1. TOP
  2. スキンケア
  3. 美肌効果劇的UP!しわ、シミ、ニキビの改善にはちみつ効能スキンケア8の方法

美肌効果劇的UP!しわ、シミ、ニキビの改善にはちみつ効能スキンケア8の方法

スキンケア   108,857 Views
    アフロディーテ
    こんにちは、アフロディーテです。

    料理につかうことで食材を柔らかくしたり、甘みをつけたりと大活躍の「はちみつ」に、しわ、しみ、肌荒れなどの肌トラブルを改善する劇的な美肌効果があることはご存知ですか?
    はちみつスキンケアをして、アトピーやニキビ跡が改善されたという報告もあります。

    はちみつには体に良い成分が190種類も含まれていて、ひどいのどの痛みをやわらげる他、昔からキズの殺菌や口臭予防など、世界中で薬として使われてきた歴史があります。

    日本では、厚生労働省の日本薬局方(薬事法第41条により、医薬品の性状及び品質の適正を図るため、厚生 労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定めた医薬品の規格基準書)に、はちみつは医薬品(生薬)として記載されています。第十五改正日本薬局方改正の概要より参照

    なぜ、はちみつが肌質改善に効果があるのでしょうか?
    それは、はちみつに含まれている栄養素に秘密があります。

    このページでは、

    1. はちみつ7つの美肌効果
    2. はちみつを使ったスキンケアおすすめ8つの方法
    3. 体の内側からキレイになる、はちみつの使い方

    をご紹介します。

    肌の水分不足が肌荒れや乾燥の原因

    最近、肌の乾燥や肌トラブルが気になることはありませんか?
    乾燥や肌トラブルが気になっているなら、肌の水分量が減少しているかもしれません。

    はちみつの効果を紹介する前に、年齢による肌の水分量の変化についておさらいしてみましょう。

    30代になると70%以上の女性が20代に比べて、肌は乾燥気味になっているというデータがあります。
    女性の肌は20歳を過ぎたあたりから、急激に保水量が減っていくことが研究でわかってきました。

    それに付け加え、毎年空気の乾燥は進んでいて、職場のエアコンなど、肌の水分が奪われやすい環境の中で生活をしているので、ほうっておくと肌の乾燥はどんどん進んでいき毛穴が目立ち、肌表面のバリア機能も弱くなります。


    肌のバリア機能が弱くなると、紫外線の影響を受けやすくなり、潜在ジミやしわの原因になって肌老化の原因になってしまいます。

    紫外線など外部の刺激から守るため、若々しい肌を保つためには肌の保水量を上げることが大切です。


    はちみつをスキンケアに取り入れると、保湿効果を劇的にアップでき、はちみつに含まれている美容成分を肌に浸透させることができるので、今使っている基礎化粧品を変えなくても美肌効果を簡単に高めることができます。

    はちみつの7つの美肌効果

    hone2

    世界で1000種類以上あると言われていて古くはクレオパトラも愛用していたはちみつはミツバチが作る天然の食べられる美容液とも呼ばれます。

    はちみつには、体に良いと言われている成分が190種類も含まれていて、昔からキズの殺菌や口臭予防にも使われていて薬のような使い方もされています。

    美肌効果のほとんどは、はちみつに含まれている栄養素のおかけです。

    1. 優れた保水力でスキンケアに使うごとに潤ってプルプル肌に
    2. はちみつに入っているミネラルなどの栄養素が老化を防ぐと言われている
    3. ビタミンが皮脂分泌を調整、殺菌と抗菌でニキビ予防に
    4. ビタミンCがメラニンの発生をおさえてシミやしわを防いでくれます。
    5. はちみつは分子が非常に細かいので、くすみの原因になっている古い角質層を落としてくれます。その結果、肌がワントーン明るくなります。
    6. 肌がコラーゲンを作るために必要なアミノ酸、ビタミンCを補充します。
    7. はちみつを食べる習慣をつけることによって、腸内環境が整って体の中から肌に影響を与える有害物質を排出しやすくします。

    と7つの効果があります。

    スキンケアに使うはちみつの条件

    hone3

    はちみつの種類は本当にたくさんあるので、どれを購入すればいいのか分からないと悩んでしまうかもしれません。

    選ぶ基準で1つ目のポイントは栄養価が高く、しっかりと高品質で管理されている非加熱はちみつの中から選ぶことです。
    はちみつに含まれている栄養素は熱に弱い物が多く、加熱してしまうと栄養のほとんどが失われてしまいます。
    非加熱のはちみつは栄養価が高く、基礎化粧品に入れるとハチミツの栄養素がプラスされるので美肌効果も高くなります。

    外国産でおすすめはドイツ、オーストラリア、ニュージーランド。

    国産であれば「純粋」表記で非加熱を選びましょう。
    『精製』や『加糖』と書かれているものは価格は安いですが、はちみつ以外の成分が含まれていて栄養的にも『純粋』より劣ります。

    2つ目のポイントはちみつの固さです。
    はちみつは時間がたつとブドウ糖が結晶化して白く固まってしまいます。
    固まってしまうと基礎化粧品と混ぜ合わせることができないので、なめらかな状態のはちみつを使いましょう。
    はちみつは湯煎すると、なめらかな状態に戻すことができますが、栄養素が失われてしまうのでスキンケアには向きません。
    固まったはちみつは料理に使うと無駄なく利用できます。

    3つ目のポイントはスプーンです。
    はちみつをすくうスプーンは金属ではなく、木又はプラスチック製の物を選びましょう。
    はちみつの中には金属スプーンを使うと、成分が変化してしまい本来の栄養素が失われてしまう物があります。

    香りの付いているはちみつもあるのでスキンケアに使用する場合には、好みの香りのするはちみつを見つけて香りを楽しみながらケアするのもオススメです。

    効果抜群!はちみつスキンケアのおすすめ方法8選

    6a42ddba27990f5b611ecc46578c2c12_s

    いつものスキンケアに少しはちみつを加えるだけで劇的に美容効果があがります。

    始めからすべてにハチミツを加えるのは難しいと思いますので、あなたができそうなものから1つずつやっていくのが良いでしょう。

    乾燥が特に気になる場合は、「クレンジングにはちみつ」と「はちみつパック」から始めるとはちみつの美肌パワーを実感しやすいと思います。

    1、クレンジング+はちみつ

    市販のクレンジングに含まれる界面活性剤は、肌に良くないと言われています。

    はちみつを先に顔に塗り、肌を保護してからクレンジングをすると肌への負担をかなり減らすことができます。

    はちみつを先に塗るとクレンジング効果が落ちてしまいそうですが、はちみつの分子は非常に細かいので毛穴に入り込みメイクの汚れもしっかりと落としてくれます。

    はちみつを使ったクレンジングの方法

    1. はちみつを顔全体に塗る
    2. 肌をこすらないようにクレンジングをたっぷりと使って滑らせるようにメイクを落とす。
    3. 汚れが多少残っていても次の洗顔でしっかりと落とせるので肌の負担が少なくなるように素早くクレンジングを洗い流す。
    アフロディーテ

    市販のクレンジングを使って肌に刺激を感じる場合は、オリーブオイルにはちみつをプラスすることでクレンジングの代わりになります。

    低刺激なので肌が敏感になっている時でも安心して使用できます。

    2,洗顔+はちみつ

    はちみつには、アトピー性皮膚炎の治療にも活用されている亜鉛が多く含まれています。

    肌細胞が活性化しやすくなり新しい皮膚が作られやすくなると言われています。

    洗顔料にははちみつを配合されているものもたくさん有りますが栄養素の高いはちみつを加えることによって、さらに効果がアップします。

    おすすめの分量ははちみつと洗顔料が1:2。

    手で泡立てるよりも泡立てネットを使用したほうがはちみつと洗顔料を混ぜあわせやすく簡単にポイップ状のきめ細かい泡ができます。

    ネットを濡らす水分をごく少なくすることがきめ細かい泡を立てるコツです。

    泡立ちにくい場合ははちみつの量を少し減らしても良いでしょう。

    アフロディーテ

    お風呂で洗顔する場合には首やデコルテも一緒に洗うと効果的です。

    はちみつ洗顔だけに限ったことではありませんがゴシゴシ洗うと肌を傷つけてしまうので泡を転がせるように優しく洗いましょう。

    洗顔は美容目的よりも汚れをしっかりと落とす、皮脂を落とし過ぎないことが重要です。

    3,化粧水+はちみつ

    はちみつは水分と混ざると浸透性が高くなります。

    それを活かして化粧水の浸透を高めていきます。

    手のひらに化粧水とはちみつをとり混ぜあわせて手のひらで肌に押しこむようにつけていくと美容成分が浸透しやすくなります。

    さらに保水力が上がるのでつけた化粧水がすぐに蒸発・・・ということもありません。

    割合は基本がはちみつが1:化粧水3くらいで季節によって割合かえるのも良いでしょう。

    持ち運び用には上記の分量だと溶けにくいのではちみつ1:化粧水5くらいの割合がよく混ざります。

    できるだけ良い状態の物を使うことが必須条件になります。

    混ぜあわせておく時はあまり大量に作らず1週間ほどで使い切る量を作るようにしましょう。

    はちみつと相性の良いダマスクローズ水配合の化粧水と合わせると良いでしょう。

    オラクル化粧品の化粧水はダマスクローズ水が主成分です。

    4,美容液+はちみつ

    美容液とはちみつを混ぜることによって肌への浸透が高まります。

    美容液の美容成分と肌に必要なはちみつのビタミンなどの成分が浸透していきます。

    美容液だけの時よりも保湿効果もアップするので翌朝の肌の違いを感じることができるでしょう。

    割合ははちみつ1:美容液1がおすすめです。

    美容液は高価なものが多いのではちみつを混ぜることによって美容液の節約にもなります。

    手のひらにはちみつと美容液をとり手の温度で温めてから下から上にリフトアップするようにマッサージしながらつけていきます。

    気になる箇所は重ね塗りするようにすれば更に効果的です。

    5,クリーム+はちみつ

    クリームに混ぜることではちみつの保湿力を活かして肌のバリア機能を保護し水分を逃がしにくい状態にします。

    顔以外は特に年齢がでやすい肌の部分に効果的なので首やデコルテ、指先などにおすすめです。

    割合ははちみつ1:クリーム2が理想。

    比較的安価なクリームもはちみつを混ぜると高級クリームに負けない保湿力を発揮するでしょう。

    手のひらではちみつとクリームを合わせ手の温度で少し温めてから肌になじませるようにつけましょう。

    また、山田養蜂場さんからマヌカハニーのクリームも発売されています。

    希少なはちみつを使ったマヌカハニークリームのレビューを見る

    はちみつスキンケアでおすすめの基礎化粧品

    はちみつ配合の記憶形状ジェルでリフトアップ♪オルビスユー

    オルビスユーのトライアルセットについているナイトクリームは、顔のリフトアップをしっかりとサポートしてくれる形状記憶ジェルなんです。はちみつも配合されているのではちみつ配合スキンケアの効果も期待できます。

    オルビスユーのトライアルセットはお肌の状態に合わせて、ケアをしてくれます。

    オルビスユーのレビューを見る

    はちみつが原料のローヤルゼリーたっぷりのオールインワンゲル

    ローヤルゼリーもっちりジェルには、ローヤルゼリーの他にもはちみつなどお肌に良い成分がはいっています。

    オールインワンゲルなので、コスパもよくスキンケアの時短ができます。

    ローヤルゼリーもっちりジェルのレビューを見る

    11047

    はちみつの専門家が作った基礎化粧品、山田養蜂場のRJスキンケア

    はちみつが原料のローヤルゼリーをふんだんに配合した山田養蜂場のRJスキンケアは、使って10分でお肌の乾燥が改善されたという口コミもあります。

    RJにさらにはちみつを合わせると相乗効果が期待できます。

    RJスキンケアのレビューを見てみる

    バナー原稿imp

    ハリウッドセレブも絶賛!クレオパトラも愛用したはちみつ配合のクリーム

    ejipu1

    古代エジプト、クレオパトラが愛用していたレシピで作ったクリームがあります。

    その名は「エジプシャンマジック クリーム」

    完全無添加でマドンナが10年以上愛用していてキャメロン・ディアスも使っているとか。

    ハチミツだけでなくはちみつの花粉も配合されています。

    かなり濃厚なクリームで化粧水などで伸ばしながら使うと使いやすいです。

    全身につかえてクレンジングの代わりにもなる優れものです。

    6,はちみつパック

    肌にハリと艶を取り戻すはちみつスキンケアの中でも一押しのケアです。

    はちみつを直接肌に塗ることでコラーゲンを生成するために必要なアミノ酸とビタミンCを角質層に届けます。

    特にくすみ解消や美白効果が高いと言われています。

    週1回から効果が得られるので比較的始めやすいケアです。

    お風呂に入る前にはちみつパックをして湯船の蒸気で毛穴を開けると効果がアップします。

    ミネラルが多いはちみつを使う場合は肌に刺激がある場合があります。

    肌が敏感になっている時は適度に水で伸ばすか次の方法を試してみましょう。

    はちみつパック+シートマスク

    はちみつを顔に塗りその後でシートマスクを10分~15分します。

    シートマスクを外したあとはクリームを塗って水分の蒸発を防ぎます。

    はちみつ+ヨーグルトでパック

    肌の調子が良い時におすすめのピーリング効果のあるパックです。

    はちみつ2:ヨーグルト1の割合がおすすめです。

    はちみつ+クレイ

    クレイの中でも特に保湿力の高いフレンチクレイのレッドがおすすめです。

    はちみつとクレイの割合は1:1で少量の精製水で伸ばして使います。

    毛穴の汚れが気になる時に効果的です。

    しっかりと汚れを落とす分、肌に必要な皮脂もとってしまうので2週間に1度くらいが良いでしょう。

    はちみつ+胡麻

    スーパー等で販売されている練りゴマペーストとはちみつを混ぜあわせてパックにします。

    胡麻はアンチエイジングの効果がかなり高い食材として注目されていて毎日ごまペーストで作ったジャムを食べていたらシミが消えたというような噂も目にします。

    そのままでは伸びが悪いので水か大豆イソフラボンを含む豆乳をで伸ばすとよいでしょう。

    ごまペースト2:はちみつ1:水や豆乳1の割合が伸びが良いです。

    7,はちみつ頭皮マッサージ

    はちみつに含まれているビタミンの中でもビタミンB群は育毛促進、抜け毛予防に良いと言われています。

    シャンプー1:はちみつ1の割合で泡立てて洗髪します。

    コンディショナーやリンスに混ぜるのもおすすめです。

    育毛促進や抜け毛予防を特にケアしたい場合は洗髪した後、はちみつを直接、頭皮につけてマッサージすると効果的です。

    その後一度お湯で洗い流してコンディショナーやリンスをつけます。

    8,はちみつ+UVケア

    肌が乾燥している状態で外出すると紫外線の影響をもろに受けて潜在シミができしわの原因にもなります。

    朝起きて、肌の乾燥を特に感じる時はUVクリームにごく少量のはちみつを混ぜて肌の保護をしっかりとして紫外線や空気に含まれている有害物質から守りましょう。

    UVクリームをつける時は下から上に向かってつけるようにすると毛穴もしっかりと保護できます。

    体の内側からキレイになる、はちみつの使い方

    ここまで紹介した通り、はちみつをスキンケアに使うと効果がアップすることが分かって頂けたと思います。
    でも、はちみつをスキンケアだけに使うのは、もったいないですよね。

    ここでは、体の内側からキレイになる簡単だけど効果の高い「はちみつレシピ」を紹介します。

    ※画像はイメージです。

    はちみつレモン

    Fotolia_71948005_XS
    現代社会は人間関係や仕事のトラブルなど、ストレスがたまりやすい環境になっています。

    ストレスが原因で不眠になる人も多いようです。
    ストレスは、老化の原因にもなるので、ストレスを軽減させることはアンチエイジングにそのままつながります。

    はちみつは、脳の活動を穏やかにする効果があると言われています。

    ストレスがかかった時、嫌なことがあってよく眠れない時は脳が緊張しています。
    不眠やストレスが多い時は、脳の緊張をほぐす「はちみつレモン」がおすすめです。
    ドイツやフランスでは、眠る前のはちみつは良い睡眠剤になると言っている研究者もいます。

    材料

    はちみつ レモンの3倍の量を用意
    レモン 4つ
    作り方

    レモンをよく洗い輪切りにします。
    はちみつを保存容器にいれます。
    輪切りにしたレモンを軽くしぼってはちみつの容器にいれます。
    入れ終わったら良く混ぜて冷暗所で保存します。
    1ヶ月の保存が可能です。

    はちみつレモンは、水や炭酸といろいろな飲み物で割って楽しむことができます。

    寝る前のオススメははちみつレモンをお湯で割って飲むことです。
    適度に暖かい飲み物はぐっすりと眠るのに最適です。

    はちみつ大根

    つばを飲み込むのも辛いほど、のどが痛い。
    そんな経験をしたことがありませんか?

    のどの痛みがひどくなると、食べ物も美味しく食べられず、夜も眠れないほど辛くなる時もあります。

    はちみつの殺菌力は非常に強く、のどの痛みや口内炎、傷の治療に使われてきました。
    水にすこしはちみつを混ぜて、うがいするだけでも殺菌効果を発揮します。

    はちみつ大根はのどの炎症を抑えるだけでなく、せき止めの効果もあります。

    材料

    大根 4分の1本

    はちみつ 180~200g

    作り方

    大根の皮をむき、1cm角に切ります。
    容器に大根を入れて、はちみつを入れます。
    フタをして冷蔵庫に保管し、大根の水気が抜けるのを待ちます。(2~3日)
    水気の抜けた大根を取り出したら完成です。

    のどが少し痛いなと感じたら早めにはちみつ大根を飲むと良いでしょう。

    まだまだあるはちみつの超万能すぎる効果まとめ

    赤ちゃんのお肌ケアに

    1歳になるまではちみつを食べさせることは避けたほうが良いですがお肌のケアには使っても大丈夫です。

    炎症を抑える働きがあるのでおむつかぶれなどにも良いです。

    赤ちゃんの入浴時にお湯で薄めたはちみつを体になじませるようにすると良いでしょう。

    子供は大人よりも汗をかきやすいので老廃物を溜め込まないように頭皮マッサージもおすすめです。

    虫されにも

    殺菌、抗菌効果があり、肌になじませると痛みが和らぐと言われています。

    男性の気になる体臭やフケなどに

    体臭の原因の一つに皮脂バランスの崩れがあります。はちみつを石鹸などに混ぜることによって皮脂バランスを良くなり抗菌&殺菌の効果で体臭の改善ができます。

    30代に入ると頭皮が固くなり汚れが溜まりやすくなってフケが出やすくなり臭いもするようになります。

    はちみつ頭皮マッサージで汚れをしっかりと落とすと良いでしょう。

    口臭予防

    歯磨き粉に混ぜて歯を磨けば殺菌作用と抗菌作用が働き、口臭予防になります。

    寝る前にはちみつを少し食べると翌朝の口臭が柔らかくなります。

    その他、口内炎に直接塗っても治りが早くなると言われていたり、喉の痛みにはちみつを入れた水でうがいをするのもオススメです。

    二日酔い予防に

    はちみつのビタミンとミネラルが肝機能を助け、果糖がアルコール分解を促進します。

    お酒を飲む前、または飲んだ後にお湯に入れて飲むと効果的です。

    腸内環境を整えて便秘とさようなら

    はちみつに含まえるグルコン酸とオリゴ糖は善玉菌を増やします。

    料理に使っている砂糖をハチミツに変えるだけでも効果があります。

    また、乳酸菌が含まれている食品(納豆、キムチ、味噌汁等)と一緒に摂ることで便通もよくなります。

    マヌカハニーは胃がんの原因のひとつとも言われてるピロリ菌の繁殖を抑えると言われています。

    hone4

    マヌカハニーの詳しい情報は「喉の痛み、胃痛も治す最強のはちみつマヌカハニーの効果」にまとめてあるので良かったらご覧になってみてください。

    はちみつをスキンケアに使用する時の注意

    使う前に少量のはちみつを肌につけて肌に合うかどうかを確認しましょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    はちみつの栄養素と殺菌&抗菌作用は美肌になるためにかなりの助けになります。

    お肌の乾燥がひどい時、普段つかっている基礎化粧品を使ってもお肌の調子が上向かない時にぜひとも試してみてください。

    \ SNSでシェアしよう! /

    基礎化粧品人気ランキングの注目記事を受け取ろう

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    基礎化粧品人気ランキングの人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア