4,ココナッツオイルを食事に使うと代謝がアップする

    ココナッツオイルに含まれているビタミンEと中鎖脂肪酸の相乗効果で、血行促進とお肌の代謝がアップしアンチエイジング効果も。

    血流が活発になると免疫力が上昇し、ウイルスなどに感染しにくくなります。
    元々、体にある免疫細胞を強化してくれるので、病気になりにくい体に。

    5、ココナッツオイルでスキンケア♪肌(顔)や髪の毛ケアオイルとしておすすめの使い方

    ココナッツオイルは食べるだけでなく、美容オイルとしても良い効果を発揮してくれます。

    • 洗浄力が強いので、落ちにくいメイクを落とす時に使う
    • SPF値が4あるのでUV(紫外線)対策効果があり、サンオイルとして
    • マッサージオイルとして(オイルの保湿効果を利用)
    • シェービング後のカミソリ負けや肌荒れ防止に
    • 肌の乾燥や爪のケアに
    • ヘアケアに

    ココナッツオイルは24.4℃になると固まるので、そのままスキンケアで肌や髪に使うには少し手間がかかるかもしれません。
    他のオイルとブレンドすると固まらなくなります。

    使い勝手も考えると、他のオイルとブレンドして使うのがスキンケアで使用する場合はおすすめです。
    ブレンドでおすすめなのはオリーブオイル、ホホバオイルです。

    ココナッツオイル1に対して、ブレンドするオイルが1の割合が、ココナッツオイルの効能も生かせます。
    オリーブオイルとココナッツオイルの組み合わせは、料理でも活躍します。

    ココナッツオイルは保湿力が高いので、肌が敏感になっている時はココナッツオイルをつかった洗顔石鹸を使うと刺激が少なく敏感な肌をケアできます。

    ここでは、アフロな女神がおすすめするスキンケアオイルとしての4つの使い方を紹介します。

    ココナッツオイルは、髪のケアに超優秀

    ポリネシア地方の人々の髪が黒々してふさふさなのは、古くからココナッツオイルで髪の毛をケアをしてきたためだと考えられています。

    ラウリン酸とビタミンEのダブル抗酸化作用で、ココナッツオイルは美容オイルの中でも頭皮のアンチエイジングに一番向いています。さらに育毛効果や白髪防止効果もあるので、髪が健康なうちにケアしておくといいですね。

    洗いあがりの髪に、ココナッツオイルをほんの少し洗い流さないトリートメントととしてつけるのもいいですし、ヘッドスパや頭皮マッサージに利用するのもおすすめです。

    1,ココナッツオイルで髪サラサラ!簡単ヘッドスパ

    2e02f69a36527f62e8460ab3aaff8f28_s

    ココナッツオイルだけで頭皮ケアしてももちろん効果は高いのですが、オイルでマッサージする前に「炭酸水」でヘッドスパのように頭皮マッサージをしてからオイルでマッサージすると、毛穴に詰まった「酸化した皮脂」や汚れが落ちやすくなり、血行促進にもつながります。

    やり方は簡単です。

    常温または少し冷たい炭酸水で、頭皮をマッサージします。(ヘッドスパ)

    次に、小さじ1杯のココナッツオイルで頭皮をマッサージします。

    時間がある時は、ココナッツオイルを洗い流さずにタオルを巻いて2時間ほどおいてからシャンプーすると、髪にオイルが浸透するのでより効果的です。

    時間がとれない時は、ココナッツオイルオイルを流さずに蒸しタオルで髪を包みラップをして、蒸気を逃さないようにして10分ほど置きます。

    頭皮をマッサージしながらシャンプーで洗い流します。

    洗った後は毛穴の汚れがとれて、髪に栄養補給もできるので普段と違う爽快感がありますよ。

    頭皮の汚れが気になる時は、3,4日に1度くらいのペースでココナッツオイルヘッドスパやると効果が実感しやすいと思います。

    2,はちみつとココナッツオイルでパック♪週1のスペシャルケア

    肌の調子が良い時に、是非試していただきたいのがココナッツオイルとはちみつのパックです。
    非加熱のはちみつの栄養分と、ココナッツオイルの栄養分が肌へ浸透し美白、くすみ解消、高保湿ができます。

    やり方は簡単です。

    洗顔後の顔にココナッツオイルとはちみつを1:1で混ぜあわせたものを全体に広げパックのように2分ほど置いてぬるま湯で流します。

    普段行うパックよりも時間も短いので、時間がないけど美肌を目指したい人におすすめです。
    はちみつの効果をさらに知りたい場合は「美肌効果が劇的UP!万能はちみつ効能スキンケア8の方法」をご覧になってみてください。

    3,ココナッツオイルでうがい

    ココナッツオイルの強い殺菌作用、抗ウイルス作用を利用して歯周病、口臭予防などになります。
    うがいをいつするのが一番良いのか?答えは口臭予防なら朝、歯周病や病気の予防なら寝る前がおすすめです。

    唾液の量が少なくなっている方は、ココナッツオイルでのうがいを毎日やることによって唾液の量も多くなります。
    表情筋のトレーニングも兼ねてやってみましょう。

    ココナッツオイルを使ったうがいの時間や方法

    少量のココナッツオイルを口に含んで、舌を使って口全体に行き渡らせるようにします。(時間にして5~10分間)
    うがいをする場合、ココナッツオイルは口の中で溶けるので、固形のままでも大丈夫です。

    うがいをしている時、ほうれい線の内側を意識するとほうれい線ケアにもなります。

    途中、飲み込んでしまいそうになりますが飲み込まずに我慢して続けましょう。
    慣れるまでは、口に含んだココナッツオイルが気持ち悪いと感じてしまうかもしれません。

    吐き出した後は食塩水ですすぎます。

    4,ココナッツオイルをお風呂にいれてスベスベ肌を手に入れよう

    a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

    効果の高いココナッツオイルを低刺激で使うおすすめの方法は、ココナッツオイルをお風呂に入れることです。

    保湿効果バツグンでお風呂あがりの肌の乾燥は全くなく、すべすべです。

    湯船の大きさにもよりますが、ワンルームマンションについているお風呂くらいの広さならココナッツオイルを小さじ1杯もいれれば十分。

    お風呂に浸かりながら、気になる部分をマッサージをします。
    マッサージしている時点で体についた汚れも一緒に落とせます。

    お風呂から上がって、オイル感が気になるようであれば石鹸で軽く洗い流します。
    気にならない場合はシャワーで全体を撫でるように洗い流して終了です。

    股、脇、足の裏はオイルが残りやすいので入念に流しましょう。(お風呂で滑り、怪我の原因になります。)
    こすらないようにタオルで水気をふき、ボディケアや化粧水をつけます。

    タオルに若干オイルが残りますので、バスオイル用のタオルをひとつ用意しておくと良いでしょう。

    お風呂前、お風呂あがりにココナッツオイルを使うのもおすすめ

    お風呂にココナッツオイルを直接いれるのもいいですが、お風呂に入った後のお湯を洗濯に使う場合は、お風呂にココナッツオイルを入れるのは難しいですよね。
    そんな場合はお風呂あがりにココナッツオイルを体に塗りましょう。ココナッツオイルを少し温めて液体にしてから体に塗ると保湿ができます。

    お風呂前にココナッツオイルを塗るのは慢性的な湿疹や乾燥がひどい時におすすめです。お風呂のお湯にココナッツオイルを入れた時と同じ効果があります。

    他にもこんな効果が!ココナッツオイルは体を冷やす

    一年中暑い国で重宝されてきたココナッツオイルは、体をクールダウン(冷やす)させる効果があります。
    科学で解明される前に、こんなこともわかって使っていた現地の人の自然の知恵はすごいですね。

    また、軽い皮膚炎はココナッツオイルを塗るだけで治ったという事例もあるそうです。

    ココナッツオイルにはスキンケア用と食用がある

    Amazonなどのレビューをみていると、スキンケア用のココナッツオイルを料理に間違って使ってしまった人もいるみたいですが、心配な健康被害的なものはなく使えているそうです。
    料理にもスキンケアにも使いたい場合は、食用の非加熱バージンオイルを購入すると良いでしょう。

    ココナッツオイルに囁かれる3つのネガティブな意見

    健康やアンチエイジングに超効果的で、セレブも夢中なココナッツオイル。
    いいことばかりのようですが、ココナッツオイルに対するネガティブな意見もあります。

    ネットでよく見かける噂の真相を調べてみました。

    1,体を冷やすオイルが冷え性を改善?

    imasia_2119351_M-002

    スキンケアや食事に利用すると、体を冷やす効果があるココナッツオイルを食事に取り入れることによって、75%の人が冷え性が改善したというデータがあるそうです。

    体を冷やすと言われているオイルが、冷え性を改善するというのは不思議な感じがしますよね。

    冷え性の原因は、大きく分けて5つあります。

    • 自律神経の乱れ
    • 女性ホルモンの乱れ
    • 血液の循環が悪くなる
    • 皮膚の感覚が悪化
    • 筋肉量が少ない

    ココナッツオイルをとることで、自律神経の乱れ、女性ホルモンの乱れからくる冷え性を改善できると期待されています。
    女性ホルモンと甲状腺は密接な関係があり、女性は甲状腺の病気にかかりやすいと言われています。

    甲状腺から分泌されるホルモンは、自律神経の調整、内臓の働きを正常にするための調整、新陳代謝を活発にするなどの働きがあります。
    自律神経の乱れは、体の冷えだけでなく神経性胃炎、過敏性腸症候群、過呼吸症候群、自律神経失調症など様々な影響を及ぼすので、甲状腺機能を整えることはメンタル面でのアンチエイジングとしても有効です。

    あるデータでは、40~50代の女性の10%は「甲状腺機能低下症」にかかっていると言われていて、甲状腺機能の機能が低下すると以下のような症状がでます。(全部ではなくいくつかの症状の場合もあります。)

    • 体が冷える(冷え性)
    • 体温の低下
    • 肌荒れ
    • 肌のかゆみ、乾燥
    • 髪がぱさつく、ボリューム感がない
    • 顔や足のむくみ
    • 体重の増加
    • 月経異常(生理不順)
    • やる気がでない
    • コレステロールが高い
    • 疲れやすい
    • 汗が少ない
    • 鬱っぽくなる

    特徴としてはどの症状も重くなく、軽いけど頻繁に感じられるということです。
    なので、他の原因からくる冷え性、更年期障害、原因の分からない体調不良(不定愁訴)だと思ってしまい見過ごしがちになります。

    いくかの症状が長期間続いているようなら、一度診断を受けたほうが良いかもしれません。

    そして、甲状腺機能を低下させる原因のひとつとなっているのが、普段使用している油にあることが分かってきました。
    一般の家庭や飲食店などでよく使われている、揚げ物や炒め物用の油は、多価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
    多価不飽和脂肪酸を多く含む食品や精製植物油を過剰摂取すると、体重の増加や甲状腺機能を低下、代謝が下がると言われています。

    現代の食生活では、多価不飽和脂肪酸は魚の油などから1日の必要な量を摂れるので、調理用の油などからとると過剰摂取になる傾向があることが分かっています。
    普段使っている油をココナッツオイルに変えるだけでダイエットだけでなく、甲状腺機能の向上とかなりのメリットがありそうですね。

    2,ココナッツオイルに含まれている飽和脂肪酸をとり過ぎると、心臓病になる可能性が高くなる

    飽和脂肪酸をとり過ぎると、心臓病になると言われているのは、血中のコレステロール値が上昇するからです。

    ココナッツオイルは、飽和脂肪酸がオイルの成分の大半を占めています。
    アンチエイジングの効果が高くても、生活習慣病になる可能性が高くなるのはイヤですよね。

    調べたところ、伝統的にココナッツを食べる太平洋諸島の人々は心臓病になる人が非常に少ないことが分かっています。
    さらに研究でココナッツオイルをとっても「コレステロール値を上昇しない」ことが明らかにされました。

    ココナッツオイルに含まれている飽和脂肪酸の大半は、「中鎖脂肪酸」だからです。
    中鎖脂肪酸は、善玉コレステロールの働きを助け、悪玉コレステロールを低下させる働きを持っています。

    だからといって、オイルを大量にとり過ぎるのは体脂肪が増え、肥満の原因にもなるので注意が必要ですが、生活習慣病になるリスクは、普段使っている精製油よりもずいぶん低くくなるのは確かです。

    3,ココナッツオイルのとり始めは体調をくずすことがある?

    全体の割合からするとごくわずかですが、解毒作用でいわゆる好転反応と呼ばれるものが出る人もいるそうです。

    お腹をくだす、湿疹ができる、胸焼けなど症状はいずれも軽く1日~数週間と個人によって差があります。
    症状が収まったら、徐々に体調が良くなってくるのを感じられるようになります。

    食事制限なし!?ココナッツオイルを食事で取り入れて健康的な体を手に入れる

    cb7ef628c9c34f5786035038d8869be2_s

    これまで見てきたように、ココナッツオイルを食事に取り入れることで体にとって良い効能がたくさんあります。
    ミランダ・カー、アンジョリーナ・ジョリーさん達は、ココナッツオイルの魅力を感じて食事に取り入れています。

    日本の芸能人や有名人の方も食べている方が多いです。
    「もはや美人のマストアイテム!大注目の”ココナッツオイル” 芸能人たちの使い方」

    ココナッツオイルは、1日大さじ2杯~4杯が適量とされています。

    ココナッツオイルには若干甘みのある香りがするので、それを利用して糖質制限の食事にも活躍してくれます。
    糖質制限をしても、中鎖脂肪酸が脳にエネルギーとなるケトン体になってくれるので、朝の食事前にとるとシャキッと一日を始められるでしょう。

    ココナッツオイルに料理での基本的な使い方は、普段つかっている油をココナッツオイルに変更するだけです。

    ココナッツオイルを使ったダイエットできる簡単料理レシピ

    ココナッツオイルを料理に取り入れようと思っても、どんな料理に合うのか分からない場合もあると思います。

    食事からとる脂分を減らすという条件付きですが、一番簡単な方法は普段飲んでいるコーヒーや紅茶、ハーブティーなどに入れることです。
    この方法は、「所さんの目がテン」でも紹介されました。
    ココナッツオイルをコーヒーにいれると分離するので気になる場合はミキサーで軽く混ぜあわせるようにすると良いでしょう。

    ほんのり薫るココナッツオイルの風味が、違和感なくマッチします。
    スムージーを作る時に一緒に入れてもよいでしょう。
    トレーニングをしているなら、プロテインに混ぜるのも良いかもしれません。

    スムージーやサラダに使う時は、固まりのままは使いにくいので液体にしてから使うようにしましょう。

    また、オイルの甘みを活かして、いつも使っている調味料と混ぜ合わせるのも簡単な方法です。
    もう一つは、炒めものをする時の油をココナッツオイルに変えてしまうことです。
    炒めものなら「なんでも合う」というわけではありませんが、簡単に取り入れられる方法です。

    これからご紹介するレシピはイタリア料理、和食経験が10年以上ある調理師が、クックパッドや書籍を参考にココナッツオイル効果を考え作成しています。
    ※画像はイメージです。

    ココナッツオイルを入れたグリーンスムージーのレシピ

    Green smoothie with parsley on wooden table

    材料

    • ほうれん草や小松菜 4分の1
    • バナナ 1 本
    • りんご 2分の1
    • ココナッツオイル 小さじ2
    • 水または豆乳 200ml

    作り方

    ミキサーにココナッツオイル以外の物をいれてミキサーにかけて、滑らかになったらココナッツオイルを入れて少し撹拌します。

    ポイント

    ココナッツオイルをはじめから入れると、オイルが固まって分離してしまうことがあります。
    栄養価を考えるなら、水よりもタンパク質を補給できる豆乳の方が良いでしょう。
    ココナッツオイルが固まるのが気に場合は、エクストラヴァージンのオリーブオイルをココナッツオイルに少し混ぜると固まらなくなります。

    パイン、キウイ、ヨーグルトのココナッツオイル入りスムージー

    kiwi smoothie in glass

    材料

    • ココナッツオイル 小さじ2
    • パイナップル 130g
    • キウイ 1個
    • プレーンヨーグルト 200g

    作り方

    パイナップル、キウイは皮をむいてミキサーに入れ、ココナッツオイル以外の材料も入れる。

    ミキサーにかけ、滑らかになったらココナッツオイルを入れて軽く撹拌する。
    ダイエットに効果的なココナッツオイルのレシピです。

    ヨーグルトで乳酸菌とココナッツオイルの整腸作用で便秘が続いている時もおすすめです。
    ココナッツオイルが固まるのが気に場合は、エクストラヴァージンのオリーブオイルをココナッツオイルに少し混ぜると固まらなくなります。

    ココナッツオイルを使ったシナモン風味の焼きリンゴ

    ringo

    材料

    • りんご 1個
    • シナモン 適量
    • ココナッツオイル 小さじ2杯

    作り方

    りんごは芯を取りたべやすい大きさにスライスする。

    フライパンにココナッツオイルを入れてりんごがしんなりするまで火を通す。

    お皿に持ってシナモンを振りかける。

    ポイント

    ローラさんがTVで作った、ココナッツオイルをつかったりんご料理です。
    簡単にできますので試してみてください。

    甘みが少ないようなら少しハチミツをかけてもよいでしょう。
    はちみつは甘みはありますが砂糖よりも糖分が少なく、ミネラルなど、他の栄養素も豊富です。

    ココナッツオイルカレースープ風のチキンカレー

    asian soup

    材料

    • 鶏もも肉 1枚
    • 玉ねぎ 1個
    • 人参 1本
    • トマト 2~3個
    • カレールー 適量
    • ココナッツオイル 大さじ3杯
    • 鶏ガラスープ 500ml
    • にんにく、しょうが 適量

    作り方

    鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、塩コショウで下味をつけておく。

    玉ねぎ、人参は皮をむいて、食べやすい大きさに切る。

    トマトはざく切りにする。

    にんにく、生姜はみじん切りにしておく。

    ココナッツオイルを鍋に入れてにんにく、生姜を炒める。

    香りが出てきたら玉ねぎ、人参を中火より少し弱い火で炒める。

    フライパンにココナッツオイル(大さじ1)をいれ、熱して焦がさないように鶏もも肉を焼いていく。

    鶏もも肉の表面が焼けたらトマトをいれてフライパンについた旨味をこそげとる。

    鶏もも肉とトマト、でた煮汁を玉ねぎなどが入っている鍋に入れる。

    鶏ガラスープを入れて15分ほどアクを取りながら煮込む(材料が柔らかくなるまで)

    材料に火が通ったら弱火にしてカレールーを入れて味をととのえる。

    ポイント

    出来上がりすぐよりも、2時間ほど置いてからのほうが味がまとまって美味しくなります。

    鶏ガラスープがなければコンソメでもいいですし、鶏ガラの半分をココナッツミルクに変えても美味しくできます。

    アクを取る時にオイルまで一緒に取らないように注意ましょう。
    オイルの量が多いと感じた時は、鶏もも肉の皮から油がでています。その時は半分ほど残して油を取りましょう。

    寒い時期にココナッツオイルを料理に使う場合は、しょうがと一緒に料理すると冷えが解消されます。
    このレシピは、しょうがとの相性もバッチリです。

    他に季節の野菜を入れてもよいでしょう。

    ココナッツオイルとはちみつでアーモンドトースト

    材料

    • ライ麦パン 1枚
    • アーモンドスライス 適量
    • ココナッツオイル 適量
    • はちみつ 適量
    • 作り方

    パンにココナッツオイル、はちみつの順で塗り、アーモンドプードルやスライスを散らしてオーブンやトースターでこんがり焼く。

    ポイント

    糖質制限を考えて、食パンや砂糖を使わずにライ麦パンで作ります。

    アーモンドは栄養が豊富でアンチエイジングにも欠かせない食材です。

    普段食べている食パンを、ライ麦パンに変えてみる。
    こういったところから糖質制限をしていくと始めやすいと思います。

    赤みの牛肉(もも肉)を使ったココナッツオイルソテー

    Hot salad with eggplant, beef and pepper. Asian cuisine

    材料

    • 牛もも肉 200g
    • 赤、黄パプリカ 各1個
    • 玉ねぎ 1個
    • オクラ 適量
    • ココナッツオイル 大さじ2杯
    • にんにく みじん切り
    • こいくち醤油 適量

    作り方

    牛もも肉は1センチ角の棒状に切って塩コショウしておく。

    パプリカも牛肉の大きさに合わせて切る。

    玉ねぎは皮を剥いて牛肉の大きさに合わせてスライスしておく。

    オクラは縦半分にカットしておく。

    フライパンにココナッツオイル(大さじ1)をいれてにんにくのみじん切りの香りをだす。

    玉ねぎ、パプリカ入れて中火で焦がさないようにサッと炒める。

    フライパンから取り出す。

    フライパンにココナッツオイル(大さじ1)を入れて牛肉を炒める。

    表面の色が変わってきたら先ほど炒めた玉ねぎ、パプリカとオクラを入れる。

    塩コショウを軽くしておく。

    焦がさないように中火で炒めて材料に火が通ったら少量の濃い口醤油を香りづけにさっと回しかける。

    ポイント

    ココナッツオイルは色々なお肉の料理とよくあいます。日本料理でココナッツオイルと相性がいいのは、肉じゃがです。
    肉じゃがは甘みがあるのでココナッツオイルの風味がよくあいます。

    野菜を炒めて一旦取り出すのは、できるだけ焦がさないようにするためです。

    野菜とお肉の大きさを揃えてカットするのは食べさすさを考えました。
    もも肉は脂分が少なくしっかりした歯ごたえがあります。
    子供さんや歯が弱い方が食べる場合は、もっと細くカットしてもいいでしょう。

    牛肉の脂分よりも、ココナッツオイルで脂分を補給するために、脂肪の少ない牛もも肉を選びました。

    まとめ

     

    ココナッツオイルを含むアフロな女神で紹介しているオイルはこちらでまとめてありので良かったらご覧になってみてください。

    まるで美容液!アンチエイジング効果抜群の美肌神オイル12選

    ココナッツオイルを食べることに関しては、いままで見てきたように120%といってもいいくらい美容や健康によいことが分かりました。

    特効薬ではないですが5年後、10年後の肌と健康を考えると今のうちからココナッツオイル生活をはじめるといいですね。

    どのオイルでもそうですが1日で消費するエネルギー以上の量をとると体脂肪が増え太ります。

    普段使っているオイルをココナッツオイルに変更すると効果を実感できますが、普段つかっているオイルはそのままにさらにココナッツオイルを足すと、カロリーオーバーで太ってしまうのでご注意!

    もし、ココナッツオイルを試してみて合わなかった場合はオリーブオイルを取り入れてみてはいががでしょうか?

    オリーブオイルもココナッツオイルと並ぶ健康効果があります。

    詳しくは「便秘も解消!10歳若返るオリーブオイルの美容と健康の効果」でご紹介しています。

    \ SNSでシェアしよう! /

    基礎化粧品人気ランキングの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    基礎化粧品人気ランキングの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア